健康オイル

健康オイルがわかる!その魅力とは

健康オイルの魅力とは何でしょうか。
健康オイルの魅力は、その名の通り、健康への効果が高い事だと言われています。
まず、健康オイルというのは、健康への効果が高いオイルの総称で、特定の商品と言う事ではありませんが、油の分解を助けたり、コレステロールを全く含まない物もあるそうです。
もちろん、健康オイルでも、食べ過ぎてしまえば、身体に害があるのですが、適量を毎日少しずつ摂る場合には、油を全く摂らない生活よりも健康効果が高いのです。
ちなみに、健康オイルの中には、価格が安い物も沢山有るので、お手頃な価格から購入出来るのも、健康オイルの魅力だと言えるでしょう。

健康オイルの栄養と効能

健康オイルには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
これは、健康オイルの種類によっても異なりますが、一般的に、健康オイルと呼ばれている油には、オレイン酸やレノール酸が含まれています。
オレイン酸、レノール酸は、体内に入った油を分解する助けをしてくれるため、油物を食べても、胃がもたれにくく、身体の中に油が溜まりにくくなるそうです。
もちろん、健康オイルと呼ばれていても、「食べれば食べるだけ健康になる」というわけではなく、あくまで毎日少しずつ摂取する事で、健康への良い影響があるという事なので注意しましょう。
ちなみに、健康オイルの中には、コレステロール値が0の物もあるので、オススメです。

おいしい健康オイルの見分け方

健康オイルにも、おいしい見分けがあるのでしょうか。
昔から、「健康に効果のある食品は不味い」と思われる事が多いのですが、最近では、健康に効果のあるオイルでも、さっぱりとおいしく食べられる物が多くなって来ているようです。
健康オイルというと、サラダ油、キャノーラ油、オリーブオイルなどが代表的ですが、サラダ油、キャノーラ油なら、オイルそのもののクセも弱い為、食べやすいと言われています。
もちろん、健康オイルも種類によって、配合成分が異なりますし、値段が少し高めの方がおいしい事が多いそうです。
オイルの好みは人によって異なりますが、健康オイルは種類が多い分、まず試してみる事が重要でしょう。

健康オイルの価格の目安

最近では、油物を摂り過ぎている方が多い事もあり、「健康オイル」と言う物がよく売り出されるようになりました。
しかし、健康オイルと言うのは、数ある油の中でも、摂取する事で健康への効果を得られる油の総称の事で、商品名ではありません。
その為、健康オイルの価格は、商品によって様々で、1リットル700円ほどの物から、3000円以上するものまで沢山有ると言えるでしょう。
お中元用の贈り物としても、健康オイルのセットなどが販売されており、これも商品や季節のセールによっては、普段よりも割安で購入出来ると言われています。
健康オイルは、その種類によって、価格も大きく異なるのです。

健康オイルの有名産地

健康オイルの産地は、どこが有名なのでしょうか。
健康オイルの産地は、油の種類によって異なりますが、一般的にサラダ油は、アメリカやオーストラリア、キャノール油はカナダ、大豆を使った油はアメリカが多いと言われています。
国内でも、健康に効果の高いオイルは作られているのですが、国内では土地が狭い分、生産量が少なく、一般には出回っていないか、価格が高いなどの問題があるそうです。
また、健康に良いとされているオリーブオイルの産地も、アメリカなどの北米が多く、ヨーロッパなどのオリーブオイルは質がいい分、価格が北米産の物よりも高めという傾向があると言われています。

健康オイルの種類

 

健康オイルには、どんな種類があるのでしょうか。
健康オイルは、特定の商品ではなく、適量摂取すると健康に効果のある成分が含まれているオイルの総称です。
一般的に、健康オイルと呼ばれているのは、オレイン酸やレノール酸を含んだサラダ油やキャノール油、オリーブオイルなどで、油の種類によって、使い方や栄養成分にも違いがあります。
サラダ油やキャノール油の場合は、揚げ物にも使えますが、健康効果を得たいなら、基本的に、健康オイルは生食用として使った方が良いと言われており、その中でも、オリーブオイルは、健康への効果が高いのでオススメだと言われています。

健康オイルの保存方法

健康オイルは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
基本的に、加熱して食べられるタイプの健康オイルは、常温で保存して問題ないと言われています。
健康オイルに含まれるオレイン酸や、レノール酸は、日光の当たらない涼しい場所で保存すれば、栄養が崩れる事もありませんし、その点では、保存も楽だと言えるでしょう。
もちろん、健康オイルは、開封後に長い時間が経つと、それだけで油が酸化してしまう事がありますから、どんなボトルの大きさでも、基本的に開封から3ヶ月以内に使い切った方が良いそうです。
また、生食用の健康オイルの場合には、熱をさけるため、涼しい場所で保存した方が良いと言われています。