万願寺唐辛子

万願寺唐辛子がわかる!その魅力とは

万願寺唐辛子の魅力とはなんでしょうか。
万願寺唐辛子の魅力は、肉厚で、柔らかい甘みがある事だと言われています。
この万願寺唐辛子は、ピーマンと唐辛子の交配種なので、ピーマンのように身が大きく、肉厚なのが特徴で、種も少ない為、食べやすいそうです。
そして、万願寺唐辛子は、青臭さが少なく、食べていると、ふんわりと甘さを感じられるのも、大きな魅力だと言えるでしょう。
さらに、万願寺唐辛子は、調理方法が簡単で、フライパンで焼いて、かつお節を乗せて、醤油をかけて食べるだけでも、とてもおいしいので、その点でも、幅広い世代の方に愛される野菜だと言われています。

万願寺唐辛子の栄養と効能

万願寺唐辛子には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
万願寺唐辛子は、ビタミンCやカロテンが多い野菜として知られています。
ビタミンCは、疲労回復や風邪予防に効果があり、出来るだけ、火を通さない方が、ビタミンCも崩れにくいと言えるでしょう。
そして、万願寺唐辛子に含まれるβカロテンは、抗がん作用があるだけでなく、体内でビタミンAに変わるため、視力維持や、粘膜・皮膚の回復にも、効果が高いと言われています。
さらに、万願寺唐辛子には、ビタミンEも豊富に含まれており、日常的にビタミンEを取る事によって、動脈硬化や脳梗塞などの病気を予防出来るそうです。

万願寺唐辛子のカロリー

万願寺唐辛子には、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
万願寺唐辛子は、100gあたり、96カロリーほどが含まれていると言われています。
唐辛子全般に言えるのですが、唐辛子は、水分量が普通の野菜と比べて少なく、エキスが凝縮している分、カロリー数も、高めだと言えるでしょう。
ただ、万願寺唐辛子は、焼き物にして食べる他に、調味料としても使われており、量を食べる野菜ではありませんから、その点では、カロリーもそこまで気にしなくていいと言われています。
ちなみに、万願寺唐辛子は、体の体脂肪を燃やす栄養素も沢山含まれているので、結果的には、ダイエットにもつながるでしょう。

おいしい万願寺唐辛子の見分け方

万願寺唐辛子のおいしさは、どこで見分ければ良いのでしょうか。
まず、万願寺唐辛子は、唐辛子の中でも、太さがあり、大きい種類なので、全体にある程度の大きさがあるものを選ぶのが良いそうです。
そして、万願寺唐辛子の周りが、鮮やかな緑色をしていて、傷や変色が無い物を選ぶのが良いと言われています。
くすみがあっても、その日の内に食べきってしまえば良いのですが、数日時間が立つと、その分、傷んでいる部分が柔らかくなってしまうので、食べられなくなってしまうのです。
また、万願寺唐辛子の辛味は、見た目では判断出来ないと言われています。

万願寺唐辛子の価格の目安

万願寺唐辛子の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
万願寺唐辛子の価格は、100gあたり、260円~300円ほどだと言われています。
この万願寺唐辛子は、唐辛子の中でも肉厚なので、バーベキューなどに使ってもおいしいですし、調理も簡単なので、夕飯のおかずにするのもオススメです。
万願寺唐辛子は、一般のスーパーでも販売されていますが、価格は、販売先によって異なると言えるでしょう。
ちなみに、1キロなどまとめて購入する場合には、ネットなどを使えば、割安になる事も多いので、機会があれば、こちらも利用してみると良いと言われています。

万願寺唐辛子の有名産地

万願寺唐辛子の産地と言えば、何所なのでしょうか。
万願寺唐辛子は、元々、京都で伏見唐辛子と、カリフォルニア・ワンダーという品種を掛け合わせて作られた唐辛子です。
その配合が行われたのが、万願寺というお寺だったのが由来で、万願寺唐辛子という名前がついているそうです。
現在でも、万願寺唐辛子は、京都を中心に作られており、その他の地域では、静岡県なども挙げられるでしょう。
ちなみに、万願寺唐辛子は、春の京野菜としても登録されており、京都の伝統料理では、欠かせない野菜だと言われています。
京都に行った際には、現地の新鮮な万願寺唐辛子を試してみるのも良いでしょう。

