カカオ脂

カカオ脂がわかる!その魅力とは

カカオ脂の魅力とは何でしょうか。
カカオ脂の魅力は、その使い用途が多い事だと言われています。
このカカオ脂は、カカオの種子から採れる脂肪で、チョコレートの原料としても有名ですが、市販されているカカオ脂は、お菓子作りだけでなく、薬屋、化粧石けんなどに加工する事が出来ると言われています。
特に、カカオ脂で作る化粧石けんは、肌に優しく馴染みやすいので、敏感肌の方や、自分に合った洗顔料が見つからないという方にも、オススメだと言えるでしょう。
そして、カカオ脂は、100g500円ほどと安く、大きなお店なら購入も簡単なのが、魅力のひとつだと言われています。

カカオ脂の栄養と効能

カカオ脂には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
カカオ脂は、カカオから絞られる脂肪分ですが、この中には、脂質だけでなく、脂肪を分解する効果の高いオレイン酸や、リノール酸が豊富に含まれています。
オレイン酸やリノール酸は、日常的に少しずつ摂取する事で、体脂肪を燃焼する効果がある為、特に運動前に摂取する事でダイエット効果が上がると言えるでしょう。
また、カカオ脂は、化粧品用として使われる事もあり、化粧石けんとして加工すると、肌にも馴染みやすい、しっとりとした石鹸に仕上がるのでオススメです。
カカオ脂は、適量を取る分には、身体にもいいと言われています。

おいしいカカオ脂の見分け方

カカオ脂にも、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
カカオ脂は、カカオから採れる脂肪分で、カカオバターと呼ばれる事もありますが、カカオ脂自体がそのまま食べられるわけではないので、おいしさを見分けるのは難しいと言われています。
もちろん、カカオ脂の原産国がアフリカなど、チョコレートの産地として有名な場合には、カカオ脂もおいしい可能性が高いのですが、食用ではなく、化粧石けんに加工する場合には、その他の原産国のカカオ脂でも、問題ないと言えるでしょう。
カカオ脂は、カカオ脂そのもののおいしさよりも、加工法によっておいしさが大きく異なるのです。

カカオ脂の価格の目安

カカオ脂の価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
カカオ脂は、小さな袋に分けて売られている事が多いのですが、一般的な価格は100gあたり500円ほどだと言えるでしょう。
カカオ脂は、他の種類の油と比べると比較的御安いのですが、最近では、食用としてではなく、コスメ作りの材料として使われる事が多いと言われています。
ただ、カカオ脂を加工する時には、温度に十分気をつけて扱う必要がある為、価格は安くても、管理が少し難しいのが難点だと言えるでしょう。
ちなみに、カカオ脂は、お菓子作りだけでなく、薬や化粧石けんなどに、幅広く使われているそうです。

カカオ脂の有名産地

カカオ脂の産地は、どこが有名なのでしょうか。
カカオ脂の産地は、カカオの産地です。
カカオの産地と言えば、ガーナやナイジェリア、カメルーンなどのアフリカの国が世界の生産量の3分の2を締めており、インドネシアや、ブラジル、エクアドルなどでも、栽培が盛んだと言われています。
チョコレートの産地と言えば、アフリカが有名なのですが、これも、収穫出来るカカオの量に関係している為、日本に輸入されるカカオ脂も、アフリカ産の物が多いと言えるでしょう。
ちなみに、最近では輸送費の関係もあって、インドネシア産のカカオ脂が、輸入される事が多いと言われています。

カカオ脂の種類

カカオ脂には、どんな種類があるのでしょうか。
カカオ脂は、カカオの種類によって異なると言われていますが、国内では、チョコレート以外に、カカオ脂が使われる事はとても少ないため、カカオの種類による、カカオ脂の区分けはされていないようです。
そして、カカオ脂は、食用だけでなく、薬として加工して座薬を作る事が出来、石鹸やローションなどのスキンケア製品としても、幅広く使われています。
カカオというとチョコレートのイメージが強いかもしれませんが、カカオ脂は、食用以外でも、様々な分野に使われているのです。
中には、カカオ脂を使った、座薬作りの実験をする学校もあると言われています。

カカオ脂の保存方法

カカオ脂の保存方法は、どうしたら良いのでしょうか。
カカオ脂は、30度以上の熱を加えると全体が溶けてしまうという特徴があるため、袋で購入した場合には、開封するまで、冷蔵庫で保管した方が良いでしょう。
また、カカオ脂は、25度以上になると、全体が柔らかくなってしまう為、室温によっては、それだけで溶けてしまうと言う事もあるので注意が必要です。
そして、カカオ脂を加工した後も、熱にはとても弱いため、出来るだけ日光が当たる場所や、室温が高い場所は控えて、涼しい日陰に保存する事が大切だと言われています。
ちなみに、カカオ脂を化粧石けんに加工した場合には、多少の高温でも溶けにくいと言われています。