ひらたけ

ひらたけがわかる!その魅力とは

ひらたけの魅力とはなんでしょうか。
ひらたけの魅力は、クセがないため、とても食べやすく、様々な料理に使える事だと言われています。
まず、ひらたけは、カサが広く、サイズも大きめのキノコなのですが、キノコ独特の香りが弱く、味にもクセが少ないため、どんな方にも食べやすいと言えるでしょう。
特に汁物や炊き込みご飯、鍋物など、ひらたけは、様々な調理法に応用が利くため、初めて食べる方でも、料理法が簡単なのも、大きな魅力だと言われています。
ちなみに、ひらたけはキノコ狩りでも取る事が出来ますが、見た目が良く似たキノコの中には、猛毒を盛っているものもあるため、選ぶ時はかなり注意する必要があるでしょう。

ひらたけの栄養と効能

ひらたけには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
ひらたけは、他のキノコ類と同じように、食物繊維やナイアシンなどが多く含まれています。
この食物繊維は、腸の具合を整えてくれるため、便秘や下痢気味の方には、特にオススメで、日常的に食べる事で、健康的な便が出るようになると言えるでしょう。
そして、ひらたけに含まれるナイアシンは、エネルギーの代謝を上げてくれる効果がある為、他の食材とあわせる事で、栄養の吸収を助け、エネルギーを燃やしやすい体にしてくれると言われています。
エネルギーが燃えれば、ダイエットにも効果的ですから、意識して沢山食べるようにすると良いでしょう。

ひらたけのカロリー

ひらたけには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
ひらたけは、100gあたり、20カロリーほどが含まれていると言われています。
キノコ類の中では、平均的なカロリー数ですが、ひらたけにはナイアシンや葉酸、ビタミンB群などが豊富に含まれている為、とても健康にいい食材だと言えるでしょう。
また、ひらたけは、お肉と合わせて食べると、油の吸収率を下げてくれる効果もある為、出来るだけ沢山の食材と合わせて食べた方が良いと言われています。
栄養の面でも、ひらたけなどのキノコ類だけでは、補えない物が沢山ありますから、健康的な体作りには、栄養のバランスがとても大切なのです。

おいしいひらたけの見分け方

ひらたけは、どのように選べば良いのでしょうか。
ひらたけは、一部の地方で「しめじ」と呼ばれる事もあるほど、しめじに似ているキノコです。
しかし、野生のキノコの場合、ひらたけににたツキヨタケという種類は、食中毒車が出るほどの猛毒を盛っているので、かなりキノコ狩りになれている方でないと、野生のひらたけを採るのは避けた方が良いでしょう。
また、市販のひらたけの場合には、カサが肉厚で、綺麗な薄褐色をしているものを選ぶのが良いそうです。
また、白いひだも変色などがなく、綺麗な物は、鮮度が高く、いい状態で保存されている証拠だといわれています。

ひらたけの価格の目安

ひらたけの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
ひらたけは、1パック150g入りで、260円~300円ほどだと言われています。
最近は、ひらたけを販売するお店も増えてきており、以前に比べると、ひらたけの価格も少し下がってきて、購入しやすくなったと言われています。
ひらたけは、生の商品だけでなく、ひらたけの栄養素を抽出したサプリメントなども販売されているそうです。
ひらたけのサプリメンドは、120粒入りで、5000円ほどで、高級な物になると同じ量でも、13000円ほどになると言われています。
ひらたけなどのキノコ類は、栄養素が高い分、サプリメントとしても上等だと言えるでしょう。

ひらたけの有名産地

ひらたけの産地と言えば、どこなのでしょうか。
国内のひらたけの産地として有名なのは、静岡県や、茨城県です。
ひらたけの栽培には、原木栽培と菌床栽培の2種類がありますが、沢山の量を作れると言う面でも、菌床栽培の方が、広く行われていると言われています。
ひらたけの季節は、晩種から春にかけてと比較的長く、その時期には、ネット上でも、ひらたけの購入が出来ると言えるでしょう。
ちなみに、ひらたけは、中国からも輸入していますが、えのきやしめじなどの他の種類に比べると、ひらたけの消費量はそこまで高くない為、輸入量もそこまで多くないと言われています。

