フジマメ

フジマメがわかる!その魅力とは

フジマメの魅力とはなんでしょうか。
フジマメの魅力は、実が柔らかいため食べやすく、栄養分も優れている事だと言われています。
まず、フジマメは、千石豆、味豆とも呼ばれる事のある豆の品種で、昔から食用として幅広く使われてきました。
このフジマメには、ほのかな香りがあるだけでなく、実も柔らかい為、とても食べやすいのが特徴で、和え物や天ぷらにするのにも、よく合っていると言われています。
そして、フジマメには、カリウムや食物繊維、葉酸なども豊富に含まれており、高血圧や動脈硬化の予防から、便秘解消、貧血予防など、沢山の効能もあるのが、大きな魅力だと言えるでしょう。

フジマメの栄養と効能

フジマメには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
フジマメは、豆類の中でも、特に食物繊維が多いマメだと言われています。
食物繊維を沢山摂ると、腸の働きを助けてくれますから、その結果、便秘解消などにもつながると言えるでしょう。
また、フジマメには、カリウムも沢山含まれており、動脈硬化や高血圧、脳梗塞などの病気の予防に効果があると言われています。
さらに、フジマメには、血液を作り出すのに重要な葉酸も含まれていますから、生理中、妊娠中の女性は、特に沢山食べた方が良いでしょう。
ちなみに、フジマメに含まれるナイアシンは、口内炎、皮膚炎、神経症状などを予防する効果が高いと言われています。

フジマメのカロリー

フジマメのカロリーは、どれくらい高いのでしょうか。
フジマメには、100gあたり、100カロリーほどが含まれています。
豆類は、野菜の中でも、比較的カロリーが高いのですが、フジマメは、その中でもカロリーが低い、ヘルシーな食材で、栄養分も豊富だと言えるでしょう。
ただ、フジマメの調理法は、和え物にしたり、天ぷらにする事が多く、調理法によっては、カロリーも高めになると言われています。
また、ご飯と一緒に炊き込む場合でも、ご飯のカロリーも一緒に加算される為、その分、カロリーは上がります。
しかし、フジマメは、カリウムや食物繊維、葉酸などを沢山含んでいる健康食材なので、日常的に少しずつ食べるのをおすすめします。

フジマメのおいしい見方分け

フジマメは、どんな風においしさを見分ける事が出来るのでしょうか。
フジマメは、日本国内での生産量があまり多くないため、フジマメの生産で有名な産地で選ぶと言う方法があります。
フジマメの産地は、富山県の小杉町という所で、ハウス栽培なども行われていますが、フジマメの質が高く、香りもとても良い仕上がりになっているそうです。
そして、フジマメは、殻付きの豆なので、殻に変色している部分がないかを見る事も大切だと言われています。
緑色のサヤは、ぶつけたり、傷がつくと、茶色く変色してしまうので、そのような場合には、そこの部分だけ取り除いた方が良いでしょう。

フジマメの価格の目安

フジマメの価格は、いくらぐらいが目安なのでしょうか。
フジマメの価格は、200gあたり、400円ほどだと言われています。
フジマメは、別名「千石豆(せんごくまめ)」と呼ばれており、フジマメよりも、千石豆という名前で販売されている事が多いと言えるでしょう。
このフジマメの販売は、スーパーなどでもされていますが、最近は、豆の種類を沢山揃えているお店が少ないため、ネット通販で購入する方も増えて来ています。
まとめ買いするなら、まだお得ですが、ネットでフジマメを購入する場合には、本体の価格の他に送料がかかりますから、その分、若干価格が高くなると言えるでしょう。

フジマメの有名産地

フジマメの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
フジマメの産地は、全国にもいくつかありますが、その中でも、富山県の小杉町では、生産量が年間5000トンととても多いと言われています。
この地域では、フジマメではなく、「千石豆」と呼ばれる事が多く、6月中旬~11月上旬まで収穫が行われているそうです。
しかし、フジマメには白花千石という品種があり、これは愛知県で多く育てられている品種です。
白花千石は、香りが良く、食べた時の食感も柔らかい為、高級なフジマメといわれていますが、その分、価格も若干高くなり、希少価値も高いと言われています。

