タイム

タイムがわかる!その魅力とは

タイムには、どんな魅力があるのでしょうか。
タイムの魅力は、柔らかい香りだと言われています。
タイムは、ハーブの一種で、タイムというハーブの中でも、沢山の種類がありますが、その香りは柔らかくスッキリとしているため、香りをかぐ事で、消化促進などの効果があると言えるでしょう。
また、タイムには、少し苦みがあり、お肉料理などにいれると、風味が引き立つといわれています。
出来上がった料理にタイムをふりかけるだけでも、香り付けに効果的なので、その点でも、使い道が広いハーブだと言えるでしょう。
ちなみに、タイムは、入浴剤としてお風呂にいれると、不眠症・頭痛解消効果があると言われています。

タイムの栄養と効能

タイムには、どんな効能があるのでしょうか。
タイムは、シソ科のハーブの一種で、爽やかな香りが特徴的です。
この香りには、二日酔いを解消する効果があるといわれており、消化を促進する効果もあると言えるでしょう。
そして、タイムは、ハーブティーとして飲むと、香りをもっと楽しめるだけでなく、効能も強くなり、特に喉の痛みなどを抑えられると言われています。
また、タイムをハーブティーとして飲むのが嫌な方は、お風呂の湯船にタイムの葉っぱを入れて、そこに入浴すると、同様の効能があると言えるでしょう。
料理にも使えるタイムですが、その他にも、様々な使い道があるハーブなのです。

タイムのカロリー

タイムには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
タイムは、乾燥させた葉っぱをパウダー状にして、スパイスとして販売されている事があるのですが、この場合には、100gあたり、352カロリーほどが含まれていると言われています。
タイムは、鶏肉や豚肉などのお肉料理との相性が良く、香り付けだけでなく、ほろ苦い味わいが風味付けにも効果的だと言えるでしょう。
もちろん、100gあたり352カロリーあっても、実際に料理で使うのは、1g以下ですから、ダイエット中の方でも、気軽に使えるスパイスのひとつだといわれています。
ちなみに、タイムには豊富な鉄分が含まれているため、貧血症の方には、オススメです。

おいしいタイムの見分け方

タイムは、どうやっておいしさを見分けたら良いのでしょうか。
タイムには、様々な種類がありますが、その中でも、コモンタイムという種類は、食用にも適していると言われています。
まず、良いタイムは、葉っぱが鮮やかな緑色をしています。
茎の太さは、あまり太くない方が良いと言われており、タイムの種類によって、茎が直立するタイプと、茎が土に沿ってはうタイプがあるので、あくまで元気な茎かどうかを見極める必要があります。
また、タイムには、爽やかな香りがあるので、その香りが強い方が、料理に使うには適していると言えるでしょう。
ちなみに、タイムは、春夏のほうが、香りが強い傾向があります。

タイムの価格の目安

タイムは、いくらぐらいで購入出来るものなのでしょうか。
タイムは、ハーブの一種で、ガーデニングだけでなく、料理や精油にも使われています。
タイムは、苗で販売されている事が多く、9センチのポット苗の価格は、150円ほどが相場だと言えるでしょう。
このタイムには、オレンジスパイスタイム、ラベンダータイム、レイタータイム、ゴールデンクイーンタイムなど、様々な種類がありますが、苗の価格は、そこまで変わりません。
また、他の種類のハーブなら、種が販売されている事も多いのですが、タイムの場合には、苗で販売されるのが一般的なので、ホームセンターなどでは、簡単に手に入ると言えるでしょう。

