スペアミント

スペアミントがわかる!その魅力とは

スペアミントの魅力とはなんでしょうか。
スペアミントの魅力は、なんと言っても、その香りです。
スペアミントは、アイスクリームやカクテルなどのトッピングに使われているのですが、葉っぱを擦ると、スースーとした良い香りがするのが特徴です。
スペアミントは、ペパーミントと比べると、香りも優しいので、食用にするのにちょうど良く、リフレッシュ効果も高いのが大きな魅力だと言えるでしょう。
また、スペアミントティーは、消化促進、殺菌効果、発汗作用などがあるので、お腹の調子が悪い時や、風邪予防にも、オススメのハーブだと言われています。
ちなみに、スペアミントは、眠気覚ましにも効果的だそうです。

スペアミントの栄養と効能

スペアミントには、どんな効能があるのでしょうか。
スペアミントは、鎮痛効果、リフレッシュ効果、消化促進作用、殺菌作用があると言われています。
まず、スペアミントは、スッキリとした香りがあるハーブなのですが、このスペアミントの香りをかぐ事で、頭痛や神経痛、筋肉痛などの鎮痛になるそうです。
また、眠気覚ましの為に、ミントのガムを噛む方もいますが、スペアミントの香りも、眠気覚ましやリフレッシュに効果的なので、集中力が欠けている時には、スペアミントのハーブティーを飲むと良いでしょう。
さらに、スペアミントは、殺菌作用、発汗作用があるため、風邪予防、体調回復にも効果的です。

スペアミントのカロリー

スペアミントのカロリーは、どれくらい高いのでしょうか。
生のスペアミントのカロリーは、100gあたり、11カロリーほどだと言われています。
スペアミントは、香り付けの為に使われる事が多く、食用とする場合でも、あまりたくさんの量を食べる物ではないので、その分カロリーも少なめだと言えるでしょう。
また、スペアミントを使ったチューインガムや、水、フリスクなども販売されていますが、こちらは、カロリーが0のものが多いと言われています。
これらの商品に使われているのは、本物のスペアミントではなく、スペアミントの香料なので、合成調味料などを使えば、カロリーゼロになると言えるでしょう。

おいしいスペアミントの見分け方

良いスペアミントは、どうやって見分けたら良いのでしょうか。
スペアミントは、プランターでも、簡単に育てられるハーブの一種ですが、食用、または飾り用にするなら、やはり香りが強い物を選ぶのが良いと言われています。
スペアミントは、アイスクリームやカクテルのトッピングについている事が多く、スッキリした香りが特徴的なので、この香りが弱いと、魅力が半減してしまうのです。
また、スペアミントを育てている場合には、日当りや、水が足りないと、スペアミントの香りが弱くなる事があるので、環境を整えてあげる事が重要だと言えるでしょう。
ちなみに、春夏に比べると、秋冬のスペアミントの方が、香りが弱いそうです。

スペアミントの価格の目安

スペアミントの価格は、いくらぐらいが、目安になるのでしょうか。
スペアミントの価格は、生の状態で20gあたり500円ほどだと言われています。
スペアミントは、スースーとした香りがついているハーブの一種で、エスニック料理のトッピングや、カクテルなどの香り付けに使われる事が多いようです。
また、スペアミントにお湯をそそいで、ハーブティーとして飲む事も出来ますが、妊娠している方は、刺激が強いハーブなので、控えた方が良いと言われています。
ちなみに、スペアミントは、ホームセンターで株ごと帰るだけでなく、ネット上でも、販売されているので、チェックしてみると良いでしょう。

スペアミントの有名産地

スペアミントの産地と言えば、どこでしょうか。
スペアミントの産地として有名なのが、アメリカです。
アメリカでは、チューインガムや歯磨き粉、精油の抽出の為に、スペアミントを大量に生産しており、この生産量は世界一だと言えるでしょう。
また、スペアミントは、国内でも生産されており、大分県や静岡県では、スペアミントを栽培する農家も多いと言われています。
もちろん、最近では、スペアミントを自家栽培する家庭も増えて来ているため、スペアミントの売り上げ自体は、そこまで伸びていないのですが、以前に比べると、日常生活の中でも、スペアミントの商品を使う事が多くなったと言えるでしょう。

