黒豆

黒豆の魅力

黒豆の魅力とは何でしょうか。

黒豆の魅力は、豊富な栄養分と甘みのつよい風味だと言えるでしょう。

黒豆は、大豆の一種で、その黒い色素には、血液をサラサラにするアントシアニンが豊富に含まれています。

また、腸内環境を整えてくれるオリゴ糖や、若返り効果のある大豆イソフラボンなども含まれているため、少し食べるだけでも体にいいのが大きな魅力です。

さらに、黒豆はスイーツの具材として使われるほど、強い甘みがありますから、煮物料理だけでなく、様々なレシピに応用がきくのも魅力だと言えるでしょう。

ちなみに、黒豆を使った簡単なレシピは沢山あるので、ネットで調べてみるのがオススメです。

黒豆の栄養と効能

黒豆には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。

黒豆の黒い色素には、豊富なアントシアニンが含まれています。

このアントシアニンは、ブルーベリーにも豊富に含まれている栄養分の事で、眼精疲労や視力アップに効果が高いだけでなく、アンチエイジングや血液をサラサラにする効果も高いと言われています。

また、黒豆に含まれるイソフラボンは、更年期障害や骨粗しょう症の予防にも効果があるといえるでしょう。

他にも、黒豆には血圧上昇抑制、コレステロール調整、疲労回復、ボケ予防に効果のある栄養分が含まれているため、毎日少しずつ食べる事で、体にも様々な効能が表れると言われています。

黒豆のカロリー

黒豆には、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。

これは調理方法などによって異なりますが、煮込んで味付けをしてある黒豆の場合には、100gあたり188カロリーから250カロリーほどが含まれています。

味付け黒豆の場合には、砂糖が多く加えられているカロリーも高くなりますが、小鉢で食べる場合には、1人前30g(63カロリー)ほどなので、驚くほどカロリーが高いというわけでもないようです。

また、黒豆には、豊富な栄養分がたくさん含まれていますから、少量を食べるだけでも美肌効果、骨強化、血液サラサラなど色々な効能がありますし、ダイエット中の人でも、少量食べる分には問題ないと言えるでしょう。

おいしい黒豆の見分け方

黒豆のおいしさはどこで見分けたら良いのでしょうか。

黒豆には、乾燥タイプと調理済みのタイプがあり、どちらも皮が黒いため見た目ではおいしさの違いが分かりにくいと言われています。

ただ黒豆の専門業者では、乾燥した黒豆を選ぶ時に、豆に傷がついていない、形が整っている、豆が大きすぎない、変色していないなどをチェックするのが一般的だと言えるでしょう。

もちろん、すでに煮てある黒豆の場合には、皮にシワがよらないように常に煮汁につけておくなど、様々な工夫がされていますし、賞味期限を過ぎて豆から異臭がしない限りは、とくに食べても問題ないと言われています。

黒豆の価格の目安

黒豆は、いくらぐらいで購入できるものなのでしょうか。

乾燥した黒豆の価格は、1キロあたり600円~1500円ほどと大きな差があります。

この価格の差は生産地によって異なり、生産量が多い北海道の黒豆は、価格も比較的安いと言われています。

また、黒豆の産地として有名な兵庫県の丹波市では、収穫時期の秋になると、露店が並ぶほど、黒豆の販売が盛んになり、料金も普通のスーパーで購入するよりは3割ほど安くなるそうです。

すでに調理されている黒豆の場合には、真空パックで販売されている事がほとんどで、1パック200gあたり、350円~400円ほどが価格の目安になると言われています。

黒豆の有名産地

黒豆の産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。

黒豆の産地としては兵庫県の丹波市が有名で、黒豆の広告でも「丹波の黒豆」と言う風に、有名産地として表示される事が多いようです。

丹波市では秋になると、黒豆の露店が並び、価格も違う地方で買うよりも安く、味も格別においしいと言えるでしょう。

もちろん、スーパーでも、丹波産の黒豆を購入する事は出来るのですが、鮮度の面から見ても、少し味が劣りますし、価格も割高になると言われています。

また、黒豆というと煮物として食べる事が多いのですが、サラダにしたり、炊き込みご飯にしてもおいしいので、たくさん手に入った時には、色々なレシピを試してみるのが良いでしょう。

