唐辛子

唐辛子がわかる!その魅力とは

唐辛子の魅力とはなんでしょうか。
唐辛子の魅力は、その辛味だけでなく、香りとダイエット効果だと言われています。
良質の唐辛子は、ただ辛いだけでなく、唐辛子独特の辛くて、香ばしい香りがすると言われており、この香りが、食欲増進に効果があるそうです。
そして、唐辛子は、一般にも知られているように、食べているうちに体の代謝を良くしてくれる効果があるので、ダイエットにも使える食材だと言われています。
もちろん、唐辛子を食べているだけでなく、運動をすると、ダブルで代謝が活性化するので、ダイエット効果もさらに高くなると言えるでしょう。
唐辛子の魅力は、辛さだけではないと言われています。

唐辛子の栄養と効能

唐辛子には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
唐辛子の栄養分と言えば、カプサイシンです。
唐辛子に含まれるカプサイシンは、胃の粘膜を保護する役割があり、胃痛、胃もたれなどを予防する効果が高いと言われています。
また、カプサイシンは、脂肪分解酵素を活性化させる効果もある為、唐辛子を食べているうちに、汗が出てくるのは、このカプサイシンが体の代謝を良くしてくれている方だと言えるでしょう。
また、唐辛子には、プシエイトというエネルギー代謝を活性化させる栄養分もふくまれているので、その点でも、ダイエット食材として人気が高いと言われています。

唐辛子のカロリー

唐辛子には、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
生の唐辛子の場合、100gあたり、96カロリーあると言われています。
しかし、乾燥させて粉末にした唐辛子の場合には、100gあたり、345カロリーと、かなりカロリーが高くなると言えるでしょう。
ただ、唐辛子は、薬味として使われる事が多いので、1食で使う量は、とても少ないですから、問題ありません。
むしろ、唐辛子は、食べているだけで、新陳代謝を良くしてくれる効果がある為、その点では、ダイエット向きの食材だと言えるでしょう。
とくに、キムチ鍋など、唐辛子を使って、暖かいものを食べると、内側からも体が温まるので、健康にも良いと言われています。

おいしい唐辛子の見分け方

唐辛子のおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
まず、唐辛子は、乾燥させた状態で販売されている事がほとんどなのですが、基本的に、唐辛子の皮にツヤとハリがあるものが良いと言われています。
逆に、唐辛子の皮に傷がついている場合には、中に虫が入っていたり、その部分だけが悪くなっている事が多いので、その点でも、全体に傷などがないものを選ぶのがいいでしょう。
そして、全体に色が均一に入っていると言う事も重要です。
例えば、赤い唐辛子は、真っ赤な物が良いと言われていますが、真っ赤な物は、着色料を入れられている場合もあるので、まんべんなく色が行き渡っていると言うのが、おいしさを見分けるポイントだと言えるでしょう。

唐辛子の価格の目安

唐辛子の価格は、いくらぐらいが目安なのでしょうか。
唐辛子の価格は、販売元によって異なりますが、100gあたり、100円~200円だと言われています。
「唐辛子と言えば、韓国産の唐辛子が良い」と考える方も多いのですが、韓国産の唐辛子は、品質管理があまり良くない場合が多く、韓国の人ですら、韓国産唐辛子よりも、中国産唐辛子を使う事が多いそうです。
その為、日本国内では、韓国産の唐辛子が安く販売されていますが、多少高くても、信頼出来る業者から購入する事が第一だといえるでしょう。
ちなみに、粉になっていない唐辛子は、袋入りで200円ほどで販売される事が多いようです。

唐辛子の有名産地

唐辛子の産地と言えば、どこなのでしょうか。
唐辛子は、日本国内でも栽培されていますが、全体の約8割を中国から輸入していると言われています。
国際的に見ると、中国だけでなく、インドやインドネシア、タイ、メキシコなども、唐辛子の産地として知られており、その種類も多数あると言えるでしょう。
また、国内では、栃木県、長野県、京都府などが、唐辛子の産地として知られており、地方によって、栽培されている品種や、その特徴も異なるので、様々な地域の唐辛子を試してみると良いでしょう。
ちなみに、最近は、韓国からの唐辛子の輸入も増えて来ているそうです。

