ユッケジャン

ユッケジャンがわかる!その魅力とは

ユッケジャンの魅力とは何でしょうか。
ユッケジャンの魅力は、食欲が無くなりがちな夏の時期でも、夏バテ解消に有効なスタミナを付ける事が出来る事だと言われています。
まず、ユッケジャンは、牛肉とモヤシ、ワラビなどを、唐辛子と一緒にゆっくりと煮込んだスープで、特に焼肉屋さんでは、人気のあるスープだと言われています。
ユッケジャンは、辛みが強い分、食欲増進に効果的で、食欲が無くなりがちな夏バテの方でも、十分なスタミナを付けられる料理だと言えるでしょう。
ちなみに、ユッケジャンに鶏肉が使われている事があり、こちらの方がヘルシーだと言われています。

ユッケジャンの栄養と効能

ユッケジャンには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
ユッケジャンは、牛肉やモヤシ、唐辛子などが沢山使われているスープ料理です。
ユッケジャンに使われる牛肉には、タンパク質、カルシウム、炭水化物などが豊富に含まれているため、身体のスタミナを付けるには、ベストだと言えるでしょう。
そして、モヤシやその他の野菜類は、牛肉に含まれる栄養分の吸収率を上げてくれるだけでなく、消化を良くする効果もあると言われています。
さらに、ユッケジャンの風味となる唐辛子は、食欲増進、エネルギー代謝を上げてくれる効果がある為、夏バテ気味の季節には、オススメだと言えるでしょう。

おいしいユッケジャンの見分け方

ユッケジャンにも、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
ユッケジャンは、牛肉や様々な野菜が入った辛口のスープで、元々は韓国料理のひとつだと言われています。
一般的に、ユッケジャンは、焼肉屋さんで食べられる事が多いのですが、特にキムチなど、香辛料へのこだわりが多い、韓国料理屋さんのユッケジャンはおいしいそうです。
もちろん、お肉がおいしければ、普通の焼肉屋さんでも良いのですが、ユッケジャンは、辛みとお肉のバランスが重要なので、それもあって、香辛料にこだわりがあるお店の方が、本場のユッケジャンの味を楽しめると言われているのです。

ユッケジャンの価格の目安

ユッケジャンの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
ユッケジャンは、どこで食べるかによっても異なりますが、焼肉屋さんでユッケジャンを注文する場合には、1杯800円~1000円ほどだと言われています。
ユッケジャンは、焼肉屋さんでも人気のあるスープとして知られており、1人前でも、かなり量が多いと言う事もあり、数人で少しずつ分けてもちょうどいいと言えるでしょう。
また、自宅でも気軽に楽しめる、インスタントのユッケジャンの価格は、1人前600円~800円程だと言われています。
インスタントのユッケジャンは、韓国食品店や、ネットなどで販売されています。

ユッケジャンの有名産地

ユッケジャンの産地では、どこが有名なのでしょうか。
ユッケジャンは、韓国のスープ料理のひとつで、元々は、犬肉をベースにした宮廷料理をまねた物だと言われています。
しかし、現在では韓国もユッケジャンに犬肉を使っていないため、基本は牛肉のユッケジャン、鶏肉のタッケジャンという区分けがされているようです。
特に、ユッケジャンの本場韓国では、夏場のスタミナを付ける為に、ユッケジャンを食べる事が多く、焼肉と合わせて食べる事は、そこまで多くないと言われています。
最近では、ユッケジャンも、日本国内の人気が上がって来ているため、上質の国内牛を使ったユッケジャンも作られているそうです。

ユッケジャンの種類

ユッケジャンにも、種類があるのでしょうか。
国内でもオーソドックスなユッケジャンは、牛肉と野菜を辛みのあるスープで煮込んだ料理で、特に焼肉屋さんではよくだされている料理です。
しかし、ユッケジャンと似た料理には、タッケジャンという料理があり、これは、牛肉ではなく鶏肉を使った、ヘルシーで安価な料理だと言われています。
このように、ユッケジャン自体に、沢山の種類があるわけではないようです。
ただ、ユッケジャンは、調理するお店によって、唐辛子や、その他の香辛料の割合が違うため、普通の焼肉店よりも、韓国焼肉料理店の方が、ユッケジャンの味が辛いと言われています。

ユッケジャンの保存方法

自宅で、ユッケジャンを調理した場合には、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
ユッケジャンを材料から自宅で作る場合には、1度に食べきれない事もあるので、調理後は冷蔵庫で保存して、3日以内に食べきるのが良いと言われています。
一般的に、ユッケジャンはスープとしてだけでなく、ご飯と一緒に食べられる事もありますし、うどんなどの麺類を入れてもおいしいそうです。
また、ネットなどで販売されている調理済みのユッケジャンは、冷凍の場合なら3ヶ月以内の保存が可能です。
しかし、冷蔵の場合には、開封から1週間以内には、食べきった方が良いでしょう。