パーム油

パーム油がわかる!その魅力とは

パーム油の魅力とは何でしょうか。
パーム油の魅力は、食用の油としてだけでなく、ショートニングや、石鹸の原料としても応用が可能で、比較的安価で手には入る上、独特の甘みがある事だと言われています。
まず、パーム油は、国内では食用油として使われる事が少ないのですが、石鹸の多くには、パーム油が原料に使われていますし、私達の生活には、かなり馴染んだ油だと言えるでしょう。
パーム油は、ポップコーン用の油として使われる事もありますが、これも300g400円ほどで購入出来る為、少量で購入する場合でも、かなりお買い得だと言われています。
さらに、食用のパーム油には、香りと甘みがあると言われており、これもパーム油の魅力だと言えるでしょう。

パーム油の栄養と効能

パーム油には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
パーム油に含まれている栄養素の中で、特に多いのが、ビタミンEです。
ビタミンEは、ホルモンのバランスを整えるのに、重要だと言われており、日常的に摂取する事で、老化防止などの効果が高くなるそうです。
そして、一般の油には、油の分解を助けるオレイン酸や、リノール酸が含まれている事が多いのですが、パーム油は、食用よりも、石鹸などの原料として使われる事が多いため、オレイン酸などは含まれていないと言われています。
国内では、あまり人気のないパーム油ですが、これはパーム油に含まれる栄養分が、他の油に比べると少ないと言う事も関連しているのかもしれません。

おいしいパーム油の見分け方

パーム油のおいしさは、どのように見分ければ良いのでしょうか。
日本国内では、パーム油が食用油としてあまり人気がないため、パーム油の選び方と言うのも、あまり知られていません。
パーム油自体、加工された商品ですから、メーカーによって「おいしい」「まずい」という事はないかもしれませんが、購入する場合には、出来るだけ、色が淡黄色の物を選んだ方が良いと言われています。
元々、パーム油には、βカロチンが豊富に含まれているため、オレンジ色をしています。
しかし、パーム油を製造する段階で、βカロチンも減ってしまうため、色が透明に近い物よりも、淡黄色をしていた方が、栄養が多いと言われているのです。

パーム油の価格の目安

パーム油の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
パーム油は、家庭用の食用油としてよりも、ポップコーンなどの加工食品や、石鹸の原料としても幅広く使われていますが、価格はそこまで高くないと言われています。
例えば、ポップコーン用のパーム油の価格は、280g400円程で、多くの量を買えば、その分安くなると言われています。
また、パーム油を使った石鹸や洗剤では、海外でパーム畑、工場を設け、そこでパーム油の加工まで全てを行う事から、原価はかなり安くなると言えるでしょう。
ただ、国内では、パーム油よりもサラダ油や、なたね油の方が、人気が高いそうです。

パーム油の有名産地

パーム油の産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
石鹸の原料として使われる事の多いパーム油ですが、パーム油に使われるアブラヤシは、西アフリカなどで栽培される事が多いようです。
海外でアブラヤシを栽培しているというと、環境に優しいと言われる事もあるのですが、アブラヤシは収穫後、すぐに加工しないといけないという性質があるので、アブラヤシ畑の近くに工場を造らなければならず、結果的に、環境には優しくないと言われています。
国内で販売されている石鹸の多くには、このパーム油が使われており、パーム油商品の100%が輸入品だと言えるでしょう。

パーム油の種類

パーム油にも種類があるのでしょうか。
パーム油は、その名の通り、アブラヤシの果実から採れる植物油で、品種が限られている分、パーム油自体の種類はないのですが、パーム油の使い道は様々だと言われています。
食用のパーム油は、一部のスナック菓子に、ショートニングとして使われているだけでなく、ポップコーン用の油や、マーガリンの原料としても使われる事が多いようです。
そして、国内で特に多く使われているのが、石鹸の原料としてのパーム油で、海外でアブラヤシを栽培し、現地で加工した後に、国内で石鹸として販売する企業は、とても多いと言えるでしょう。
アブラヤシを育てるコストは、ほとんどかからない分、企業にとってパーム油は、使いやすい油なのです。

パーム油の保存方法

パーム油を購入したら、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
これは、パーム油の用途によっても異なりますが、食用のパーム油の場合には、ひとつのボトル自体が小さいため、直射日光が当たらず、湿気の少ない場所に常温で保存するのが良いと言われています。
ネットでは、ポップコーン用のパーム油も販売されており、ボトル自体が小さい分、すぐに使い切れるのですが、油の酸化も考えると、開封から3ヶ月以内に使い切った方が良いでしょう。
また、パーム油は、湿気を吸うと傷んでしまうという性質があるため、冷蔵庫で保存するのは、出来れば避けた方が良いと言われています。