ひらたけの種類

ひらたけには、他にも種類があるのでしょうか。
ひらたけは、地方によってしめじと呼ばれる事があるほど、しめじに似ているキノコです。
ひらたけの本種が、しめじとして流通している事もあるのですが、ひらたけは、ヒラタケ科ヒラタケ属のキノコなので、しめじとは直接的な関係はありません。
また、カンタケというキノコも、ひらたけの別名なので、同じ物だと言えるでしょう。
さらに、ひらたけに見た目が似ているツキヨタケは、キノコ狩りなどでも採られる事が多いのですが、こちらは毒が有り、食中毒になる人が毎年いるので、キノコ狩りの時には、十分注意した方が良いと言われています。

ひらたけの保存方法

ひらたけは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
市販のひらたけを購入したら、冷蔵庫で保存するのが良いでしょう。
ひらたけは、パックなどに入って販売されている事が多く、物によっては、パックの中で、水分が溜まってしまう場合もあります。
ひらたけは、水に弱いので、パックが濡れてしまった場合には、新聞紙などで包み直してから冷蔵庫に入れた方が良いでしょう。
また、すぐに食べきれない場合には、炊き込みご飯にしてから冷凍保存したりするのもオススメで、他の調理に使う場合には、堅めに茹でてから冷凍保存して、使う時に解凍すると、鮮度が落ちにくいと言われています。

ひらたけの食べ方

ひらたけには、毒があるのでしょうか。
ひらたけは、野生に生えている場合もありますが、ひらたけに似ているキノコは多く、中には、猛毒を持っている種類もある為、初心者のキノコ狩りにはオススメ出来ません。
実際には別の種類ですが、ひらたけは、地方によって「しめじ」と呼ばれる事もありますし、別名でカンタケという名前もあります。
その為、ひらたけを簡単に見分けるのは至難の業なのです。
ひらたけは、味にもクセがないため、食べてみて初めてそのおいしさに気付く方も多いのですが、まずは市販のひらたけを食べて、キノコの事を良く勉強してから、キノコ狩りをした方が良いでしょう。

ひらたけの簡単な定番レシピ

ひらたけの定番レシピはなんでしょうか。
ひらたけは、味も香りも、そこまでクセがないため、どんな量にも応用出来ると言われています。
例えば、ひらたけを食べやすい大きさに切って、洗ったご飯に、ダシを入れて一緒に炊けば、ひらたけの炊き込みご飯が出来上がりますし、ひらたけの他に、しめじや舞茸などを入れてもおいしいでしょう。
また、ひらたけをほうれん草と一緒にバターで炒めれば、簡単なソテーが完成しますし、仕上げに卵で閉じるのもオススメです。
さらに、ひらたけは、お鍋の具材としても使えますから、1パック購入するだけで、かなりのバリエーションが楽しめると言われています。

ひらたけの栽培

ひらたけを自分で栽培する事は出来るのでしょうか。
ひらたけの栽培は、自分で出来ない事もないのですが、上級者向けだと言われています。
ひらたけの栽培には、15センチほどにカットしたサクラのホダ木、おがくずとひらたけの種菌、米ぬかなどを用意して、おがくず、種菌、米ぬか、水などを混ぜ合わせます。
混ぜた菌をホダ木の切り口に1センチの厚さで塗り付けて、その上にホダ木を重ねます。
その後、ムシロをかけて、雨が当たるような湿気の多い場所で保存し、3ヶ月ほどしてから、上に積んでいたホダ木を外して、自然にキノコが生えてくるのを待ちます。
しかし、ひらたけをナメクジが貯めてしまう事もあるので、マメに手入れをする必要があるでしょう。