えごま油

えごま油がわかる!その魅力とは

えごま油の魅力とは何でしょうか。
えごま油の魅力は、健康成分が多く含まれており、食品用、化粧用など、幅広い用途に使えるという事だと言われています。
まず、えごま油とは、シソの種子から絞った油の事で、「シソ油」という名前で販売されている事もあるそうです。
このえごま油には、体脂肪の燃焼を助ける効果のあるαリノレンさんが豊富に含まれていると言われています。
そして、えごま油は、食用だけでなく、化粧品にも使われる事が多く、生食用の油としてそのまま飲んだり、サラダのドレッシングとして使えるだけでなく、肌に塗る事で、肌のトラブルを解消する効果もあるのが、大きな魅力だと言えるでしょう

えごま油の栄養と効能

えごま油には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
えごま油は、シソの種子から絞った油のことですが、このえごま油には、普通の油よりも多くのαリノレン酸が含まれていると言われています。
αリノレン酸は、体脂肪を燃焼する効果がある為、食事前や、運動前に摂取する事で、身体に脂肪を溜まりにくくしてくれる効果があるそうです。
そして、えごま油を日常的に摂取する事で、足りない栄養分を補給し、ホルモンなどのバランスも整えてくれる為、動脈硬化などの重大病を予防するだけでなく、視力向上や、血圧安定、記憶力アップ、精神安定などの効果があると言われています。

おいしいえごま油の見分け方

えごま油のおいしさを見分けるコツはあるのでしょうか。
えごま油は、シソの種子から絞った油の事ですが、えごま油は、日本よりも韓国で有名な油で、種類も多く、グレードも異なると言われています。
えごま油は、韓国語で「トゥルギルム」と呼ばれており、国産のえごま油よりも、韓国産のものの方が、香りがよいと言われてる事もあるそうです。
そして、えごま油は、「シソ油」と別の名前で呼ばれたり、販売される事もあるのですが、基本的に中身はどちらも同じなので、名前にごまかされずに、どれ位のシソの種子が使われているかの量で、おいしさを判断した方が良いでしょう。

えごま油の価格の目安

えごま油の価格は、いくらぐらいがメインになるのでしょうか。
これは、えごま油の量によっても異なりますが、食用のえごま油は、50mlで1200円ほどが一般的な価格だと言われています。
えごま油は、サラダのドレッシングとして使えるだけでなく、そのまま飲んでも健康に良いので、あまり早く使い切れない場合には、小分けのボトルを数本買った方が、油が傷みにくいと言えるでしょう。
さらに、最近では、えごま油のカプセルなども販売されており、えごま油を直接飲むのは苦手な方でも、カプセルなら飲みやすいというメリットがあります。
この場合も、毎月大体4000円ほどの予算がかかると言えるでしょう。

えごま油の有名産地

えごま油の産地は、どこが有名なのでしょうか。
えごま油は、シソの種子からしぼった油の事を指しているため、えごま油の産地はシソの産地と言えるでしょう。
えごま油の産地として有名なのは、福島県や、岩手県などで、国産のシソの種子をたっぷりと使ったえごま油は、クセが少なく、サラダのドレッシングだけでなく、和え物や、納豆に入れてもおいしいと言われています。
海外では、韓国でえごま油がよく使われており、韓国から日本に輸入される事もあるのですが、国内産に比べると、香り、クセが強いため、調理用はまだしも、生で飲む用にするには少しキツいかもしれません。

えごま油の種類

えごま油にも、種類があるのでしょうか。
えごま油は、シソ油と呼ばれる事もあるのですが、これらはどちらもシソの種子から作った油で、同じ物だと言えるでしょう。
基本的に、えごま油は、肌に塗り込むだけで肌荒れ対策になる、食用のえごま油が知られていますが、工業用としては、石鹸や、印刷インキなど塗料樹脂の原料としても使われています。
そして、えごま油は、日本国内よりも、お隣の韓国の方が有名で、種類も沢山有り、香りやクセの強さも、メーカーによって変わるそうです。
ちなみに、えごま油の種類は韓国の方が多いのですが、飲みやすさでは国産のえごま油の方が合っていると言われています。

えごま油の保存方法

えごま油にも、保存方法のポイントがあるのでしょうか。
えごま油は、湿気、日光、熱に弱い油です。
その為、保存する場合にも、これらの条件に当てはまるような場所は避け、なるべく涼しくて、湿気のない場所に保存した方が良いでしょう。
また、えごま油は、開封してから時間が経つと、それだけでも油が酸化してしまうため、開封後は出来れば1ヶ月以内に使い切った方が、栄養分が崩れないと言われています。
えごま油は、50mlから300mlまで、様々なボトルで販売されていますが、出来るだけ小さなボトルで購入するだけでなく、早く使い切る事を心がけた方が良いでしょう。