枝豆

枝豆がわかる!その魅力とは

枝豆の魅力とは、なんでしょうか。
枝豆の魅力は、味がシンプルで、どんな方にでも食べやすい事だと言われています。
枝豆は、マメのひとつですが、味にクセが少ないため、お子様からお年寄りまで、幅広い世代の方に食べられている食材です。
塩ゆでなら、調理もとても簡単ですし、即席のおつまみにもなる上、少し工夫をして、料理の中に具材として盛り込むなど、応用も利くと言えるでしょう。
また、枝豆には、高血圧、心筋梗塞、動脈硬化、貧血などを予防する効果があり、健康に良いとされる大豆イソフラボンも豊富に含んでいるため、おいしく食べられる健康食材だと言われています。

枝豆の栄養と効能

枝豆には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
枝豆は、マメ科ダイズ属の野菜なので、栄養価が高いと言われています。
枝豆には、カリウム、葉酸、食物繊維が豊富に含まれているため、動脈硬化、心筋梗塞、高血圧、貧血などの予防にも効果的ですし、食物繊維の効果で、便秘解消の手助けになる事もあると言えるでしょう。
また、枝豆には、メリオニンというアミノ酸が含まれており、このメリオニンは、アルコールの分解を助けるため、おつまみとして枝豆を食べる事は、二日酔い対策にも、効果があると言われています。
お酒に合わせるおつまみ一品でも、枝豆を食べる意味があると言えるでしょう。

枝豆のカロリー

枝豆には、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
枝豆は、野菜の中でも、比較的カロリーが高めの野菜だと言われています。
枝豆のカロリーは、100g135カロリーほどで、普通の葉もの野菜は、同じ量でも20カロリーほどですから、どのくらいカロリーが高いかが、よくわかるでしょう。
しかし、枝豆のような豆類は、栄養素が高い分、カロリーが多い傾向があると言われています。
枝豆には、カリウム、マグネシウム、鉄、タンパク質、葉酸などが豊富に含まれていますから、ある程度のカロリーは仕方ないと言えるでしょう。
また、枝豆は、塩をかけて食べる事が多いのですが、塩分の摂りすぎにも注意した方が良いと言われています。

おいしい枝豆の見分け方

枝豆のおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
まず、枝豆というと、袋に入って売っている事が多いのですが、野菜の直売所では、枝についた状態で、販売されている事がほとんどです。
枝についている分、鮮度は袋入りの枝豆よりかも良いですし、いくつかのポイントを抑えておけば、甘くておいしい枝豆を見分けられると言われています。
おいしい枝豆は、全体に栄養が行き届いているため、枝についているサヤの数が多いと言えるでしょう。
そして、節と節の感覚が狭い方が、おいしいと言われています。
逆に、枝豆のサヤが枯れている場合や、サヤの色が変色している場合には、鮮度が落ちている事が多いので、避けた方が良いでしょう。

枝豆の価格の目安

枝豆の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
これは、枝豆の種類によっても異なります。
一般的な、枝豆の価格は、300gで200円ほどだと言われていますが、野菜の直売所では、茎についた状態の大量の枝豆を、300円ほどで購入する事も出来るでしょう。
もちろん、その場合には、枝豆を茎から取って洗う作業が必要になりますが、量は多いので、お買い得だと言われています。
そして、最近人気の高いだだちゃマメという種類の枝豆は、甘みが強く、味が濃いため、高級な枝豆として知られており、価格も普通の枝豆の2倍程度高いので、300gあたり500円ほどになると言えるでしょう。

枝豆の有名産地

枝豆の産地は、どこが有名なのでしょうか。
枝豆は、全国でも様々な地域で栽培されている野菜ですが、一番枝豆の収穫量が多いのは千葉県だと言われています。
その次が、北海道、埼玉県と続くのですが、そこまで栽培量に大きな差はないと言えるでしょう。
また、最近では、山形県のだだちゃまめが人気ですが、全国の収穫量から言うと、山形県の枝豆収穫量は、5位なので、多くないのも、価格が高い要因だと言われています。
ちなみに、枝豆の原産地は中国で、6月から9月の枝豆シーズンでは、現在でも、国内産枝豆だけでなく、中国からの輸入枝豆が多いと言えるでしょう。

