プリン

プリンがわかる!その魅力とは

プリンの魅力とは何でしょうか。
プリンの魅力は、メーカーによって味や柔らかさ、キャラメルなども異なるため、予算がそこまで高くなくても、沢山の種類を楽しむ事が出来ます。
もちろん、中にはすでにお気に入りのプリンが決まっていて、普段はそれしか食べないという方も居るのですが、コンビニで販売されているプリンなら、100円から購入出来るのも、魅力のひとつだと言えるでしょう。
そして、プリンの種類は様々で、一般的なキャラメルプリンから、牛乳プリン、ゴマプリンなど、味のバリエーションも多く、さっぱりした物から、コクの深い物まで、人によって、種類を選べるのも大きな魅力だと言われています。

プリンの栄養と効能

プリンには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
プリンの原料には、牛乳や砂糖、タマゴが多く使われています。
その為、市販のプリンのカロリーは、一カップでも、200カロリーほどあるので、食べ過ぎると肥満の原因になる事もあるようです。
しかし、タマゴと牛乳は、タンパク質を多く含んでいますから、日常的に牛乳を飲まない方や、ヨーグルトを食べない方には、プリンがオススメです。
ちなみに、プリンの種類の中には、豆乳プリンもあり、この豆乳プリンなら脂肪分がほとんど無いため、ダイエット中の方でもカロリーを気にしなくていいと言われています。

おいしいプリンの見分け方

プリンにも、おいしい見分け方法があるのでしょうか。
基本的に、プリンは加工食品のひとつなので、おいしいかどうかは、メーカーや、消費者の味覚によって大きく異なります。
「プッチンプリンの堅さがちょうど良い」という方も居れば、「プリン屋さんで購入するプリンの濃厚さがたまらない!」という方も居ますし、プリンのキャラメルの味付けや、ゴマプリン、牛乳プリンなど、味のバリエーションによっても好みは異なるでしょう。
一般的なプリンについているカラメルは、あまり甘過ぎない方が、プリンの黄色い部分との味の違いが楽しめるので、プリンそのものの味が感じられるそうです。

プリンの価格の目安

ちょっとしたデザートとして人気のあるプリンですが、このプリンの価格目安はいくらぐらいなのでしょうか。
これは、プリンのメーカーや、種類によって異なります。
一般のコンビニなどで販売されているパックのプリンは、シンプルな物で100円から販売されていますが、同じメーカーのプリンでも、焼きプリンや、ゴマプリンなど、プリンの調理法にこだわりがある場合には、200円以上になると、いえるでしょう。
さらに、デパ地下などで販売されているプリン屋さんのプリンは、さらにコクが強い分、価格も300円~が一般的だと言われています。
自分の予算や、好みに合わせてプリンを選ぶと良いでしょう。

プリンの有名産地

プリンにも、有名な産地があるのでしょうか。
基本的に、プリンは外国のおやつとして日本に輸入された物で、材料さえあれば、どこでもおいしいプリンを作る事が出来るため、国内にプリンで有名な地域というのは無いようです。
しかし、プリンの原料である牛乳やタマゴが新鮮な時に、プリンの材料として使う事で、さらにおいしいプリンが出来ると言われています。
タマゴや牛乳の産地は、北海道などが挙げられますが、その他にも、カボチャプリンや、豆乳プリンなど、現地のおいしい食材を使ったプリンも、味に違いが出ると言えるでしょう。
自分の好きな野菜や果物で、独自のプリンを作ってみるのもオススメです。

プリンの種類

プリンには、どんな種類があるのでしょうか。
プリンの中で一番ポピュラーな種類のプリンが、カスタードプリンで、黄色い部分とキャラメルの部分に分かれているのが特徴です。
そして、コンビニなどで販売されているプリンには、豆乳プリン、ゴマプリン、チョコレートプリンなどがあり、同じプリンでも、種類によって味が大きく異なると言われています。
最近では、プリンの専門店も増えて来ており、プリンの専門店ではカボチャプリンや、栗のプリン、紅茶プリン、クリームプリンなど、こだわりのあるメニューが揃っているそうです。
プリンは、メーカーによって味が大きく異なるので、その点でも様々なバリエーションが楽しめると言えるでしょう。

プリンの保存方法

お店で購入したプリンは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
基本的に、プリンは加工品なので、未開封の場合には、賞味期限を守って、冷蔵保存しておけば、腐ったり悪くなる事はありません。
しかし、プリン屋さんで販売されているプリンは、保存料があまり沢山使われていないため、味が悪くなるのも早く、出来れば購入日、または翌日までに全て食べきった方が良いと言われています。
工場でなく、お店で作られているプリンは、ケーキと同じで、基本的に当日に食べきると覚えておいた方が良いでしょう。
ちなみに、開封済みのプリンも、プリンに含まれる牛乳が悪くなってしまうため、開封したその日中に食べきるのが良いと言われています。