ブルーチーズ

ブルーチーズの魅力

ブルーチーズの魅力は、なんと言っても、その独特の香りとコクのある味わいだと言われています。
ブルーチーズは、青カビが含まれているチーズの事で、じっくりとカビを熟成させる分、普通のチーズと比べると、かなり強い独特の香りがあると言えるでしょう。
ブルーチーズの香りに慣れてしまえば、むしろそれが食欲をそそるようになりますし、塩分が強いため、ワインのおつまみにするのに、ちょうどいいと言われています。
また、ブルーチーズは、味もコクがあるので、そのまま食べるだけでなく、少量サラダのトッピングとして加えたり、ジャムと合わせてクラッカーと食べるのもオススメです。

ブルーチーズの栄養と効能

ブルーチーズには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
ブルーチーズは、青カビを使った塩分量の高いチーズで、カリウムやカルシウムの他に、ナトリウムを多く含んでいます。
ブルーチーズを食べる時には、クラッカーやパンなどに乗せて食べるのが一般的で、塩分量には注意が必要ですが、ビタミンAや鉄、リンなども豊富に含んでいるので、栄養バランスが良い食材だといえるでしょう。
また、ブルーチーズを含む、チーズ製品を日常的に食べる事で、骨粗しょう症などの病気を予防する事も出来ますし、神経の緊張を抑える効果もあるので、イライラしていると感じたら、毎日少しずつでもチーズを食べるようにするのが良いそうです。

ブルーチーズのカロリー

ブルーチーズには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
ブルーチーズのカロリーは、100gあたり、359カロリーほどになると言われています。
熟成されているチーズ類のカロリーは、比較的高いのですが、ブルーチーズは、味が濃い分、食べる量も少量になりますから、トッピングやオードブルとして食べる分には問題ないと言えるでしょう。
また、ブルーチーズは、チーズの中でも塩分が非常に高いため、高血圧の症状がある方は、食べ過ぎない方が良いと言われています。
ただ、同様に、ブルーチーズには、豊富なビタミン群、カルシウム、葉酸、亜鉛などが含まれているので、総合的に見れば体にいい食材だと言えるでしょう。

おいしいブルーチーズの見分け方

ブルーチーズの食べごろはどうやって見分けたら良いのでしょうか。
ブルーチーズは、青カビを使うタイプのチーズの事で、臭いと塩分が強いのが特徴です。
ブルーチーズは十分に熟成される事で、さらにうま味が強くなるのですが、市販されているブルーチーズの大半はすでに食べごろになっていますし、輸入品のブルーチーズの場合でも、食べごろになってから輸入されてくるので、購入後すぐに食べても問題はありません。
逆に、悪くなったブルーチーズには、黒カビが生える事がありますが、黒カビの部分だけ取り除けば食べられるので、よほど賞味期限を過ぎていない限りは大丈夫だと言えるでしょう。

ブルーチーズの価格の目安

ブルーチーズの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
ブルーチーズの価格は、メーカーや原産国などによっても異なりますが、100gあたりの値段は、350円~1000円ほどです。
特に、輸入品のブルーチーズの場合には、値段が高くなる事が多いため、スーパーなどで安く売られているブルーチーズの場合には、国産品が多いと言えるでしょう。
また、輸入品ブルーチーズの方が、塩分とコクが強い場合が多く、初めてブルーチーズを食べるなら、味がさっぱりしていて食べやすい国内産、ブルーチーズのコクを楽しむなら、輸入品のブルーチーズがオススメです。

ブルーチーズの有名産地

ブルーチーズの産地は、どこが有名なのでしょうか。
ブルーチーズの産地として、有名なのはフランスです。
スーパーでは、国内産のブルーチーズもたくさん販売されていますが、フランス産のブルーチーズは、コクがあり、味が濃いため、おつまみとして食べるのにちょうど良いと言われています。
特に、ワインとの相性もいいため、国内産のブルーチーズの口当たりでは物足りないという人には、フランス産のブルーチーズがオススメだと言えるでしょう。
ちなみに、イタリアやオランダなどもチーズの産地として有名ですが、ブルーチーズに関しては、フランス産の人気が高いと言われています。

