ペパーミント

ペパーミントがわかる!その魅力とは

ペパーミントには、どんな魅力があるのでしょうか。
ペパーミントの魅力は、その香りと効能にあると言われています。
一般にも知られている通り、ペパーミントは、メントールのスッキリした香りが特徴的です。
ペパーミントを使った商品はとても多く、様々な商品に加工出来るのが、大きな魅力だと言えるでしょう。
また、ペパーミントの香りはリフレッシュ効果があるだけでなく、集中力を上げたり、眠気覚ましにも使えるので、ペパーミントの香りを家具だけでも、十分な効果を得られると言われています。
ちなみに、ペパーミントには鎮痛作用もあるため、喉が痛い時には、ペパーミントのハーブティーがオススメです。

ペパーミントの栄養と効能

ペパーミントには、どんな効能があるのでしょうか。
一般にもよく知られているペパーミントは、眠気覚ましに効くハーブとして知られています。
ペパーミントの香りをかぐ事で、気持ちがリフレッシュして、集中力もあがると言われているのです。
また、ペパーミントの香りは、吐き気や喉の痛みを軽くすると言われているので、風邪の時には、ペパーミントのハーブティーを飲むと、治りが早くなるそうです。
さらに、ペパーミントには、消化促進、肝機能の向上などもあるため、胃腸が弱い方は、アロマなどでペパーミントの香りを、日常的にかぐのが良いと言われています。

ペパーミントのカロリー

ペパーミントには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
ペパーミントのカロリーは、生の状態で、100gあたり18カロリーほどだと言われています。
そして、乾燥させたペパーミントだと、内容量が多い分、100gでも、300カロリーほどになると言えるでしょう。
しかし、ペパーミントは、香りを楽しむ為のハーブで、実際にペパーミントを食べると言う事はないので、そこまでカロリーを気にする必要はありません。
食用と言っても、アイスクリームやカクテルのトッピングに使われたり、ケーキなどに混ぜ込む場合もありますが、ペパーミント自体のカロリーはそれほど高くないと言えるでしょう。

おいしいペパーミントの見分け方

おいしいペパーミントは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
ペパーミントは、緑色が濃く、香りが強いものが良いと言われています。
ペパーミントは、香りをかぐだけで、十分な健康効果がありますから、まず香りがしっかりとついている物を選ぶ事が大切なのです。
そして、ペパーミントの葉っぱは、虫食いや変色などがないものを選びましょう。
ペパーミントは、飾り付けとして使われる事が多いので、虫食いがあると見た目が悪くなりますし、その部分を取り除かないといけないので、その点でも、最初から全体が整っている葉っぱを選んだ方が良いと言われています。

ペパーミントの価格の目安

ペパーミントの価格は、いくらぐらいが目安なのでしょうか。
まず、ペパーミントの苗の価格は、9センチのポット苗で、250円~300円ほどだと言われています。
ペパーミントは、自宅で栽培すれば、好きな時に収穫して使う事が出来ますし、市販のペパーミントの商品は、本物のペパーミントを使っている事が少なく、合成の添加物などが多く入っているため、体にも良くないのです。
また、ペパーミントを栽培していれば、自分でペパーミントを乾燥させてハーブティーとして保存する事も出来ますし、栽培自体もそれほど手がかからないのも、ペパーミントのポイントだと言えるでしょう。

ペパーミントの有名産地

ペパーミントの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
ペパーミントは、元々ユーラシア大陸原産だと言われています。
世界中では、数百種類といわれるほど、沢山の種類があるミントですから、どこが原産と言うのは難しいのです。
また、世界的なペパーミントの産地と言えばアメリカで、アメリカでは、ペパーミントをチューインガムや、歯磨き粉、ハーブティーなどに使う事が多いため、国内での消費量も多いと言われています。
もちろん、日本国内でも、ペパーミントを栽培している方は多く、庭などで簡単に育てられる分、家庭菜園にもオススメのハーブだと言えるでしょう。

ペパーミントの種類

ペパーミントには、どんな種類があるのでしょうか。
ペパーミントは、数あるミントの中の一種類で、仲間としては、スペアミントやレモンミントなどがあげられます。
特に、ペパーミントとスペアミントは、見分けづらいと言われており、葉っぱはペパーミントの方が黒っぽく、スペアミントの方が、清涼感が強いと言われています。
ただ、ペパーミントとスペアミントを一緒に育てると、交雑して雑種になる事が多いので、ミントを育てる為には、しっかりと、場所を分ける必要があると言えるでしょう。
ちなみに、ミントは世界中で数百種類にもなるハーブだと言われています。

ペパーミントの保存方法

ペパーミントは、時期になると大量に収穫出来るので、その保存方法に困る方もいるようです。
生のペパーミントのままで保存するなら、葉っぱの部分のみを切り取って、密閉出来る袋に入れ、その状態で冷凍させるのが、一番、香りなどが無くならない方法だと言われています。
しかし、真空パックを持っている家庭はそこまでないので、ハーブティーとして使うようであれば、ペパーミントを乾燥させる方法が、一番簡単だと言えるでしょう。
ペパーミントは、乾燥している時期なら1日~2日、風通しの良い場所で吊るしておけば、ドライペパーミントになるので、そのまま湿気が入らないような瓶に入れて、常温保存するのが良いでしょう。

ペパーミントの食べ方

ペパーミントは、どんな風に食べる物なのでしょうか。
アイスやケーキの種類によっては、ペパーミントが混ぜ込んである場合もありますが、基本的に、ペパーミントは香りに効能があるため、ハーブティーを飲むだけでも、同様の効能があると言われています。
ペパーミントは、カクテルのトッピングに使われる事もあり、その場合には、ペパーミントの香りが、お酒の味をスッキリとさせてくれるそうです。
また、ペパーミントは、様々な食品にも、香料として使われていますが、効能があるのは、本物のペパーミントの香りであって、ペパーミントの香料を合成した物では、同様の効果が出ないと言われています。

ペパーミントの簡単な定番レシピ

ペパーミントの定番レシピと言えば、なんでしょうか。
ペパーミントは、香りを楽しむものなので、やはりハーブティーが飲みやすいと言われています。
ペパーミントのお茶葉も販売されていますが、生のペパーミントを加工する場合には、ペパーミントの葉っぱだけを取って、2日ほど風通しの良い場所で保存します。
そうすると、水分が抜けるので、大体小さじ4分の1と、ジャワ3gほどをブレンドすると良いでしょう。
ペパーミントは、香りが強い分、あまり茶葉も入れすぎないのがポイントだと言われています。
ちなみに、ペパーミントのハーブティーは、喉の痛みにも良いそうです。

ペパーミントの栽培

ペパーミントは、どんな風に栽培すれば良いのでしょうか。
ホームセンターの園芸コーナーで苗を購入する事が出来ますから、4月上旬~6月下旬、9月上旬~10月の中旬でも、植え替える事が出来ます。
ただ、ペパーミント以外にも、ミントを植える場合には、ペパーミントの場所から離す事が大切で、近くで栽培すると、勝手に雑種のミントになる事もあるので、注意した方が良いでしょう。
ちなみに、ペパーミントは、肥料をやりすぎると、逆に育ちにくくなるので、雑草を取って、たまに水をあげる以外には、そこまで頻繁に手入れする必要は無いと言われています。
ペパーミントは、初心者の方でも、簡単に栽培出来るハーブだと言えるでしょう。