唐辛子の種類

唐辛子には、どんな種類があるのでしょうか。
唐辛子は、世界中でも、本当にたくさんの種類があるのですが、日本国内で食べられている唐辛子の代表と言えば、鷹の爪です。
鷹の爪は、辛味がとても強い種類の唐辛子で、漬け物や炒め物に使われる事が多いようです。
そして、伏見唐辛子は、辛味が強い品種と、甘みが強い品種の2種類があり、鷹の爪よりも大きく、主に炒め物に使われる事の多い唐辛子だと言われています。
また、八房と呼ばれる唐辛子は、見た目は鷹の爪に似ているのですが、辛味はそこまで強くないと言われており、紅葉おろしの材料に使われる事が多いようです。

唐辛子の保存方法

唐辛子は、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
唐辛子は、乾燥した状態で販売されているので、常温で保存するのも良いと言われています。
基本的に、虫に噛まれる事が少ない野菜でもあるのですが、鮮度が落ちてしまうのを防ぐ為に、ジップロックなどの密閉ビニール袋に入れて保存するのが良いでしょう。
また、唐辛子は、他の食品の虫除け効果もあるので、米びつに唐辛子をひとつ入れておくだけで、お米に虫が入るのを予防してくれると言われています。
ちなみに、粉状の唐辛子も、密閉容器に入れて、湿気が入らないように保管するのが、長期保存には良いと言えるでしょう。

唐辛子の食べ方

唐辛子は、ダイエットに良いと言われていますが、これは、食べれば食べるだけいいのでしょうか。
唐辛子は、刺激の強い薬味ですから、毎日食べる場合には、量に気をつけた方が良いと言われています。
例えば、唐辛子を使ったキムチ鍋や、酢の物などに、唐辛子を一振りする程度なら、体にも良く、風味も良くなるのでオススメですが、生の唐辛子を刻んでいれる場合には、1食につき3分の1本など、量を控えないといけません。
というのも、唐辛子を食べ過ぎると、代謝が良くなり過ぎて、吹き出物が出やすくなったり、刺激のせいで胃腸の負担になってしまいますから、毎日少しずつ食べることが大切なのです。

唐辛子の簡単な定番レシピ

唐辛子を使ったレシピには、どんなものがあるのでしょうか。
唐辛子は、薬味として使われる事が多いのですが、メインで唐辛子を使う場合には、唐辛子スパゲティーがオススメです。
用意する物は、パスタ2人前、粉末唐辛子3g、オリーブオイル適量、塩適量、にんにく適量です。
まず、パスタを好みの堅さより少し堅めに茹でて、その間に、にんにくを刻んで、油をしいたフライパンで炒めます。
そこに粉末唐辛子を入れて、パスタの茹で汁を100ccほど入れて混ぜます。
パスタの水を切って、フライパンに入れてソースと一緒に弱火で炒め、好みの堅さになったら出来上がりです。
さらにお好みで、シーフードなどを加えてもおいしいそうです。

唐辛子の栽培

唐辛子は、家庭菜園でも栽培出来るのでしょうか。
これは、唐辛子の種類によっても異なりますが、ししとうや鷹の爪は比較的、簡単に栽培出来ると言われています。
唐辛子の種まきは、5月の中旬~6月の上旬にかけてで、種をまいたら、水やりだけでなく、雑草を抜くなどの手入れを9月の下旬まで、丁寧に続けた方が良いでしょう。
また、日当りが良すぎる環境も、苗が枯れてしまう事が多いので、日光があまりあたりすぎない場所がベストだと言われています。
唐辛子の収穫時期は、大体8月の上旬~10月の下旬まで続きますが、早めに収穫すると青唐辛子、遅めに収穫すると、熟成した赤唐辛子になるので、それも好みによって変えるのが良いそうです。