フジマメの種類

フジマメには、他にも種類があるのでしょうか。
フジマメは、地方によって、千石豆(せんごくまめ)、味豆(あじまめ)などと呼ばれる事があるのですが、これは、全てフジマメの事を指しています。
また、関西では、フジマメの事をインゲン豆と呼ぶ場合もあるのですが、実際には、インゲン豆とフジマメは、まったく別の品種だと言えるでしょう。
フジマメは、熟成すると紫色になるのですが、日本国内で食用とされているのは、主にフジマメの若いサヤなので、色も緑色だと言われています。
ちなみに、フジマメの品種は、緑大莢、芭蕉成、紫莢、白花千石などがあり、特に、白花千石の品種は、ほのかな香りがあり、実も柔らかいのが特徴です。

フジマメの保存方法

フジマメは、長期保存も出来る豆なのでしょうか。
これは、方法によって異なります。
まず、フジマメは、サヤ付きで販売されている為、乾燥には強い方だと言われていますが、生の状態で長く保存しようとすると、風味が落ちてしまう事が多いと言われています。
香りと柔らかさが魅力のフジマメですから、その点では、早めに食べきってしまった方が良いでしょう。
また保存は冷蔵庫でも良いのですが、もしすぐに使いきれない場合には、フジマメを堅めに茹でてから冷凍するのもオススメです。
冷凍すれば、3ヶ月ほどは持ちますから、小さな袋などに入れて、使う時に解凍するのが良いでしょう。

フジマメの食べ方

フジマメは、調理が難しい食材なのでしょうか。
フジマメは、豆類のひとつですが、比較的調理は簡単だと言われています。
一般的に、豆を調理する時は、水に戻したり、ゆっくりと煮込んで柔らかくする必要がありますが、フジマメは、薄い豆なので、茹で時間も3分~5分ほどで十分です。
ただ、食べやすいように、茹でる前に、フジマメのスジを取っておく必要がありますが、それ以外に下準備は必要ありません。
フジマメは、和え物や天ぷらとして食べられる事が多く、茹でてからサラダのトッピングに加えてもおいしいと言えるでしょう。
地域によっては、あまり簡単に手に入らないフジマメですが、その食べ方は意外とシンプルなのです。

フジマメの簡単な定番レシピ

フジマメの定番レシピとはなんでしょうか。
比較的簡単なフジマメの定番レシピと言えば、フジマメのゴマ和えです。
材料は、フジマメ100g、塩少々、練りゴマ(醤油)のみで、下準備として、フジマメの筋を取ってから水で洗っておきます。
鍋にお湯と塩を入れて、フジマメを3分ほど茹でます。
ただ、この茹で時間は、フジマメの大きさによって異なるため、竹串が通る位に柔らかくなるまで、というのを目安にしましょう。
フジマメは、ざるに広げて冷ましてから、練りゴマと合えれば出来上がりです。
和え物にする事で、フジマメの香りも十分楽しめるので、新鮮なフジマメが手に入ったら、挑戦してみましょう。

フジマメの栽培

フジマメは、家庭菜園でも作れるのでしょうか。
フジマメは、乾燥にも強い野菜のひとつなので、家庭菜園を始めたばかりの方でも、育てやすい野菜だと言われています。
フジマメを上手に育てるポイントは、植え付けの前に堆肥などをして、土を柔らかく耕しておく事、そして、種まきはポット鉢などで行い、苗が出来てから地植えする事だと言えるでしょう。
種まきの時期は2月下旬頃で、4月~5月には、植え付けが出来るようになります。
さらに大きくなってくると、ツルもどんどん伸びるので、支柱を立てる必要もあるでしょう。
収穫時期は、6月中旬~11月と長く、サヤの大きさが10センチほどになったら収穫出来ると言われています。