ぶなしめじ

ぶなしめじがわかる!その魅力とは

ぶなしめじの魅力とはなんでしょうか。
ぶなしめじの魅力は、その歯切れの良さと、様々な料理に応用が利く事だと言われています。
ぶなしめじは、大きめのキノコなので、初めて調理に使う方は使いにくいと感じる場合もあるのですが、実際に食べてみると、肉厚のぶなしめじ独特の歯切れの良さがあると言えるでしょう。
そして、ぶなしめじは、スープ、鍋、煮物、焼き物、炒め物など、幅広いジャンルの料理に使う事が出来るため、購入後に使い道に困らないのも、大きな魅力だと言われています。
また、クセがほとんど無い分、食べやすいのも、ぶなしめじのポイントだと言えるでしょう。

ぶなしめじの栄養と効能

ぶなしめじには、どんな栄養分があるのでしょうか。
ぶなしめじは、ビタミンD、B群、ナイアシンなどが豊富に含まれています。
このビタミンDは、カルシウムの吸収率を上げる効果がある為、お肉類と一緒に摂取するのがオススメです。
また、ぶなしめじに含まれる栄養分には、エネルギー代謝を上げる効果があったり、腸の具合を良くする効果があると言えるでしょう。
もちろん、ぶなしめじには、沢山の栄養素がつまっているのですが、栄養のバランスとしては、他のキノコ類とそこまで変わらないので、色々なキノコを混ぜて調理するのが、味に飽きないコツだと言われています。

ぶなしめじのカロリー

ぶなしめじには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
ぶなしめじは、100gあたり18カロリーを含んでいます。
ぶなしめじは、株ごと販売されているため、鮮度が落ちにくく、おがくずなどを除けば、株の部分も食べる事が出来ると言われています。
そして、ぶなしめじは、ダイエットにも効果的なキノコとしても知られています。
ダイエットがうまくいかない方の中には、胃腸の問題を抱えている方もたくさん居て、ぶなしめじを食べる事で、便を促してくれるため、体から余分な物が出て行く分、体重も減りやすいのです。
キノコ類は、総じて食物繊維を多く含んでいるので、毎日少しずつ食べるのが良いでしょう。

おいしいぶなしめじのおいしい見分け方

ぶなしめじのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
おいしいぶなしめじは、鮮度が高いため、カサを押した時に弾力があり、色合いも少し黒っぽいものを選ぶのが良いと言われています。
株もいくつかの株が集まっている物ではなく、1株になっている方が、鮮度が高いと言えるでしょう。
また、カサの部分が、開き過ぎていないと言う事も、ぶなしめじのおいしさを見極める上で重要です。
ちなみに、パックに水が溜まってしまっている場合や、ぶなしめじの軸の色が黒っぽく変色している場合には、収穫から時間が経っていたり、どこかにぶつけて悪くなっている可能性が高いでしょう。

ぶなしめじの価格の目安

ぶなしめじの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
ぶなしめじの価格は、100g100円~200円ほどだと言われています。
以前は、ぶなしめじの価格も高かったのですが、ここ10年ほどで、ぶなしめじの消費量が上がっている分、ぶなしめじを育てる生産者が増え、ぶなしめじそのものの単価が下がったと言えるでしょう。
特に、秋のシーズンには、販売されるぶなしめじの量も増えますし、以前は、あまりポピュラーなキノコではなかったぶなしめじも、最近は沢山のレシピに応用されています。
ただ、全体の売上高は上がっていますが、生産者の儲けは、以前ほど増えていないと言われています。

ぶなしめじの有名産地

ぶなしめじの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
ぶなしめじの国内の産地は、長野県です。
長野県に続いて、新潟県でも、ぶなしめじの生産が多いのですが、林が多く、湿気が多い地域では、ぶなしめじの栽培も盛んに行われていると言えるでしょう。
ぶなしめじの栽培方法は、原木栽培ではなく、菌床栽培と言って、米ぬかやおがくずなどを混ぜた菌床でぶなしめじを栽培します。
もちろん、ぶなしめじの栽培には、大きな機械や、厳しい温度管理などが必要になりますから、一般家庭でのぶなしめじの栽培は、とても難しいと言われています。
ちなみに、原木栽培されたぶなしめじの方が、香りも強いそうです。

