コンソメ

コンソメがわかる!その魅力とは

コンソメの魅力とは何でしょうか。
コンソメの魅力は、なんと言っても調理が簡単な事で、味付けによっては、様々なバリエーションを楽しめる事だと言われています。
まず、コンソメは、固形タイプのブイヨンでも、鶏肉、牛肉、野菜などのバリエーションがあり、切った野菜をゆでて、そこに固形コンソメを入れるだけでスープが仕上がるという簡単さが魅力です。
そして、たまねぎやにんじんだけでなく、トマトなども加えれば、同じコンソメでも、トマトベースになりますし、中に入れる具材によって、本当にたくさんのバリエーションが楽しめると言えるでしょう。
ちなみに、コンソメは、味がシンプルな分、具材のおいしさが引き立つのも魅力のひとつです。

コンソメの栄養と効能

コンソメには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
まず、固形キューブのコンソメには、タンパク質や炭水化物が含まれています。
これは、コンソメのベースによっても異なりますが、野菜エキスにはビタミン類、ビーフエキス、チキンエキスには、タンパク質などが多く含まれているのが一般的だと言えるでしょう。
また、コンソメの固形キューブ自体には、そこまで高い栄養素が含まれていなくても、スープに入れる具材によって、大きく栄養素も異なります。
野菜もお肉も、魚介類も、特に栄養がスープにしみ出しやすいと言われていますから、その点では、スープにしみでた栄養分まで漏れなく摂取出来るのが魅力だと言えるでしょう。

おいしいコンソメの見分け方

コンソメにも、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
残念ながら、コンソメスープのおいしさを見分けるのは、難しいと言われています。
というのも、かなりスープのブイヨンにこだわっているレストランでない限り、野菜や鶏肉などの生の食材をベースに、コンソメスープを作る事は少なく、多くのお店では、インスタントや、固形コンソメを使ったコンソメスープを出しています。
その為、固形コンソメのメーカーによって、味に多少の違いがあるため、その点で好みは別れますが、見た目や素材で、コンソメスープのおいしさを見分ける事は、非常に難しいと言えるでしょう。

コンソメの価格の目安

「スープと言えばコンソメ」と言うほど、人気の高いコンソメ。
コンソメは、固形のコンソメだしも広く販売されているため、調理が簡単で、おいしく仕上がるのがポイントだと言えるでしょう。
そんなコンソメの価格は、お店で注文すると1人前300円~500円ほどで、スープの具材によっても、料金は異なります。
しかし、コンソメは、固形のブイヨンも販売されており、こちらは固形20個入りの箱で350円ほどと、かなりお買い得なのが魅力だと言えるでしょう。
その為、自家製のコンソメスープは、野菜などの予算を入れても、家族4人分100円以下で作れると言われています。

コンソメの有名産地

コンソメの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
コンソメは、元々フランス料理の中で、色が澄んでいるスープの事を指しているため、特定のスープの名前ではありません。
オニオンスープや、スープの色が澄んでいる海鮮スープなども、フランス料理では、コンソメの一種として扱われており、日本国内では、スープと言うよりも、固形キューブとしての知名度の方が高いでしょう。
もちろん、固形キューブのコンソメは、どんな国でも使われており、場所も具材も選ばず、どんなスタイルでも、スープを作る事が出来るため、コンソメ固形キューブ自体の産地と言うのは、特定されていないようです。

コンソメの種類

コンソメには、どんな種類があるのでしょうか。
コンソメは、基本的に固形キューブで販売されているベースで、一般的には、野菜エキスを使ったもの、ビーフエキスを使ったもの、チキンエキスを使ったものの3種類に別れます。
野菜エキスは、他の種類に比べるとカロリーが低いため、ヘルシーで、さっぱりした味が好みの方に合っていると言えるでしょう。
ビーフエキスは、コクが強いので、シチューなどの味付けに使っても良いですし、煮込み系のスープなら、特にうま味が増すと言われています。
チキンエキスはスープだけでなく、パスタのソースなどにもよく合い、どんな方にも、好まれる味付けになると言えるでしょう。

コンソメの保存方法

自宅で調理したコンソメスープは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
まず、すでに調理したコンソメスープは、中の具材にもよりますが、調理後は冷蔵庫で保存するのが良いと言われています。
野菜中心のコンソメスープの場合には、調理から5日ほどの保存が可能で、夏場であれば、3日ほどで食べきった方が、野菜の鮮度が落ちないと言えるでしょう。
またお肉や魚介類を使っているコンソメスープの場合には、冬場でも3日以内に食べきった方が、お腹を壊す可能性が低いといわれています。
ちなみに、固形のコンソメを保存する場合には、出来るだけ湿気や熱を避けて、冷蔵庫などで保存するのが良いそうです。