グレープシードオイル

グレープシードオイルがわかる!その魅力とは

グレープシードオイルの魅力とは何でしょうか。
グレープシードオイルの魅力は、その栄養素、使い道などだと言われています。
まず、グレープシードオイルには、コレステロールが含まれていないため、生食用として使うと、高血圧や、心臓病予防などに効果があるそうです。
そして、グレープシードオイルには、ホルモンを整えるビタミンE、ボリフェノールなどが豊富に含まれているため、その点でも、健康効果が高いと言われています。
さらに、グレープシードオイルは、食用だけでなく、クレンジングオイルとして使うと、肌にも優しいため、乾燥肌、オイリー肌、混合肌の方にも、馴染みやすいと言われています。

グレープシードオイルの栄養と効能

グレープシードオイルには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
グレープシードオイルは、数あるオイルの種類の中でも、健康、美容効果が高いオイルの一種で、オイルでありながら、コレステロールが0%、ポリフェノール、ビタミンEが豊富に含まれていると言われています。
抗酸化作用の有るポリフェノールと、ホルモンのバランスを整えるビタミンEは、女性、男性ともに欠かせない栄養分だと言えるでしょう。
また、グレープシードオイルは、マッサージオイル、クレンジングオイルとして使う事で、肌の潤いを保つのに効果があると言われており、最近では、グレープシードオイルを配合した、緑色の石鹸なども販売されているそうです。

おいしいグレープシードオイルの見分け方

グレープシードオイルにも、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
グレープシードオイルは、健康にも美容にもいい油と言う事で、様々な分野で人気を集めていますが、産地の違いで、おいしさは大きく異なると言われています。
このグレープシードオイルは、白ワインを作る段階で作られる副産物なのですが、特にワイン作りが盛んな地域では、おいしいグレープシードオイルも作られていると言われています。
その為、おいしいグレープシードオイルは、チリやフランス、イタリアなど、ワインの産地としても有名な地域の物を選ぶと、失敗しないでしょう。

グレープシードオイルの価格の目安

グレープシードオイルの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
グレープシードオイルは、白ワインを作る時に副産物として作られる油の一種で、身体にも良い事から、国内外で最近人気を集めています。
グレープシードオイルは、ネットなどでも販売されている事が多いのですが、価格目安は、500mlほどで1200円~1500円ほどになるそうです。
そして、グレープシードオイルは、焼き物や揚げ物よりも、生食で使うのが良いと言われているため、サラダのドレッシングに使うには、小さいサイズのボトルでもちょうどいいと言われています。
美容にも効果のあるグレープシードオイルですから、一度試してみると良いでしょう。

グレープシードオイルの有名産地

グレープシードオイルの産地は、どこが有名なのでしょうか。
グレープシードオイルは、白ワインを作る時に不必要なぶどうの種から抽出した油という事もあり、特にワインの産地として有名な地域で沢山作られていると言われています。
グレープシードオイルの産地として人気があるのは、チリ、フランス、イタリア、スペインなどで、特に、チリのグレープシードオイルは、栄養素が他の国のグレープシードオイルよりも豊富で、色合いも緑色と可愛らしいそうです。
ワインというと、ヨーロッパのワインの方が有名かもしれませんが、グレープシードオイルでは、ヨーロッパよりも、チリ産の物が優れていると言われています。

グレープシードオイルの種類

グレープシードオイルにも種類があるのでしょうか。
グレープシードオイルは、白ワインを作る段階で、不必要なぶどうの種から採れるオイルを集めた商品のひとつで、同じグレープシードオイルでも、色や栄養成分に多少違いがあると言われています。
グレープシードオイルの中でも、一番人気が高いのがチリ産のグレープシードオイルで、チリ産のグレープシードオイルは緑色で、オリーブオイルの約2倍のポリフェノールが含まれていると言われています。
そして、グレープシードオイルは、イタリア、フランス、スペインなどでも作られており、色はオリーブオイルに近い黄色だそうです。

グレープシードオイルの保存方法

グレープシードオイルは、どのように保存するのが良いのでしょうか。
グレープシードオイルは、熱を加えると栄養分が崩れてしまう敏感なオイルのひとつです。
その為、グレープシードオイルを保存する場合にも、日光の当たらない場所、熱が届かない場所に保存する事が大切です。
もちろん、グレープシードオイルは、熱が届かなければ、常温でも保存が可能なので、わざわざ冷蔵庫にいれて保存する必要はありませんが、室温が高くなる夏場には、保存も涼しい場所に変えるなどの工夫が必要でしょう。
ちなみに、グレープシードオイルは、生食のサラダドレッシングとして、マリネのオイルとして使うのがおいしいと言われています。