ぶなしめじの種類

ぶなしめじは、しめじの仲間なのでしょうか。
ぶなしめじは、シメジ科シロタモギタケ属のキノコです。
よく名前が似ているからという理由で、「ホンシメジ」と似た品種であるように言われる事があるのですが、実はまったくの別種です。
まず、ぶなしめじは、栽培が基本で、菌床栽培が各地で行われています。
しかし、ホンシメジの場合には、地面から生えてくるキノコなので、栽培が出来ない分、高級な食材だと言えるでしょう。
以前は特に、ホンシメジの袋にも、小さく「ぶなしめじ」と書いてあった事が多かったのですが、現在は紛らわしいため、ぶなしめじとホンシメジがしっかりと分けられているそうです。

ぶなしめじの保存方法

ぶなしめじは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
ぶなしめじは、日持ちしないキノコなので、購入後はすぐに調理した方が良いと言われています。
冷蔵庫の中で保存しても、温度や湿度の影響で、すぐに悪くなってしまいますから、その日の内に調理しないなら、そのまま冷凍庫で冷凍してしまうのが良いでしょう。
いしづきごと冷凍すれば、使いたい時に取り出して、使う部分だけを折ってしまえば良いので、その点でも使いやすいと言われています。
ちなみに、ぶなしめじの石づきは、おがくずがついていない部分なら食べられますし、とてもおいしいので、捨てない方が良いでしょう。

ぶなしめじの食べ方

ぶなしめじの株の部分は食べられるのでしょうか。
ぶなしめじというと、下の株の部分を取り除いて食べる事が多いのですが、一番下のおがくずの部分だけを取り除けば、株の部分も食べる事が出来ます。
特に株の部分は、ぶなしめじが集中していた場所ですから、うま味がつまっていて、とてもおいしいと言えるでしょう。
生の状態なら、手で株をほぐす事も出来ますから、その点でも、捨ててしまうのはもったいないかもしれません。
ぶなしめじの調理法は、パスタ、スープ、鍋物、炒め物、オーブン料理など、沢山ありますから、最大限に料理のバリエーションを楽しみましょう。

ぶなしめじの簡単な定番レシピ

ぶなしめじは、どんな風に調理すれば良いのでしょうか。
ぶなしめじは、クセが少ないキノコなので、調理も比較的簡単です。
本当に手早く調理したい場合には、おみそしるの具材として使っても良いですし、キャベツやにんじん、豚肉などと一緒に炒め物にしても、おかずになります。
また、お鍋、炊き込みご飯の具材として、他のキノコと一緒に調理すれば、1度にたくさんの量を消費出来ると言われています。
ただ、ぶなしめじは、悪くなりやすいキノコなので、購入後は出来るだけ早めに消費した方が良いそうです。
すぐに調理出来ない場合には、株ごとビニール袋に入れて冷凍してしまうのもひとつの方法だと言えるでしょう。

ぶなしめじの栽培

ぶなしめじは、自分で栽培する事が出来るのでしょうか。
一般的に、家庭菜園で、ぶなしめじを栽培するのは難しいと言われています。
ぶなしめじは、全国各地で栽培されているキノコですが、その環境は、機械などで作られている為、大きくておいしいぶなしめじを作るのには、かなりの手間ひまが必要なのです。
中には、原木栽培でぶなしめじを栽培するかたもいるのですが、ぶなしめじを繁殖させる環境を作るのは、とても難しいと言えるでしょう。
ちなみに、小さいサイズのぶなしめじなら、ポットなどで栽培出来るタイプもあるようなので、興味がある方は調べてみるのがオススメです。