カムジャタン

カムジャタンがわかる!その魅力とは

カムジャタンの魅力とは何でしょうか。
カムジャタンの魅力は、豚肉のコクを辛いスープで味わう事が出来、長時間煮込まれた柔らかい豚肉は、とても食べやすいと言われています。
カムジャタンは、韓国の鍋料理のひとつで、1つ頼んだだけでも、大人2~3人がお腹がいっぱいになってしまう料理なのですが、辛いスープがしみ込んだ豚肉とじゃがいもは、辛い物好きには、たまらない味なのだそうです。
また、カムジャタンは、長時間煮込まれているため、「豚肉独特のコクがスープにしみ出ていて、スープまで全て飲み干したくなるほど」と言われるほど、うま味がある料理だと言えるでしょう。

カムジャタンの栄養と効能

カムジャタンには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
カムジャタンは、豚の背骨とじゃがいも、ネギなどを長時間煮込み、唐辛子で味付けをした韓国の鍋料理です。
カムジャタンには、そこまで沢山の材料が使われていないのですが、カムジャタンに使われる豚の背骨には、カルシウム、ミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれており、スープまで飲む事で、沢山の栄養を取る事が出来ると言われています。
そして、カムジャタンのじゃがいも、唐辛子には、身体を内側から温める効果がある為、冬場には、特にオススメだと言えるでしょう。
さらに、カムジャタンの具材である長ネギも、血流を良くしたり、消化を助ける効果があるそうです。

おいしいカムジャタンの見分け方

おいしいカムジャタンは、どこで食べられるのでしょうか。
カムジャタンの本場は韓国なので、韓国に行ってカムジャタンを食べるのが一番なのですが、最近では、日本国内でも韓国料理店が増えて来ているため、カムジャタンを食べる機会も多くなって来たと言われています。
カムジャタンは、じゃがいもと豚の背骨を長時間煮込み、唐辛子で味付けした鍋料理のひとつで、カムジャタンを食べるなら、やはり韓国料理店が一番だと言えるでしょう。
また、東京でも、新大久保の辺りでは、韓国料理店が多く、評判のいいお店で、カムジャタンを注文してみるのもオススメです。

カムジャタンの価格の目安

カムジャタンの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
カムジャタンの価格は、韓国料理店で3000円ほどだと言われています。
スープ料理で3000円と言うと、比較的高いように感じるかもしれませんが、カムジャタンの量はとても多く、それだけでも十分お腹にたまりますし、カムジャタンのセットでは、キムチ、韓国海苔、漬け物、ご飯がついてくる事もあるそうです。
もちろん、カムジャタンの本場である韓国では、日本の半額ほどでカムジャタンを食べる事が出来ますし、日本のカムジャタンと違い、辛さは2倍ほどだと言われています。
ちなみに、カムジャタンのレトルトは、1人前700円~800円ほどです。

カムジャタンの有名産地

カムジャタンの産地は、どこなのでしょうか。
カムジャタンは、韓国の鍋料理のひとつで、基本的には、豚の背骨とじゃがいも、長ねぎなどを煮込んで、赤唐辛子で味付けした物だと言われています。
もちろん、赤唐辛子が入っている分、味はかなり辛いのですが、日本国内の韓国料理店では、赤唐辛子が入っていない、白いカムジャタンも作られており、味はさっぱりしているそうです。
ちなみに、カムジャタンは、大中小と選ぶ事が出来るのですが、小のサイズでも、大人2~3人がお腹いっぱいになるほどの量なので、一人で食べるというよりも、数人で鍋を囲むのが一般的だと言えるでしょう。

カムジャタンの種類

カムジャタンにも、種類の違いがあるのでしょうか。
カムジャタンは、豚の背骨、じゃがいも、長ネギなどを煮込んで、唐辛子で味付けした韓国の鍋料理ですが、カムジャタンは、赤い色をした物と、白い色をしているものに分けられるそうです。
まず、赤いカムジャタンには、ご存知の通り赤唐辛子などが大量に使われており、味が辛めだと言われています。
そして、白いカムジャタンには、赤唐辛子が入っていない分、味がさっぱりしており、白いカムジャタンに後から青唐辛子を加えて、辛く仕上げる事も出来るそうです。
韓国料理店では、2種類のカムジャタンを試してみると良いでしょう。

カムジャタンの保存方法

カムジャタンは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
カムジャタンは、韓国料理店などで食べる事の多い鍋物料理ですが、自宅でカムジャタンを作る場合には、基本的に冷蔵保存で、調理から3日以内に食べきるのが良いと言われています。
カムジャタンは、豚の背骨とじゃかいもを長時間煮込んで、唐辛子で味付けした韓国の鍋料理で、韓国産の材料さえあれば、自宅でも作る事が出来ます。
しかし、豚の背骨は時間が経つと、臭いが出てくる上、じゃがいもの形も変わって来てしまうので、調理した日に食べきれない場合にも、調理から3日ほどで食べ切るのが一番なのです。