トムヤムクン

トムヤムクンがわかる!その魅力とは

トムヤムクンの魅力とは何でしょうか。
トムヤムクンの魅力は、エビなどの海鮮類と、タイ独特の強い辛みが同時に味わえる事だと言われています。
最近では、キムチスープなど、辛味の強いスープも人気を集めていますが、香辛料のシンプルな辛さに加えて、トムヤムクンは、魚介類のうま味も味わえるという魅力があります。
トムヤムクンには、大きなエビが入っている事も多く、ただ辛いだけではなく、栄養分も豊富なのが、トムヤムクンのポイントだと言えるでしょう。
また、トムヤムクンは、日本にあるタイ料理店でも、お店によってはお手頃な価格で楽しめるというメリットもあるそうです。

トムヤムクンの栄養と効能

トムヤムクンには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
トムヤムクンは、スープ類の中でも、栄養が多いスープのひとつで、特にトムヤムクンに含まれているエビは、カルシウム、タンパク質が豊富に含まれていると言われています。
カルシウムやタンパク質は、骨や筋肉を作るのに欠かせない栄養成分ですし、特にカルシウムを豊富に取る事で、イライラを解消する役目もあるそうです。
その他にも、トムヤムクンには、糖尿病や、高血圧、動脈硬化などの重大病を予防するタウリンや、EPAなどが豊富に含まれています。
ちなみに、トムヤムクンは、辛味がないタイプもあるので、辛いのが苦手な方でも試してみるといいでしょう。

おいしいトムヤムクンの見分け方

トムヤムクンを外で食べようと思ったら、どんな事をポイントにタイ料理店を選ぶといいのでしょうか。
トムヤムクンは、タイ料理のひとつで、日本国内にも、沢山のタイ料理店があり、価格、店構えなども大きく異なると言われています。
しかし、本場のトムヤムクンの味を楽しみたいなら、いくつかの事を注意して、タイ料理店を選ぶのがいいでしょう。
まず、おいしいタイ料理店は、店名がタイ語で、看板にもタイ語が書かれていたり、タイ人の店員が働いている事が多いと言われています。
日本人好みの味にする為に、トムヤムクンの味付けも変えているお店もありますが、タイ本場の味を楽しみたいなら、やはりタイ人が経営しているお店を選ぶといいでしょう。

トムヤムクンの価格の目安

トムヤムクンの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
トムヤムクンは、タイの赤い海鮮スープとして知られていますが、その価格は、どこで食べるかによって異なります。
まず、タイ料理店で食べられるトムヤムクンは、1人前700円~1000円ほどで、レストランによって、スープも数人前になって出てくる場合もあり、サイズには大きな違いがあると言えるでしょう。
また、インスタントのトムヤムクンスープは、1人前150円~250円ほどで、味わいはトムヤムクンそのものですが、新鮮な魚介類が使われていない分、トムヤムクン独特の風味は劣ると言われています。

トムヤムクンの有名産地

トムヤムクンの産地と言えば、どこなのでしょうか。
トムヤムクンは、元々タイの伝統的な海鮮スープだと言われています。
一般に知られているトムヤムクンは、エビが入った赤い海鮮スープなのですが、タイでは、その他にも、お肉を使ったトムヤムクンなどの種類が沢山有るそうです。
もちろん、日本国内でも、新鮮な魚介類が手に入る分、トムヤムクンを自宅で作るのも簡単で、トムヤムクンの味のポイントになるのは、やはり辛味付けに欠かせないナンプラーだと言われています。
ちなみに、国内でもタイ料理店では、トムヤムクンを味わう事が出来ますが、アジアンレストランなどの場合には、トムヤムクンの辛味も、少し弱くなるそうです。

トムヤムクンの種類

トムヤムクンにも、いくつかの種類があるのをご存知でしょうか。
トムヤムクンは、タイ伝統の海鮮スープで、タイ語では、トムが「煮る」ヤムが「混ぜる」クンが「エビ」という意味を持っているそうです。
国内では、エビが使われているトムヤムクンが非常に多く、辛味が強いスープとしても知られていますが、トムヤムクンの本場タイでは、エビの代わりに、豚肉や鶏肉、シーフードなどを使う場合があると言われています。
もちろん、油分の少なさから言うと、エビが使われているトムヤムクンが、一番ヘルシーかもしれませんが、豚や鶏肉を使った物も、コクが強くおいしいそうです。

トムヤムクンの保存方法

自宅でトムヤムクンを作った場合には、どんな風に保存するのがいいのでしょうか。
トムヤムクンは、野菜類だけでなく、エビなどの魚介類も含まれている為、調理後は冷蔵保存で、調理から3日以内には食べきった方がいいと言われています。
特に、気温が高くなる夏場の時期には、魚介類も悪くなりやすいので、出来るだけ新鮮な魚介類を選ぶだけでなく、調理後はその日か、最長でも次の日に食べきってしまった方がいいでしょう。
また、悪くなってしまったトムヤムクンからは、魚介類の強い臭いがしてくるので、そんな臭いを感じたら、もったいないのですが廃棄した方がいいと言われています。