枝豆の種類

枝豆には、どんな種類があるのでしょうか。
枝豆は、ダイズ属の野菜なのですが、枝豆と同じ種類と言えるのは、3種類ほどです。
私が普段食べている枝豆は、全体が緑色で、塩ゆでとして食べられる種類です。
この枝豆の中には、玉すだれ、サッポロミドリなどの品種がありますが、基本的な特徴としては、それほど変わらないと言えるでしょう。
そして、最近人気を集めているのが、茶豆と呼ばれる種類で、「だだちゃ豆」と呼ばれています。
こちらは、甘みが強いという特徴があり、価格も普通の枝豆の2倍ほど高いと言えるでしょう。
また、おせち料理に使われる黒豆も、枝豆の一種だと言われています。

枝豆の保存方法

枝豆は、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
まず、スーパーなどで販売されている袋入りの枝豆は、茹でた状態で冷凍されている事が多いので、冷凍庫で保存して、食べる前にレンジなどで温めればいいそうです。
しかし、枝にサヤがついている状態で販売されている枝豆の場合には、時間が経つと、どんどん鮮度が落ちて行ってしまうため、購入後は、早めに塩ゆでしてしまった方が良いでしょう。
塩ゆでした後は、そのまま冷凍しても良いですが、生の状態のまま保存しようとすると、全体が枯れてしまうので、注意が必要です。
ちなみに、冷凍しない場合には、翌日までには、食べきった方が良いと言われています。

枝豆の食べ方

枝豆を枝ごと購入した場合には、どんな風に食べれば良いのでしょうか。
野菜の直売所では、枝豆を枝ごと販売している所も多く、枝付きで販売した方が、鮮度も高く保たれると言われています。
購入後は、料理用ハサミなどを使って、枝豆のサヤをいっぽんいっぽん枝から切り取って、土が残らないように良く洗います。
枝から外してしまえば、一般の枝豆と同じなので、出来るだけ早く茹でてしまった方が良いでしょう。
生のまま保存しようとすると、身がカサカサになってしまうので、保存の場合にも、まず軽く茹でてから冷凍庫で保存して、必要な時に解凍する方法が、一番良いと言われています。

枝豆の簡単な定番レシピ

枝豆の簡単レシピには、どんな種類があるのでしょうか。
枝豆と言えば、塩ゆでで食べられる事が多いのですが、一人暮らしの場合には、塩ゆででも、枝豆が食べきれない事もありますし、飽きてしまう事が多いと言われています。
その為、沢山、枝豆が手に入った場合には、枝豆ご飯にして食べると言う方も多いそうです。
枝豆ごはんの材料は、3~4人前で、お米2合、枝豆(豆のみ)お茶碗一杯分、だし昆布一枚、塩小さじ1杯弱、お酒大さじ1杯で、枝豆は、塩ゆでしてサヤを取ってから、洗ったお米と水、昆布、塩、酒が入った炊飯器に入れて、一緒に焚けば出来上がりです。
枝豆ごはんは、枝豆の甘みが引き立っておいしいと言われています。

枝豆の栽培

枝豆は、家庭菜園でも、栽培出来るのでしょうか。
栽培出来る場所が小さいと、収穫量も減ってしまいますが、枝豆は、家庭菜園の野菜の中でも、人気がたかいと言われています。
枝豆を7月の時期に収穫する為には、4月の中旬~5月中旬までに種まきをして、水をたっぷりあげて、雑草などを取っていれば、初めての方でも収穫出来るでしょう。
ただ、枝豆を栽培する時は、肥料をあげすぎると、実がつきにくくなるという傾向があるので、肥料はあげなくても良いと覚えておいた方が良いでしょう。
ちなみに、収穫のタイミングは、サヤのひとつを指で押してみた時に、中の豆が出てきたら収穫出来るという事もポイントです。