ホヤ

ホヤの魅力

ホヤの魅力とは何でしょうか。

ホヤは甘みと潮の香りが強い魚介類の1つで、好きな人と嫌いな人が大きく分かれると言われています。

ホヤの見た目は少しグロテスクで、東北を除く他の地域ではあまり消費されていないため、初めて試すのは少し勇気がいりますが、食べてみたら意外と潮の香りが気に入ってしまう人も多いと言えるでしょう。

また、調理法によっては、潮の香りが気にならなくなる場合もあるので、酒蒸しや酢の物にしてみるのもオススメです。

ちなみに、ホヤには鉄分や亜鉛が豊富に含まれているため、貧血症や妊娠中の方が多く摂取すると良いと言われています。

ホヤの栄養と効能

ホヤには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。

ホヤには、豊富な鉄分、亜鉛、ビタミンC、ミネラル分などが含まれている為、貧血予防、動脈硬化予防、皮膚の健康維持などに効果があると言われています。

もちろん、ホヤの刺身などで少量食べるだけで、すぐに効果が表れるということではありませんが、日常的に消費する魚介類メニューにホヤを加えるのはオススメです。

また、亜鉛が不足すると、生理不順や精機能障害などになりやすいため、ホヤのおいしい時期にはたくさんまとめて消費するのも良いでしょう。

ちなみに、ホヤには、塩分が多く含まれているため、レモンをかけて塩分を抑えるのがいいそうです。

ホヤのカロリー

ホヤには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。

ホヤには、100gあたり30カロリーほどが含まれています。

1つのホヤは300gほどですが、可食部はそれよりも小さく、おつまみとして一人前にしたものは60gほどでカロリーも18カロリーと低いと言えるでしょう。

ただ、ホヤには、豊富な亜鉛や鉄が含まれているため、貧血症や妊娠中の人にはオススメの食材です。

見た目には少し抵抗がある場合も多いのですが、一度食べてみると、そのおいしさに魅力されてしまう人も多いと言われています。

ちなみに、ホヤは茹でホヤ、酢の物、酒蒸しなどにするのがオススメです。

おいしいホヤの見分け方

おいしいホヤは、どこで見分けたら良いのでしょうか。

ホヤは、イボイボの殻が付いている業界類の一種で、少し変わった形をしているため、見た目でおいしさを見分けるのは難しいと言われています。

もちろん、鮮度が落ちているホヤの場合には、生臭さを感じる事もありますし、身が変色するため、刺身カットされている商品の場合には、見た目で鮮度なども見分けやすくなると言えるでしょう。

ただ、ネットなどでホヤを購入する場合には、実際の商品を見られないため、産地(東北産、北海道産など)で選ぶのが賢明です。

ちなみに、天然のホヤは北海道産がほとんどですが、ネットや一般のスーパーでは扱われていない事が多いと言われています。

ホヤの価格の目安

ホヤの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。

これはホヤを購入する地域によって異なり、ホヤの収穫量が多い地域では、1つあたり100円程度で販売されている事もよくありますし、ネットでは、1キロあたり2000円ほどで購入する事も可能です。

また、殻付きのホヤの他にも、刺身にカットされたホヤや、ホヤの塩辛など、すでに加工されている商品も多く、ホヤの塩辛の価格は、500gあたり2000円~2500円ほどになる場合が多いようです。

ホヤは新鮮なものを自宅でさばいて料理するのが一番で、ネットなどを使えば、産地直送の商品も簡単に注文できると言われています。

ホヤの有名産地

ホヤの産地としてはどこが有名なのでしょうか。

これは、ホヤの種類によって異なります。

一般的に食用とされているホヤは、マボヤとアカボヤの2種類で、マボヤは牡鹿半島、東北地方が多く、アカボヤは北海道で漁獲されています。

その為、他の地方に比べると、ホヤの消費量が東北では多いそうです。

ただ、マボヤの場合には、全国各地で養殖もされており、漁期は4月から8月にかけて、特に5月以降のホヤは風味も高いと言われており、ホヤは冬場にも漁獲され、夏漁獲のものに比べると甘みとうま味が強いそうです。