黒豆の種類

栄養価が高い事で知られている黒豆は、その名の通り、表面の皮が黒い大豆の事です。

黒豆が大豆の一種という事を知らない人も多いのですが、大豆には、黒豆の他に青大豆、赤大豆などの種類があります。

黒豆は、日本に武士がいた時代から食べられていた食材の1つで、美肌効果、血液サラサラ効果、老化防止効果など、様々な効能も知られていたと言えるでしょう。

黒豆は甘みも強いため、子供からお年寄りまで食べやすい食材ですし、仕事に精を出せるようにという願いを込めておせち料理にも使われています。

黒豆料理というと難しいと考える人も多いのですが、すでに調理済みの煮豆としても販売されているので、日常的に摂取するのがオススメです。

黒豆の保存方法

乾燥黒豆は、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。

乾燥黒豆の賞味期限は、収穫から半年程度と言われていますが、虫に食われていたり、カビが生えていなければ、1年ほどは保存できると言われています。

乾燥黒豆は湿気が苦手なので、保存する場合には、通気性の良い紙袋に入れて、冷蔵庫に保存するか、タッパーや瓶など湿気が入りにくい入れ物で保存するのが良いそうです。

また、水に戻した黒豆は、3日ほどで食べきれるのがベストですが、すぐに消費できない場合には、冷凍保存しておくのが良いでしょう。

ちなみに、冷凍した黒豆を解凍する時には、自然解凍をすると、おいしさや食感が失われにくいと言われています。

黒豆の食べ方

黒豆には、どんな食べ方があるのでしょうか。

黒豆と言えば、煮豆として食べるのが一般的ですが、その他にも、ビーンズサラダや、ポタージュスープ、かき揚げ、炊き込みごはんなど様々な調理法があります。

また、デザートの材料として使うなら、黒豆アイスもスイーツショップでは人気がありますし、黒豆と抹茶のケーキパフェや、黒豆のパウンドケーキもオススメです。

黒豆は、豆類の中でも特に甘みが強いため、どんな料理に使っても馴染みやすいですし、小さなお子様でも抵抗なく食べられるのが魅力だと言えるでしょう。

ちなみに、自宅で調理する時は、すでに煮てある市販の黒豆を使うと楽だと言われています。

黒豆の簡単な定番レシピ

簡単でおいしい黒豆のレシピと言えば、黒豆の炊き込みご飯です。

材料は、お米一合、乾燥黒豆大さじ3、水適量(柔らかめが好きな方は多め)、塩小さじ2分の1です。

まずは、黒豆を温めたフライパンに入れて、黒豆の皮に裂け目が出始めるまで、弱火で数分炒り、火を止めてフライパンにおいたまま冷やします。

お米をといで、水につけておき、先ほど炒った黒豆をお米の釜に加えて、そのまま炊き込みます。

炊きあがったら、全体を混ぜ合わせて、少しずつ塩を足して味を整えたら出来上がりです。

黒豆の香ばしい香りが簡単に楽しめるレシピですから、あまり黒豆の調理をした事がない人にもオススメだと言えるでしょう。

黒豆の栽培

黒豆を栽培する場合には、種子を150gから200g、うね幅100センチから120センチ、株間40センチから50センチほどを用意します。

黒豆は、排水不良で苗が育たなくなってしまうため、排水溝を作るのも重要だと言われています。

まずはセルトレーの穴に1つずつ黒豆の種を1センチほど入れて、土をかけて軽く抑えておき、芽が出るまでは、湿らせた新聞紙をかけて乾燥を防ぎましょう。

水やりは朝と昼の2回ほどで、水はけはよくする必要がありますが、常に土が乾かないように栽培するのが大切だと言えるでしょう。

黒豆は、初めての人でも育てやすいですが、黒豆を育てた土は数年しないと他の野菜に使えないため、場所選びも重要だと言われています。