チャービル

チャービルがわかる!その魅力とは

チャービルには、どんな魅力があるのでしょうか。
チャービルの魅力は、豊富な栄養分と効能にあると言われています。
まず、チャービルには、ミネラル、カロテン、ビタミン、鉄分などが含まれており、料理に香辛料として使ったり、ハーブティーにして飲むと、解毒効果、血行促進、利尿作用があると言えるでしょう。
また、チャービルは風味が良く、少し多めに使っても、香りが良いので食べやすいのも特徴で、1度の食事で、チャービルの栄養分を沢山摂る事も出来るのが、魅力だといわれています。
ちなみに、チャービルは、一般家庭でも栽培する事が出来るので、その手軽さもひとつの魅力だと言えるでしょう。

チャービルの栄養と効能

チャービルには、どんな栄養があるのでしょうか。
チャービルは、数あるハーブの中でも、栄養分が豊富だと言われています。
チャービルには、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、その他にも、鉄分やカロテンを含んでいます。
その為、チャービルを食べると、解毒作用、血行促進、消化促進、利尿作用があると言われています。
また、チャービルに含まれるカロテンは、血液中のナトリウムを体外に排出してくれる効果がある為、その点でも、高血圧の方にオススメのハーブだと言えるでしょう。
ちなみに、チャービルは、そのままサラダにしても良いですし、魚やお肉料理の香り付けにも使われています。

チャービルのカロリー

チャービルには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
残念ながら、これはあまり一般に知られていません。
というのも、チャービルは、食用にも出来るハーブの一種なのですが、食用のチャービルを販売している業者さんが少なく、チャービルのカロリー量も明らかになっていないのです。
もちろん、チャービルは、葉っぱの部分を食べたり、サラダなどの生食でも食べられるので、そこまで高カロリーな食材ではありませんし、むしろ、栄養分が沢山含まれている分、体に良い食材だと言えるでしょう。
ちなみに、チャービルは、スープに加えたり、お肉料理などに使うという方法もあるそうです。

おいしいチャービルの見分け方

チャービルは、どこでおいしさを見分けたらいいのでしょうか。
チャービルは、葉っぱと茎を主に食用とする為、全体的に色が明るい黄緑色をしており、くすみや色むらがなく、葉っぱも大きいものを選ぶのが良いと言われています。
また、収穫から時間が経つと、チャービルの葉っぱはすぐにしおれてしまうので、すでに一部がシワシワになっている物は、サラダには向かないと言えるでしょう。
ただ、家庭でチャービルの鉢植えを育てている方は、好きな時にチャービルを収穫する事が出来ますし、収穫してから時間が経っていない方が、香りが良いといわれています。

チャービルの価格の目安

チャービルの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
チャービルの苗の価格は、1株250円ほどだといわれています。
ただ、チャービルは、まとめ買いすると少し安くしてくれる業者も多いので、6株以上まとめ買いすると、1株の値段が、225円ほどになる場合もあるそうです。
このチャービルは、ガーデニング用のハーブとしてだけでなく、お肉料理、豆料理の香辛料としても使う事が出来ますから、その点では、育てるだけでなく、実際に料理にも使えるのが、大きなメリットだと言えるでしょう。
ちなみに、チャービルは、ホームセンターや、ネットなどで購入する事が出来ます。

チャービルの有名産地

チャービルの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
チャービルは、元々、ヨーロッパや、西アジアで栽培されていたハーブだといわれています。
チャービルは、パセリにも香りが似ているだけでなく、豊富な栄養成分を含んでいたため、各地で薬用に使われる事が多かったようです。
また、日本では、岡山県などで、チャービルが栽培されていますが、こちらは食用と言うよりも、栽培用の為に苗を育てているケースが多いといわれています。
チャービルは、暖かい場所で育ちやすいハーブなので、岡山県のように暖かい気候がチャービルの栽培には合っていると言えるでしょう。

チャービルの種類

チャービルとは、どんな種類のハーブなのでしょうか。
チャービルは、フランス語でセルフィーユと呼ばれているセリ科のハーブで、主に、香りがイタリアンパセリに似ていると言われています。
パセリのように、香りがしつこくないので、食べやすいのがチャービルの特徴で、肉料理、魚料理の臭い消しとしてだけでなく、そのままサラダとして食べてもおいしいと言えるでしょう。
また、火を加える時間が長いと、その分、香りも弱くなるので、香りを楽しみたい方は、生食の方が良いでしょう。
ちなみに、チャービルは一般家庭でも育てられるハーブだといわれています。

チャービルの保存方法

チャービルは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
すでに加工されているチャービルの場合には、湿気を避けて、保存すれば良いのですが、生のチャービルは、スーパーなどでも販売されていませんし、収穫して時間が経つと、香りも弱くなってしまいます。
その為、チャービルの香りや味が好きな方なら、チャービルを栽培した方が、日常的に使いやすいと言えるでしょう。
チャービルは、鉢植えでも育てられるハーブですし、6月~7月にかけては、白い花も咲く為、ガーデニングの種類として、栽培するのが良いそうです。
また、チャービルは、そのままサラダにしたり、スープとして煮込む事もできますから、用途は広いと言えるでしょう。

チャービルの食べ方

チャービルは、食べられるのでしょうか。
チャービルは、ハーブの中でも香りが優しく、生食も出来る種類です。
チャービルの香りを引き立てるなら、生のままサラダにしても良いのですし、お肉料理の臭い消しに使われる事もあるようです。
ただ、チャービルは、火を通す時間が長いと、その分、チャービル本来の香りも弱まってしまいますから、スープなどにいれる場合にも、出来上がる直前に軽く添える程度で良いでしょう。
そして、チャービルには、カリウムやビタミンなど、豊富な栄養素も含まれていますから、その点でも、食用にするのに優れているハーブだといわれています。

チャービルの簡単な定番レシピ

チャービルは、どんな風に食べるのが一般的なのでしょうか。
チャービルは、生の状態が、一番香りが強くおいしいハーブなので、サラダとして食べるのがオススメです。
材料は、レタス4分の1、ミニトマト5個、エビ8尾、チャービル少々、そしてドレッシングが、オリーブオイル大さじ2、酢大さじ2、塩こしょう少々、レモン汁少々、パセリ少々、ペッパー少々です。
まず、調味料を全て混ぜ合わせてドレッシングを作り、レタスは食べやすい大きさにカットします。
他の材料を合わせて全体を混ぜ合わせ、チャービルは、上に何本か添えるような感じで飾ります。
そこにドレッシングとこしょうをかけたら、簡単なシーフードサラダの出来上がりです。

チャービルの栽培

チャービルは、自分で栽培する事が出来るんでしょうか。
チャービルの苗はホームセンターなどでも販売されており、日当りが良く、風通しの良い場所なら、栽培が可能です。
まず、チャービルの種まきは、3月上旬~4月下旬、または9月の上旬~10月の下旬ですが、苗で植える場合には、種まきの時期よりも少し遅らせても大丈夫だと言われています。
チャービルは、葉っぱの部分を食べるハーブなので、基本的にどのシーズンでも収穫出来るのですが、土はいつも水はけが良く、風通しの良い場所で育てる必要があるでしょう。
また、高温多湿にも弱いので、夏の間は少し涼しい場所に移した方が良いそうです。