ちなみに、北海道ではホヤの魅力を知るためのバスツアーなどもあると言われています。

ホヤの種類

ホヤとは、どんな種類の食べ物なのでしょうか。

ホヤは「ホヤ貝」と呼ばれる事もある魚介類の1つですが、実際には貝ではなく、ホヤ目の一種です。

ホヤの仲間としては、日本だけでも10種類以上居ると言われていますが、食用とされているのは、マボヤとアカボヤの二種類です。

マボヤは全国に分布していますが、特に東北地方での収穫量が多く、養殖も広く行われています。

また、アカボヤは北海道を中心に生息している種類で天然品がほとんどだと言えるでしょう。

見た目は少しグロテスクに見えるホヤですが、食べてみると意外にはまってしまう人も多いので、一度試してみるのもいいかもしれません。

ホヤの保存方法

ホヤは、鮮度が落ちてくると、臭みが強くなってくるので、出来るだけ鮮度を保つように保存する必要があります。

まず、ホヤをさばく時には、殻の突起部分を切り落として、海水を抜いてから身をさばくのですが、この海水は冷凍する場合に一緒に使えるので、ボウルなどに入れて捨てないようにしましょう。

冷凍する時には、身を切ってから真空状態に出来るジップロックなどに、海水と一緒にいれて、出来るだけ空気を抜いてから冷凍庫で保存しましょう。

冷凍する事で、身が変色してしまうのは仕方がありませんが、味には大きな差が無い場合も多いので、あまり気にする必要は無いそうです。

ホヤの食べ方

ホヤには、どんな食べ方があるのでしょうか。

ホヤは、あまり一般家庭で調理される事が少ない食材かもしれませんが、実際には、簡単な調理法がたくさんある食材なのです。

定番のホヤの酢の物、ホヤの酒蒸し、茹でホヤだけでなく、キムチと和えても相性が良いと言われています。

また、おつまみとして、ホヤのむき身をシソで巻いてもおいしいですし、ホヤのオイル漬けもお酒とよく合うと言えるでしょう。

ホヤの魅力は、なんと言っても調理時間が短く、すぐ料理が出来上がる事ですから、即席のおかずやおつまみとしてもオススメです。

ちなみに、ホヤは火を通しすぎると固くなってしまうので、調理時間を長くしすぎない事が重要です。

ホヤの簡単な定番レシピ

ホヤには、どんなレシピがあるのでしょうか。

ホヤを簡単に調理するなら、ホヤの酒蒸しがオススメです。

材料は、殻付きホヤ3個、酒100cc、レモン適量で、まずは、殻付きのホヤの上部の突起を切り落として、中に入っている海水を絞り出します。

ホヤの身はオレンジ色をしている部分で、内蔵部分などは取り除いて綺麗に洗い、ホヤを四等分に切ってから、殻を下にしてフライパンに並べ、酒を流し入れます。

蓋をして3分から5分ほど酒蒸しにして、殻を下にした状態でお皿に盛りつけ、お好みでレモンをかけたら出来上がりです。

出来立てのホヤの酒蒸しはジューシーで甘みも強いので、市販のものよりおいしいと言われています。

ホヤの獲り方

ホヤの漁は、どんな風に行われるのでしょうか。

天然ホヤは、漁師の潜水によって行われており、「南部潜り」と呼ばれる漁は、入り組んだ地形にも対応できるよう、長時間の潜水が求められると言われています。

南部潜りによるホヤ漁は、漁の時間と手間がかかるだけでなく、漁師の危険も大きいため、全国の名人の数も少ないと言われています。

新鮮な天然ホヤが食べられる地域は全国でも限られており、価格も養殖のものに比べると割高になると言えるでしょう。

ちなみに、ホヤの収穫量が多い北海道では、ホヤ漁を体験ツアーなどを行っている養殖場もあるそうです。