ボルシチ

ボルシチがわかる!その魅力とは

ボルシチの魅力とは何でしょうか。
ボルシチの魅力は、1度にたくさんの栄養を取る事が出来、一部からは、非常に高い人気がある事だと言われています。
まず、ボルシチは、豚肉、または牛肉、キャベツ、じゃがいも、たまねぎ、トマト、にんにくなどが豊富に使われているスープのひとつで、1食食べるだけでお腹に溜まるだけでなく、沢山の栄養を同時に摂る事が出来ます。
そして、ボルシチは、東欧の国々で良く食べられており、日本国内でも、一部の方には、特に人気が高いそうです。
また、夏の間には、冷製スープとして食べる事も出来る為、その点でも、食べ方のバリエーションが多いのが魅力だと言われています。

ボルシチの栄養と効能

ボルシチには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
ボルシチは、数あるスープの中でも具沢山のスープなので、栄養分も多いと言われています。
まず、ボルシチには、牛肉または豚肉、たまねぎ、にんじん、キャベツなどが使われており、これらには、タンパク質、ビタミンA、食物繊維などが豊富に含まれています。
もちろん、牛肉や豚肉を、ベーコンやハムに代用する事も出来ますし、お肉と野菜を一緒に食べられる分、バランスの良い栄養分を摂取出来るそうです。
また、ボルシチに使われるトマトには、疲れを回復し、お肌のケアまでしてくれる効果のある、ビタミンCも含まれていると言われています。

おいしいボルシチの見分け方

ボルシチにも、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
ボルシチは、ウクライナ料理のひとつですが、ロシアを含む東欧の国々では、頻繁に食べられているそうです。
日本国内でも、ロシア料理店では、ボルシチを扱っている事が多いのですが、フランス料理やイタリア料理と比べると、ロシア料理は、あまり一般的ではありませんし、その点でも、おいしいボルシチを見分けるのは難しいようです。
ボルシチは、野菜が沢山入っているのが一般的ですが、中には、具を漉したボルシチもあるため、具沢山のボルシチが、必ずしもおいしいとは限りません。
ただ、ネット通販などで販売されているボルシチは、おいしい事が多いそうです。

ボルシチの価格の目安

ボルシチは、いくらぐらいが価格の目安になるのでしょうか。
ボルシチは、お店で食べる事が多いのですが、手間がかかっている事もあり、専門店で食べると、1人前でも1500円以上すると言われています。
そもそも、ボルシチ自体がウクライナの伝統料理なので、特別なレストランでないと、目にする事もないのですが、一部からの人気は、非常にたかいそうです。
最近では、ボルシチの通販も行っており、缶詰のボルシチは、1人前650円ほどで、良いボルシチになると、4人前3500円ほどで、販売されているそうです。
お店によっては、サイドメニューでボルシチを出している場合もあるので、試してみると良いでしょう。

ボルシチの有名産地

ボルシチの産地はどこなのでしょうか。
ボルシチは、元々、東欧に位置するウクライナの料理だと言われています。
ボルシチは、深紅色をしているスープで、具材は牛肉や豚肉、野菜類などを使っており、食べる時には、スープにサワークリームをたらすのがポイントです。
ウクライナでは、ボルシチの種類も沢山有るようですが、ウクライナだけでなく、ロシアやポーランド、ルーマニア、ロシアなどの東欧圏では、ボルシチも日常的に食べられているそうです。
日本国内では、ロシア料理店か、レストランのサイドメニューで注文出来るボルシチですが、ボルシチを一度も試した事が無い方も多く、一部の方に人気があると言われています。

ボルシチの種類

ボルシチには、どんな種類があるのでしょうか。
ボルシチは、東欧を中心に食べられているスープで、ボルシチの国であるウクライナでは、国内だけでも、40種類以上のボルシチがあると言われています。
ただ、40種類以上あるボルシチも、スープの中にサワークリームを入れて、主材料にテーブルビートを使う事が共通しているようです。
そして、ボルシチというと、深紅色をしている物が多いのですが、東欧では、この色も明るいピンク色から、赤が強い物まで様々だと言えるでしょう。
ちなみに、ボルシチは、暖かいスープとしてだけでなく、冷製スープとしても食べる事が出来るため、夏バテ気味の夏の季節にも良いスープだと言われています。

ボルシチの保存方法

ボルシチは、どのように保存するのが良いのでしょうか。
自宅でボルシチを作る場合には、野菜やお肉が悪くなる前に全てを食べきるのが基本で、夏場なら冷蔵庫で3日ほど、冬場なら5日ほどの保存が可能だと言われています。
それ以上の日にちが経つと、お肉から臭いが出てくる事が多く、冷凍すると、野菜の食感が悪くなるのでオススメ出来ません。
もちろん、ボルシチは、1人前だけ作る事が難しいですし、急に沢山は食べきれないという方も居ますが、ボルシチの場合には、お肉が悪くなってしまうので、仕方ないでしょう。
また、ボルシチは、ネットなどで販売されている事もあり、比較的小分けになっているパックを購入するのもオススメです。