スペアミントの種類

スペアミントには、どんな種類があるのでしょうか。
「ミントは、どれも香りが似ている」と思う方もいるのですが、ハーブの中の分類としては異なります。
特に、スペアミントとペパーミントの違いについては、スペアミントの方が、香りが柔らかく甘いもので、ペパーミントの方が、メントール系の香りがします。
その為、ミント味のガムの香料として使われているのは、ペパーミントが多いのですが、効能としては、スペアミントも同じ位、健康への効果が高いですし、ハーブとしての知名度も高いと言えるでしょう。
他にも、ウォータミント、アップルミント、パイナップルミントなどの種類があるそうです。

スペアミントの保存方法

スペアミントは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
スペアミントは、春夏に収穫したものの方が、香りが強いため、年中通してスペアミントを使いたい場合には、乾燥させてから保存するのが良いと言われています。
まず、スペアミントを茎ごと収穫したら、3本ほどを束にして、逆さに向けて、風通しの良い場所で干します。
寒い時期には、日中外で干して、夜間は室内干しにするのが良いと言われており、葉っぱの水分が飛んで、カラカラに乾いたら、その状態で湿気ないように袋にいれて保存するのがいいでしょう。
また、生の葉っぱをリキュール漬けにするのもひとつの方法ですが、この場合には、量を沢山保存するのが難しいと言われています。

スペアミントの食べ方

スペアミントは、どんな食べ方をすれば良いのでしょうか。
スペアミントは、香りが強めのハーブなので、あまり食べるという事はしません。
沢山の量を食べると、逆に刺激が強すぎてお腹を壊してしまう場合もありますし、スペアミントは、香りをかぐだけで、リフレッシュ効果がありますし、眠気覚ましにもなりますから、基本的には、香りを楽しむ物だと言えるでしょう。
ただ、スペアミントは、体にいれる事で、食欲増進、殺菌作用もあるため、食べるよりも、ハーブティーとして、栄養と香りを抽出するのがオススメです。
スペアミントは、他のハーブティーとの相性もいいので、スペアミントの香りが強いのが嫌な方は、ブレンドティーにするのもいいでしょう。

スペアミントの簡単な定番レシピ

スペアミントの定番レシピと言えば、なんでしょうか。
スペアミントは、トッピングなどに使われる他に、ハーブティーとして飲むという方法があります。
簡単なスペアミントティーは、スペアミントの生の葉っぱ30枚ほど、熱湯400ccくらい、ゆず茶小さじ1が材料です。
まず、スペアミントの葉っぱを水で良く洗って汚れを落とし、急須にスペアミントと熱湯を入れてフタをしてから、5分ほど待ちます。
その後、カップに移してから、ゆず茶を入れてかき混ぜれば出来上がりです。
スペアミントは、風邪予防の効果もあるため、体調を壊しやすい時期には、スペアミントティーがオススメだと言えるでしょう。

スペアミントの栽培

スペアミントの栽培は難しいのでしょうか。
スペアミントは、庭に種をまいただけでも、勝手に育つ事があるくらい強いハーブで、プランターで育てる事も出来ます。
初めてハーブを育てる場合には、種から育てるよりも、株分けしたスペアミントの苗から始めてみるのがオススメで、日当りと風通しの良い場所でなら、育ちやすいと言われています。
また、スペアミントは、時期によって香りの強弱も変わる為、春夏の時期の方が、虫を退治する為に、強い香りを出すので、その時期に収穫して、乾燥させてから保存するのも良いでしょう。
秋冬でもスペアミントの収穫は出来ますが、香りは弱く、茎も堅いので、トッピング用には、あまりオススメ出来ません。