月見草油

月見草油がわかる!その魅力とは

月見草油の魅力とは何でしょうか。
月見草油の魅力は、食用油としてだけでなく、健康サプリメントとしても販売されているため、健康の為にも飲みやすい事だと言われています。
この月見草油は、日常的に適量を摂取する事で、肥満、糖尿病、高血圧を防止したり、飲酒量が多い方でも、二日酔いを防ぎ、胃のダメージを和らげるという効果があります。
健康を売りにしている油は、スプーンでそのまま油を飲むという事もあるのですが、生で飲むのは苦手という方でも、サプリメントなら始めやすいのが魅力です。
そして、月見草油は、油の一種ですが、日常的に摂取する事で、コレステロール値を下げ、動脈硬化を防ぐ効果もあると言われています。

月見草油の栄養と効能

見草油には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
月見草油は、油の分解を助けるリノール酸が豊富に含まれている油です。
日常的月に、リノール酸を適量摂取すると、肥満、生活習慣病などを予防する効果があり、月見草油を摂取した場合にも、油の分解がスムーズに進むと言われています。
また、お酒の量が多い方にも、月見草油のサプリメントがオススメで、月見草油サプリメントを日常的に摂取する事で、暴飲暴食などから、身体を守ってくれる効果があるそうです。
仕事の関係で、お酒のお付き合いも多い方なら、1日1粒で済む、月見草油サプリメントが欠かせないと言えるでしょう。

おいしい月見草油の見分け方

月見草油にも、おいしさを見分ける方法はあるのでしょうか。
月見草油は、食用としてだけでなく、健康サプリメントとして販売されている事が多く、直に月見草油の味を感じる事が少ない分、おいしさの見分けは難しいと言われています。
その為、月見草油を選ぶ時には、リノール酸や、レチシンなどの健康成分の量が多い物を選ぶのが良いでしょう。
また、サプリメントで月見草油を摂取する場合には、月見草油だけでなく、他の種類の油も一緒に混ぜてある事がよくあるので、月見草油だけを食用で採るよりも、健康への効果が高いと言われています。
月見草油は、おいしいかどうかよりも、健康にどれ位の効果があるかが重要なのです。

月見草油の価格目安

月見草油の価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
月見草油の価格は、販売メーカーによっても異なりますが、食用油の場合には、1リットル3000円~だと言われています。
しかし、月見草油の食用油を見つけるのは、かなり難しく、最近では、月見草油のサプリメントを使う方が主流になって来ているそうです。
月見草油サプリメントの価格も、1ヶ月分で3000円ほどで、2ヶ月パックなど、多めに買う事で若干安くなる事が多いと言われています。
油のサプリメントは増えて来ていますが、月見草油サプリメントも、最近では、特に人気が高い商品のひとつだと言えるでしょう。

月見草油の有名産地

月見草油の産地では、どこが有名なのでしょうか。
月見草油は、日本国内よりも、アメリカやカナダ、イギリスの方が一般的だと言われています。
もともと、月見草油の原料である月見草は、アメリカの先住民が伝承万能薬として使っていたとも言われている為、日本国内よりも、信用が高いと言う事もあるそうです。
日本国内では、サラダ油や大豆油、こめぬか油の方が、月見草油よりも主流だと言えますが、国内で販売されている月見草油のほとんども、海外産の月見草を加工した物だそうです。
その為、最近では、食用の月見草油よりも、月見草油の健康サプリメントとして販売される事の方が多いと言えるでしょう。

月見草油の種類

月見草油にも、種類があるのでしょうか。
月見草油は、海外でも生産されている油の一種ですが、オリーブオイルやサラダ油のように、沢山の種類はありません。
国内で販売されているのは、食用の月見草油よりも、月見草油の健康サプリメントが多い事もあり、月見草油そのものが区分けされると言う事は、ほとんど無いと言えるでしょう。
また、月見草油は、サプリメントとして加工される時に、他の健康油と一緒になっている事もあり、それぞれの油の栄養素が摂取出来るため、食用の月見草油をそのまま摂取するよりも、栄養バランスが良いと言われています。
どんな方法で月見草油を試すかは、その方の生活スタイルや食事などによって変わってくると言えるでしょう。

月見草油の保存方法

月見草油は、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
月見草油は、常温で保存するのが基本ですが、あまり熱や日の光が当たる場所や、逆に湿気が多い場所はさけた方が良いと言われています。
食用の月見草油は、熱や湿気で健康成分が崩れてしまう事も多く、保存場所ひとつで、油の鮮度も大きく異なるのです。
しかし、月見草油の多くは、健康サプリメントとして販売されていますから、これも常温で保存すれば、栄養価が変化する事はほとんどありません。
ちなみに、食用の月見草油は、開封から3ヶ月以内に使い切った方が、内部の栄養分が変化せずに、身体に摂取出来ると言われています。