タイムの有名産地

タイムの産地と言えば、どこなのでしょうか。
タイムの産地は、元々ヨーロッパだといわれています。
現在では、北米でも、沢山の種類と量が栽培されているタイムですが、タイムの名前の由来は、ギリシャ語のテュオ(消毒)から来ているほど、タイムの殺菌効果は古くから知られていたようです。
日本国内では、ガーデニングの花として栽培される事の多いタイムですが、基本的に、日当りが良く、水はけの良い土であれば、育ちやすいので、その点では、様々な地域で栽培が可能なハーブだと言えるでしょう。
ちなみに、タイムは、乾燥させたスパイスとして販売されている事もあるので、ガーデニングが出来ない方でも、タイムの味を楽しめると言われています。

タイムの種類

タイムには、どんな種類があるのでしょうか。
タイムは、北半球だけでも、400種類ほどがあるハーブの一種です。
タイムの中でも、特に有名なのが、コモンタイムという品種で、日本名では、タチジャコウソウと呼ばれる品種です。
このコモンタイムは、茎が上に向かって伸びて行くタイプの種類で、見た目が可愛らしいだけでなく、香りも良く、ハーブティーや香辛料としても使える種類だと言えるでしょう。
また、クリーピングタイムという品種は、ワイルドタイムとも呼ばれており、花の色が紅桃色になるのが特徴です。
茎も上ではなく、土に沿って這うように育つのも、ひとつの特徴だといわれています。

タイムの保存方法

タイムは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
タイムは、苗でも販売されているため、ガーデニングが好きな方なら、自宅で栽培するのが良いと言われています。
自宅にタイムの鉢植えがあれば、好きな時にタイムを収穫する事が出来ますし、育てている間は、保存などに気を使わなくて良いのも、メリットのひとつだと言えるでしょう。
もちろん、タイムを収穫した後には、すぐにハーブティーとして抽出しても良いのですが、長期保存する場合には、乾燥させてから粉にするのもオススメです。
オレガノくらい細かくつぶしてしまえば、料理にも使いやすくなりますし、保存も、瓶などに入れておけば、数ヶ月持つと言えるでしょう。

タイムの食べ方

タイムは、どんな食べ方をするハーブなのでしょうか。
タイムは、食用としても使われているハーブの一種で、主に香辛料やハーブティーとして使われています。
香辛料として使う場合には、乾燥させたタイムの葉っぱをパウダー状にして、料理にふりかけても良いですし、タイムの生の葉っぱを煮込み料理に加えるだけでも、香りがついておいしいと言えるでしょう。
また、ハーブティーにする場合には、タイムの苦みを少なくさせる為に、他の甘い種類のお茶とブレンドするのもオススメです。
ちなみに、タイムは、お風呂の湯船にいれても、その芳香で、消化促進や鎮痛効果があるといわれています。

タイムの簡単な定番レシピ

タイムには、どんな定番レシピがあるのでしょうか。
タイムは、お肉料理と相性が良いと言われています。
例えば、鶏肉の丸焼きにする時に、塩を揉みこんでから、オレガノやペッパー、タイムをふりかけてオーブンで焼けば、香りが良くなりますし、トマトベースのソースに加える鶏肉に、タイムをすり込むのも、おいしいと言えるでしょう。
また、タイムは、豚肉とも相性がいいため、いつもは塩こしょう、醤油、酒などで味付けしてから、豚肉を焼いている方も、少しタイムを加える事で、テイストが変わり、パンチが効くのでオススメです。
ちなみに、タイムは、ハーブティーとして飲む事も出来るそうです。

タイムの栽培

タイムは、自分でも栽培出来るのでしょうか。
タイムは、プランターでも栽培出来るハーブなので、あまりガーデニングになれていない方でも、栽培出来ると言われています。
タイムの苗は、ホームセンターなどで販売されており、植え付けは、春か秋に行うのが良いでしょう。
タイムが育つ条件としては、日当りが良い場所におく事、土は水はけがいいアルカリ性の土で、水はあげすぎないよう、少し土が乾燥している状態で育てるのが良いでしょう。
また、タイムは、冬の寒さに弱いだけでなく、夏の蒸し暑さにも弱いので、夏場は特に、風通しを気にしてあげるのが良いと言われています。