万願寺唐辛子の種類

万願寺唐辛子には、どんな種類があるのでしょうか。
万願寺唐辛子は、伏見唐辛子と、外国のカリフォルニア・ワンダーという品種を交配した種類で、一部には、ピーマンの遺伝子も入っていると言われています。
その為、万願寺唐辛子は、ピーマンのように果肉が分厚いだけでなく、甘みもあるという特徴を持っていると言えるでしょう。
万願寺唐辛子の仲間には、唐辛子や、シシトウガラシなどがあげられますが、味わいとしては、万願寺唐辛子と少し異なり、料理のレパートリーも異なると言われています。
また、万願寺唐辛子は、辛味を見た目で判断する事が出来ないという点では、シシトウガラシに近いと言えるでしょう。

万願寺唐辛子の保存方法

万願寺唐辛子は、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
万願寺唐辛子は、購入後に冷蔵庫で保管するのが良いと言われています。
保管出来るのは、大体5日ほどで、その日にちを過ぎると、一部が腐りはじめたり、しなしなになる事が多くなるので、注意しましょう。
ただ、万願寺唐辛子は、肉厚な所が魅力なので、鮮度の良いうちに食べきってしまうのが、一番おいしいですし、食感も楽しめると言われています。
また、少し傷んでしまった場合でも、焼いてしまえば、ある程度はカバー出来るので、調理法などで工夫してみるのも、ひとつの方法だと言えるでしょう。

万願寺唐辛子の食べ方

万願寺唐辛子に下準備などは必要なのでしょうか。
万願寺唐辛子は、焼いて食べられる事が多いのですが、丸ごと焼く場合には、先に竹串などで、万願寺唐辛子にいくつか穴を開けておいた方が良いと言われています。
これは、熱が加わると、万願寺唐辛子が膨張して、破裂するのを防ぐ為で、バーベキューに万願寺唐辛子を使う時にも、やっておくと良いでしょう。
また、万願寺唐辛子の種は、食べられますが、一般的には、種の部分だけ取り除く方が多いようです。
万願寺唐辛子は、普通の唐辛子と違って、甘みが強い唐辛子ですから、本来の味を楽しむ為には、いくつかのポイントを抑えておく事が大切だと言えるでしょう。

万願寺唐辛子の簡単な定番レシピ

万願寺唐辛子は、どんな風に調理すれば良いのでしょうか。
万願寺唐辛子は、肉厚で甘みもある野菜なので、様々な料理に応用が利くと言われています。
例えば、万願寺唐辛子の焼きびたしを作る場合には、万願寺唐辛子100g、薄あげ3分の1枚、醤油大さじ2、生絞りごま油大さじ2の材料を用意します。
そして、万願寺唐辛子の所々に竹串で穴をあけてから、薄上げを熱湯で油抜きして、万願寺唐辛子と一緒に、オーブントースターで焼き色がつくまで焼きます。
そこに、生絞りごま油と醤油を合わせて、15分ほど漬け込んだら出来上がりです。
とても少ない材料で、簡単に出来るので、即席おつまみにもオススメのレシピです。

万願寺唐辛子の栽培

万願寺唐辛子は、家庭菜園でも栽培出来るのでしょうか。
万願寺唐辛子の種や、苗はホームセンターなどで販売されており、地植え出来る環境があれば、栽培する事も可能です。
万願寺唐辛子の苗から作る場合には、植え付けを5月の中旬から始めて、1ヶ月ほど立つと、葉も伸びてくるので、2ヶ月目にさらに大きくなったら、支柱を立ててあげると良いでしょう。
万願寺唐辛子は、水と肥料をたっぷりあげて、沢山日を浴びる事が大切なので、暑い夏の方が、収穫量も多いと言われています。
また、最初は、あまり実が大きく育たないため、数年かけて、栽培してみると良いでしょう。