ブラウンマッシュルーム

ブラウンマッシュルームがわかる!その魅力とは

ブラウンマッシュルームの魅力とは、なんでしょうか。
ブラウンマッシュルームの魅力は、ホワイトマッシュルームと味や栄養素がほとんど変わらないのに、安価で購入出来る事だと言われています。
一般のスーパーでは、ホワイトマッシュルームが、100gあたり200円~240円ほどで販売されていますが、ブラウンマッシュルームの場合には、同じ量でも、150円~180円ほどで手に入ります。
その為、色味を気にしない料理には、ブラウンマッシュルームの方が合っているのです。
さらに、ブラウンマッシュルームは、缶詰の加工も多く、長期保存も出来るのが、大きな魅力だと言えるでしょう。

ブラウンマッシュルームの栄養と効能

ブラウンマッシュルームには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
ブラウンマッシュルームには、豊富な食物繊維とビタミンB群が含まれています。
食物繊維は、腸内細菌を整えてくれるため、便秘症の方にオススメですし、腸の具合が良くなると、肌荒れなども解消されると言われています。
ビタミンB群は、お肉と合わせて摂取すると、お肉に含まれるタンパク質などの吸収を助けてくれる効果があると言えるでしょう。
ちなみに、ブラウンマッシュルームの栄養分は、ホワイトマッシュルームの栄養分とほとんど変わりないため、これらは、見た目の色の違いで選ぶのが良いと言われています。

ブラウンマッシュルームのカロリー

ブラウンマッシュルームのカロリーは、どれくらい高いのでしょうか。
ブラウンマッシュルームは、生の状態で100gあたり11カロリーほどだと言われています。
ブラウンマッシュルームのカロリーは、キノコ類の中でも低い方で、茹でても16カロリーしかないので、ダイエットには、特にオススメの食材だと言えるでしょう。
もちろん、ブラウンマッシュルームは、どんな風な料理に使うかによってカロリー数も異なります。
野菜スープなどに入れた場合には、カロリーが低くても、ピザのトッピングの場合には、ピザ自体のカロリーが高くなるので注意した方が良いでしょう。

おいしいブラウンマッシュルームの見分け方

ブラウンマッシュルームは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
ブラウンマッシュルームは、まず形が重要です。
カサの全体に丸みが有り、開きすぎない物を選ぶと良いと言われています。
そして、軸も、しっかりと太い物の方が、栄養を十分に吸収していると言えるでしょう。
色の見分けがつきづらいのですが、ブラウンマッシュルームは、物にぶつかったり、重い物が上にのると、黒っぽく変色してくるので、購入前に色合いもチェックした方が良いでしょう。
ちなみに、ブラウンマッシュルームは、カットすると酸化してしまうので、購入後は早めに使いきった方が良いそうです。

ブラウンマッシュルームの価格の目安

ブラウンマッシュルームの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
ブラウンマッシュルームの価格は、100gのパックで150円~180円ほどだと言われています。
このブラウンマッシュルームは、ホワイトマッシュルームに比べると、人気も高くない分、少し値段が安くなっているそうです。
ホワイトマッシュルームは、サラダやスープなど、色合いが必要な場合によく使われていますが、ブラウンマッシュルームは、シチューやソースなど、色が目立たなくても良い場合の料理に合っているでしょう。
ちなみに、ブラウンマッシュルームの缶詰は200gあたり150円~200円と安価で手に入ります。

ブラウンマッシュルームの有名産地

ブラウンマッシュルームの産地は、どこなのでしょうか。
ブラウンマッシュルームの産地は、国内だと茨城県が多いと言われています。
もちろん、ブラウンマッシュルームは、様々な地域で栽培されているのですが、その中でも茨城県産が多いと言えるでしょう。
また、ブラウンマッシュルームは、缶詰に加工されている事が多く、アメリカで栽培、加工された商品を日本に輸入する事が多いと言われています。
ちなみに、国内では、ホワイトマッシュルームの方が人気があるのですが、海外では、ブラウンマッシュルームの方が、料理に使われる事が多いと言えるでしょう。

ブラウンマッシュルームの種類

ブラウンマッシュルームには、どんな種類があるのでしょうか。
一般的に、マッシュルームは、ホワイトマッシュルームと、ブラウンマッシュルームに分けられます。
私達が普段食べる事の多いホワイトマッシュルームは、生のパックで販売されている事が多く、色合いが良い分、サラダやパスタのソースなどに使われる事が多いようです。
ブラウンマッシュルームは、色が茶色い分、色が目立たないデミグラスソースや煮込み料理に使われる事が多く、栄養素や味はホワイトマッシュルームと変わりありませんが、ブラウンマッシュルームの多くは、缶詰として販売されています。

ブラウンマッシュルームの保存方法

ブラウンマッシュルームは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
ブラウンマッシュルームは、パックなどに入っている場合が多いのですが、密閉した状態なら、そのまま冷蔵庫で保存する事が出来ます。
また、石づきがついている場合には、調理する直前に石づきを落とせば良いのですが、ブラウンマッシュルームは、カットすると、その部分が酸化して変色するので、食べる直前か、加工する前が良いでしょう。
ブラウンマッシュルームは、日持ちしない食材なので、長期保存する場合には、薄くスライスして、軽く焼いてから冷凍保存すると、味落ちが少ないと言われています。

ブラウンマッシュルームの食べ方

ブラウンマッシュルームを食べる時には、軸を取った方が良いのでしょうか。
基本的に、ブラウンマッシュルームは、カサだけでなく軸の部分もおいしく食べる事が出来ます。
ブラウンマッシュルームは、縦にスライスしても良いですし、味はカサも軸も同じなので、捨てないように注意しましょう。
また、ブラウンマッシュルームのカサのみを使う料理の場合には、軸を取って、軽く茹でて冷凍しておくと、必要な時に使う事も出来ますからオススメです。
ブラウンマッシュルームは、全体がとても柔らかいキノコですから、軸もムダなく使いきる事が大切だと言われています。

ブラウンマッシュルームの簡単な定番レシピ

ブラウンマッシュルームの定番レシピとはなんでしょうか。
ブラウンマッシュルームは、茹でても焼いても、トッピングにしても食べられる食材なので、様々なレシピが紹介されています。
例えば、ブラウンマッシュルームと、茹でたエビをオリーブオイルで軽く炒めて、塩こしょう、チーズなどで味付けすれば、簡単にブラウンマッシュルームのソテーが出来上がります。
そして、生クリームと牛乳、ベーコンなどで作ったクリームスープの具材としてブラウンマッシュルームを入れても、スープのうまみが増すと言えるでしょう。
また、マッシュルームとベーコン、にんにくにオリーブオイルを垂らして、ホイル焼きにするのも、おいしいと言われています。

ブラウンマッシュルームの栽培

ブラウンマッシュルームは、自分で栽培出来るのでしょうか。
ブラウンマッシュルームの栽培は、難しいイメージがあるかもしれませんが、最近では、簡単にブラウンマッシュルームを育てられるブラウンマッシュルーム栽培キットが販売されています。
この栽培キットには、プランター、用土、ブロック、小道具などが含まれており、一般家庭でも、簡単に始める事が出来、400gほどが収穫出来るそうです。
ブラウンマッシュルームは、採れたてのものほど香りと風味が良いと言われているので、手間がかかっても、自分で栽培するだけの価値があると言われています。