サフラワー油

サフラワー油がわかる!その魅力とは

サフラワー油の魅力とは何でしょうか。
サフラワー油の魅力は、コレステロール値や、血圧が高い方でも摂取出来る健康的な油だと言う事です。
まず、サフラワー油には、オレイン酸やリノール酸が豊富に含まれており、油として摂取しても、むしろコレステロールを低下させる効果があると言われています。
サフラワー油は、サラダやマリネなど、生食向きの油なので揚げ物をしていない分、コレステロールが上がりにくい、というポイントもありますが、健康的な油としては昔から定評があります。
普通の油で、健康を崩してしまっている方は、サフラワー油を試してみるのも良いでしょう。

サフラワー油の栄養と効能

サフラワー油には、どんな栄養素が含まれているかをご存知でしょうか。
サフラワー油は、油の中でも、コレステロール値が低い(商品によっては、コレステロール値がゼロの場合もあり)と言われています。
コレステロールを下げてくれるのは、サフラワー油に含まれるリノール酸やオレイン酸で、サラダ油などにも微量に含まれていますが、サフラワー油の場合は、それらの量が多いそうです。
しかし、リノール酸は摂取しすぎると、身体の免疫力を弱める為、風邪、アレルギー、アトピー、花粉症などになりやすくなると言われる事もある為、摂取のしすぎには注意が必要だと言われています。

おいしいサフラワー油の見分け方

サフラワー油にも、おいしさを見分けるポイントがあるのでしょうか。
サフラワー油は、アメリカなどで、原料になるべにばなの生産、加工などが行われ、その後、日本に輸入される事が多いのですが、おいしさの面で考えるなら、やはり、国内産のべにばなを使ったサフラワー油が優れているそうです。
べにばなは、埼玉県などでも栽培されており、国内産のサフラワー油は市場にほとんど出回っていないのですが、国内で栽培、加工がすぐに行われている事もあり、サフラワー油の香りも国内産の方が良いと言われています。
特に、サフラワー油は、サラダやマリネなどの生食用として使う事が多いので、その点でも、香りの良い国内産のサフラワー油がオススメです。

サフラワー油の価格の目安

サフラワー油の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
サフラワー油は、別名で「べにばな油」と呼ばれる植物性オイルですが、サラダ油や、大豆油などに比べると、その価格は高めだと言われています。
一般的なサフラワー油の価格は、500mlで、2000円~3000円ほどで、食用油として購入するには少し高いのですが、最近では、サフラワー油エキスを配合したサプリメントなども販売されています。
サプリメントは、サフラワー油の他に、黒酢や、その他のオイルを合わせた物が多く、1ヶ月で5000円ほどが予算になるそうです。
新陳代謝が悪くなっている、疲れが取れないという場合には、試してみるのも良いでしょう。

サフラワー油の有名産地

サフラワー油の産地は、どこが有名なのでしょうか。
サフラワー油の原料になる紅花の産地は、国内、海外で別れますが、国内で一番多く出回っているサフラワー油の産地は、アメリカやオーストラリアだと言われています。
アメリカやオーストラリア産のサフラワー油は、生産する土地が大きい分、量が多く、価格も国内産のサフラワー油より安い傾向があります。
しかし、サフラワー油の原料になる紅花は、国内でも山形県、埼玉県などで生産されていますが、国内産の紅花は、質がいい分、生産量が少なく、価格は高くなっているそうです。
まずは輸入のサフラワー油から始めて、国内産のサフラワー油と比べてみるのも良いでしょう。

サフラワー油の種類

サフラワー油にも、いくつかの種類があるのでしょうか。
サフラワー油は、別名で「べにばな油」「サフラワーオイル」と呼ばれる事もあるのですが、これらは全て同じ商品の事を指しており、食用油という点では違いがありません。
もちろん、サフラワー油のメーカーによって、含まれているコレステロール値が異なったり、その他に含まれている栄養成分には違いがありますが、サフラワー油自体に、たくさんの種類があるわけではないようです。
そして、サフラワー油は、マーガリンの原料として使われる事もあるのですが、その場合にも、原料の欄に「サフラワー油」と表示される事は、ほとんど無いと言われています。

サフラワー油の保存方法

サフラワー油を購入したら、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
サフラワー油は、空気に触れると酸化して、油の質が落ちてしまうので、出来るだけ、使った時にはすぐにフタを閉めて、湿気の少ない場所で保存するのが良いと言われています。
そして、サフラワー油は、サラダやマリネなどの生食用として使われる事が多く、加熱すると、サフラワー油に含まれる栄養素が壊れてしまうという特徴もあるので、熱や日光も当たらない場所に保管した方が良いでしょう。
サフラワー油は、サラダ油などに比べると高級な油ですから、正しい保存方法を知って、長くおいしく食べられるようにするのが一番なのです。