食べるラー油

食べるラー油がわかる!その魅力とは

食べるラー油の魅力は、まず辛い物が好きな人にも、そうで無い人にも、それぞれの好みに合った食べるラー油の風味が見つかる事ではないでしょうか。
よく餃子を食べる時に、普通のラー油を使う人、使わない人に別れますが、食べるラー油なら辛くない物も販売されているので、「辛い物は苦手だけど、食べるラー油なら美味しく食べられる」という方もたくさん居ます。
さらに、食べるラー油を使ったレシピは、最近沢山紹介されていて、シンプルにご飯にかけるだけでなく、パスタのちょっとしたスパイスに、お肉料理になど、本当に使える料理の幅が広いのが魅力ですね。
食べるラー油は、日本の新しい調味料として、その立場を確立していくでしょう。

食べるラー油の栄養と効能

「食べるラー油には、栄養が多く含まれているのでしょうか?」
もちろんです!食べるラー油の主成分は、あのニンニクですから、それはもう栄養満点ですよ。
まず、ニンニクの臭い成分アリシンは、抗がん作用のある事で有名です。
お口の臭いが気になるものの、やはり身体にいいのはまぎれも無い事実。
しかも、ニンニクを加熱すると、アリシンがアジョエンという成分に変化し、このアジョリンを摂取する事で、血液をサラサラにする効能が有るのだとか。
そして、ニンニクに含まれているビタミンBが、体内でアジョリンと結合して、疲労回復、免疫力を上げてくれるため、風邪予防にも有効です。
食べるラー油を毎日少しずつ摂取して、健康な身体を手に入れましょう。

おいしい食べるラー油の見分け方

おいしい食べるラー油の見分け方って有るんでしょうか。
残念ながら、おいしい食べるラー油の見分け方は無いのです。
それは、個人の好き嫌いによって、食べるラー油のおいしさの定義が変わるからです。
「もの凄く辛い食べるラー油が好き!」という人も居れば、「あの香りは好きだけど、辛さはちょっと控えめが良い」など、個人の好みは様々ですよね。
なので、一概に「どの食べるラー油が一番おいしい!」とは言い切れないのです。
しかし、これを逆に言うと、それだけ食べるラー油には沢山の味のバリエーションが有ると言う事です。
自分の好みに一番合っている食べるラー油が見つかるまで、食べるラー油の食べ比べをしてみても良いかもしれません。

食べるラー油の価格の目安

最近、テレビ番組で紹介されてから人気を博している食べるラー油。
元々かける、つけるの辛い調味料として使われてきたラー油が、いきなり、食べるメインの食材とかしてしまったのですから、これは注目度が高くなるのも納得です。
食べるラー油には、各食品メーカー、ご当地ものかによって、値段や風味もかなり変わります。
例えば、スーパーで売っている100gサイズの食べるラー油であれば、200円~300円ほどで購入出来ますし、何本かセットになって売られている食べるラー油の場合は、3000円ほどに値段が上がる事もあります。
最近人気絶頂期を過ぎた食べるラー油は、スーパーで安売りされる事が多くなってきているようです。

食べるラー油の有名産地

食べるラー油はニンニクと油、その他少しの調味旅さえ有れば、自宅でも簡単に作る事が出来る調味料なので、食べるラー油の特別に有名な産地というのはあまり無いのですが、ご当地食べるラー油は沢山有ります。
南は沖縄の久米島産の食べるラー油から、北は青森の食べるラー油まで、本当に食べるラー油は全国各地で作られているんです。
もちろん、作る地方によって使うニンニクの種類、唐辛子の種類などは異なるので、どれが一番美味しいという事は言えません。
しかし、日本のニンニクの産地と言えば、青森が一番有名なので、青森で食べるラー油が多く生産される理由もこれで納得ですね。
ちなみに、宮城、岩手、北海道などの北国でもニンニクの生産が盛んなんだそうです。

食べるラー油の種類

食べるラー油の種類は、沢山有る事でよく知られています。
それぞれの違いは、辛さの度合いや、風味の違いで、産地やメーカーによっても価格はかなり異なります。
数ある食べるラー油の中でも、特に人気の高いのが、食品メーカー桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」という食べるラー油です。
なんだか辛いのか辛くないのか、イマイチわからないネーミングですが、実際には、ちょっと辛い、つまりピリ辛の食べるラー油なんだそうです。
中には、具が沢山入っている食べるラー油、とても辛い食べるラー油、ご当地食べるラー油など沢山の種類が有りますが、値段が高いからと言って、本当に美味しい食べるラー油かというと、そうでもないようです。

食べるラー油の保存方法

食べるラー油の保存方法は、市販の食べるラー油か、自作の食べるラー油によっても異なります。
まず、市販されている食べるラー油は、開封後も冷蔵庫で保存しておけば、半年程は問題なく持ちます。
しかし、食べるラー油に含まれている油は、時間が経つに連れて酸化が進むため、出来るだけ早めに食べきった方が風味が良いかもしれません。
自作の食べるラー油の場合は、きちんと熱湯消毒したビンにつめて、冷蔵保存する必要がありますが、長くても3ヶ月ほどで食べきるのをオススメします。
自作の食べるラー油は、具が沢山入っている割に、保存料を使っていないため、長期間の保存には向いていないのです。