ひまわりの種

ひまわりの種がわかる!その魅力とは

ひまわりの種の魅力って何でしょう。
ひまわりの種って、食べ始めは「味が薄いかな?」と思っていたはずなのに、食べているうちに目の前の殻が山積みになっていた、なんて事もよくあります。
あのシンプルな味こそ、次の種に食べ進ませてしまう魅力を含んでいるのかもしれません。
それだけでなく、ひまわりの種には葉酸や、ビタミンE、鉄分、カルシウムなどが豊富に含まれているため、生活習慣病を防ぎ、貧血や、高血圧を抑えてくれる効果があるのだそうです。
アメリカのあるデータによると、ひまわりの種は鬱防止に効果があると言われているのだとか。
しかし、同時にひまわりの種には、ひまわり油が摂れるほど沢山の脂質が含まれているため、食べ過ぎには要注意です。

ひまわりの種の栄養と効能

ひまわりには、「国際ひまわり協会」なるものが有るのをご存知でしょうか。
国際ひまわり協会では、世界のひまわりの生産や出輸入、研究などが行われています。
そのひまわりの研究の中で、ひまわりの種には豊富な栄養分が含まれている事が明らかになりました。
ひまわりの種には、貧血や冷え性、細胞の老化などを防ぐ効能が有るそうです。
とくに女性が抱えがちなこれらの問題を、ひまわりで解決する事が出来るのです。
さらには、動脈硬化、感染症の防止など、免疫力を上げる効果もあるのだとか。
特にアメリカでは、ひまわりの栄養成分が広く知られているため、毎日大さじスプーンのひまわりの種を摂取するのが勧められているのだそうです。

おいしいひまわりの種の見分け方

ひまわりの種は、白と黒の殻に守られているため、外から見ただけでは、おいしいかどうかの見分けがつきにくいのが特徴です。
しかし、殻を割ってみると中が空っぽだったり、身が黒く変色していたりする事があるので、その実は食べない方が良いでしょう。
では、美味しいひまわりの種がどんな種かというと、種全体にふくらみがあり、表面にハリが有るもの、そして色が真っ白でツヤが感じられるものです。
数あるひまわりの種の中で、こんなパーフェクトなひまわりの種は、それに気付く前に食べてしまいがちですが、ひまわりの種は基本的に傷んでいる事が少ないので、あまり細かい事を気にせず食べる事が出来ます。

ひまわりの種の価格の目安

ひまわりの種って、ハムスターや、モルモットが食べる物だと思っていませんか。
もちろん、ひまわりの種は、ハムスターなどを扱っているペットショップなどでカンタンに手に入りますが、人が食べても全然オッケー!というか美味しい食べ物なのです。
ひまわりの種の価格目安は、一袋300g入りで150円ほどと安いのが特徴です。
たまにスーパーやコンビニなどで、塩味の付いたひまわりの種が販売されていますが、これも比較的安価で、1袋200g入りで150円程度です。
最初は、イマイチ種の割り方が分からない場合が有りますが、種の割り方にも慣れて来ると止まらなくなってしまうのが、ひまわりの種なのです。

ひまわりの種の有名産地

ひまわりの花は、日の光が強い場所なら自宅でも栽培する事が可能ですが、そもそも、何処の原産物なのでしょう。
ひまわりの種の原産地は、北アメリカで、元々ネイティブアメリカンの主食として食べられていた物なのだそうです。
その後、ひまわりの種はアメリカからスペインに渡り、スペインからフランス、フランスからロシアに渡り、ロシアから中国、中国から日本に渡ってきたという、何とも歴史が深い種なのです。
現在では、ロシアが一番のひまわりの種の原産国として有名で、あの極寒のロシアでは、脂質を沢山含んでいるひまわりの種が欠かせない食材となっています。
日本国内では、北海道がひまわりの種の一大産地として有名です。