ブルーチーズの種類

ブルーチーズは、青カビを使って作られるチーズの一種です。
青カビが成長するためには、空気や湿気が欠かせないため、ブルーチーズを熟成する時にも、室温や湿気などをコントロールする事が大切で、密閉しているタイプでも、切り目を入れてチーズを空気に触れさせる事で、キレイな青い色になると言えるでしょう。
ブルーチーズは、ワインのおつまみとしても人気がある種類で、塩分が強いので、クラッカーやパンに乗せて食べるのがオススメです。
また、野菜や果物の相性も良く、サラダに入れたり、ドレッシングなどの材料に使うのもおいしいですし、意外な組み合わせかもしれませんが、洋梨やブドウと合わせてもおいしいそうです。

ブルーチーズの保存方法

ブルーチーズを保存する時には、どんな事に気をつけたら良いのでしょうか。
ブルーチーズは、青カビが味の決め手になるチーズの種類なので、カビが死んでしまう乾燥は極力避ける事が大切です。
市販のブルーチーズは、密閉パックに入っている事が多く、開封後は、忘れずにラップでチーズの切り口を密閉しましょう。
そして、青カビは他の食品にも移りやすいため、ラップで密閉した後、タッパーに入れて冷蔵保存するのがオススメです。
ちなみに、ブルーチーズは、開封から1週間ほどで食べきるのが一番で、黒カビが生えてしまった場合には、その部分だけ切りとれば、食べる事が出来るそうです。

ブルーチーズの食べ方

ブルーチーズは、強烈な香りと独特の味が苦手で食べられないという人も多いのですが、味の組み合わせや食べ方によっては、苦手な人でもさっぱりと食べられると言われています。
意外な組み合わせでありながら、ブルーチーズの組み合わせとして有名なのが「はちみつ」です。
塩気の強いブルーチーズと、甘いはちみつは合わないように感じる人も多いのですが、実際には、バケットに蜂蜜を塗って、薄く切ったブルーチーズを乗せると、ブルーチーズ独特の味が和らぎ、ブルーチーズが苦手という人でも食べやすくなると言えるでしょう。
また、ブルーチーズとジャム、マーマレードの組み合わせも、準備が簡単でオススメです。

ブルーチーズの定番レシピ

ブルーチーズを使ったレシピと言えば、どんな種類があるのでしょうか。
ブルーチーズは、そのままクラッカーやパンと合わせて食べてもおいしいですし、サラダのトッピングとしても使える食材です。
ただ、ブルーチーズに一工夫するなら、クリームパスタのトッピングに使うと、全体にコクが出ておいしいのでオススメです。
また、ブルーチーズは塩分が強いので、クリームの塩分を控えめにしておくと、混ぜたときの塩分がちょうど良くなると言えるでしょう。
さらに、ブルーチーズは、トマトソースとの相性もいいので、パスタだけでなく、ピザのソースに合わせるのも、オススメの使い方だと言われています。

ブルーチーズの作り方

青カビがポイントのブルーチーズは、どんな風に作られているのでしょうか。
ブルーチーズは、チーズの中で青カビが生きていると言う事が重要なので、製造の過程で、水を切って固めた乳に青カビをまぶし、空気に触れる状態で保存します。
空気を密閉すると、青カビも死んでしまうので、空気に触れつつチーズの中でカビが育つと言う事が何よりも大切だと言えるでしょう。
また、販売される時のブルーチーズは、密閉パックに入っている事が多いのですが、これもチーズをカットして表面が空気に触れると、青カビが復活して、キレイな青い色になるのが一般的です。
ちなみに、ブルーチーズの食べごろは、製造後3ヶ月~6ヶ月ほどだと言われています。