タモギタケ

タモギタケがわかる!その魅力とは

タモギタケの魅力とは何でしょうか。
タモギタケの魅力は、栄養素が高く、食用にしても、おいしい事だと言われています。
まず、タモギタケには、ナイアシンという栄養成分が豊富に含まれており、資質、糖質、タンパク質の代謝を助けるだけでなく、コレステロールや中性脂肪を減らす効果が高いと言えるでしょう。
また、タモギタケは、北海道を中心に沢山食べられているキノコの種類で、香りもあり、味もいい為、調理法さえ知っていれば、沢山の料理に応用が利くと言われています。
さらに、タモギタケの栄養分だけを抽出したサプリメントも、高価ですが人気があると言えるでしょう。

タモギタケの栄養と効能

タモギタケには、どんな栄養成分があるのでしょうか。
タモギタケは、キノコ類の中でも、特に栄養素が高いキノコとして知られています。
このタモギタケには、ナイアシンという栄養素が豊富に含まれており、コレステロール、中性脂肪を減らすだけでなく、神経や脳機能の正常化、タンパク質、糖質などの代謝を促す役割も果たしています。
また、ナイアシンはビタミンのひとつなので、消化器官を健康に保つのにも効果的です。
さらに、タモギタケには、アミノ酸も沢山含まれているため、コラーゲンの生成を助け、ツヤツヤの美肌作りにも大いに役立つと言われています。

タモギタケのカロリー

タモギタケには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
タモギタケは、100gあたり、16カロリーあると言われています。
キノコ類自体、カロリーはそこまで多くないのですが、タモギタケの場合には、ナイアシンやアミノ酸などを沢山含んでいるのに、カロリーが低い健康的な食材だと言えるでしょう。
もちろん、タモギタケの調理法によっても、カロリー摂取量は異なりますが、タモギタケは、血糖値やコレステロールを下げてくれる効果もある為、揚げ物と一緒に食べた方が、体への負担は少なくなると言われています。
ちなみに、タモギタケは、その栄養素の高さから、高級サプリメントの原料としても使われているそうです。

おいしいタモギタケの見分け方

タモギタケは、どんな風に見分けたら良いのでしょうか。
タモギタケは、日本国内だと北海道に多く分布するキノコで、カサの部分が鮮やかな黄色をしています。
野生のタモギタケは、木材腐朽菌なので、ニレの木に発生する事が多いと言えるでしょう。
タモギタケの軸の部分は白く、色合いとしても、見つけやすいので、毒キノコと間違える可能性は低いと言われています。
ただ、タモギタケは、元々ロシア東部や中国北部など、寒冷地で育つキノコなので、北海道以外で野生のタモギタケが生えている地域は、とても少ないそうです。
その為、他の地域でキノコ狩りをする場合には、タモギタケを見つけられる可能性は低いと言えるでしょう。

タモギタケの価格の目安

タモギタケの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
タモギタケの価格は、1パック60g入りで、330円ほどだと言われています。
生のタモギタケ自体、かなり手に入りにくく、多くの場合は、タモギタケの栄養素だけを抽出したサプリメントとして販売されていると言えるでしょう。
タモギタケのサプリメントは、350粒入りで、18900円~21000円とかなりお値段も高いので、気軽に始められるサプリメントではないようです。
ちなみに、タモギタケのサプリメントは、いくつかのキノコの成分を複合して作られている為、栄養素のバランスは、その分高いと言われています。

タモギタケの有名産地

タモギタケの産地としては、どこの地域が有名なのでしょうか。
野生のタモギタケは、北海道などで多く収穫されると言われています。
元々、タモギタケは、ロシアや中国、北海道など、北方の地域に生息するキノコで、日本国内では、北海道を含む東北以外で見つけづらいそうです。
しかし、東北地方では、原木栽培、培地栽培などで、タモギタケを栽培している地域があり、主に北海道が多いと言えるでしょう。
また、タモギタケは、台湾などでも収穫されていますが、日本の本州では、あまりタモギタケを食べる習慣がないので、輸入量自体もそれほど多くないと言われています。

タモギタケの種類

タモギタケには、どんな種類があるのでしょうか。
タモギタケは、ヒラタケ科ヒラタケ属のキノコなので、ヒラタケの仲間だと言われています。
ヒラタケは、カサ部分も茶色でサイズもタモギタケより大きくなります。
エリンギもその類いになりますから、同じような種類のキノコの中でも、タモギタケは、少しカサが小さめのキノコだと言えるでしょう。
ちなみに、タモギタケはカサが黄色いので、比較的簡単に見つけやすいキノコだと言われていますが、日本国内では、北海道以外の地域に発生する事がほとんど無いので、キノコ狩りの場合には、注意して収穫する必要があるそうです。

タモギタケの保存方法

タモギタケは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
生のタモギタケの場合、他のキノコ類と同じように冷蔵庫で保存すれば、1週間ほどは持つと言われています。
タモギタケは、しめじのような形をしていますし、収穫後は、鮮度も栄養価も落ちてしまう為、出来るだけ早めに食べた方が良いのですが、タモギタケに限って特別な保存方法があるわけではないようです。
タモギタケは、パック売りでも、大きめにカットされていますが、基本的に調理する直前まで、タモギタケの根を切り落としたりする必要はありません。
逆に、根を落とす事で、軸が酸化して変色してしまいますから、避けた方が良いでしょう。

タモギタケの食べ方

タモギタケには、毒がないのでしょうか。
タモギタケは、東北、北海道を中心に多く食べられているキノコで、毒性はないので、キノコ狩りで採れた物でも、おいしく食べられます。
タモギタケは、見た目が黄色いのですが、形としては、しめじにも似ているため、調理法も様々だと言えるでしょう。
ただ、タモギタケは、栄養素が高いキノコなので、出来るだけ早く食べた方が良いと言われています。
収穫後、3日以上時間がたつと、栄養もどんどん落ちてきますから、タモギタケの身がしんなりとする前に、全て食べきるのが一番です。
ちなみに、生のタモギタケが手に入らないと言う方は、タモギタケの栄養を摂取出来るサプリメントもオススメです。

タモギタケの簡単な定番レシピ

タモギタケの簡単レシピと言えば、なんでしょうか。
北海道や東北で食べられる事の多いタモギタケですが、場所によっては、調理法がイマイチ分からないという場合もあるようです。
タモギタケは、形がしめじにも似ており、種類としては、ヒラタケの仲間になるので、クセがそこまでなく、バターソテーや、お味噌汁の具材としても使われています。
バターソテーにする場合には、タモギタケ、ソーセージ、たまねぎなどを食べやすい大きさに切ってからバターで炒めて、仕上げに卵とじにしてもおいしいと言えるでしょう。
また、お味噌汁に入れる場合には、モヤシなどと合わせると、おいしいと言われています。

タモギタケの栽培

タモギタケは、どのように栽培されているのでしょうか。
野生のタモギタケは、ニレの倒木などに生息する事が多いのですが、人工栽培の場合には、ニレの木にドリルで穴をあけて、タモギタケの種駒を打ち込んで育てる原木栽培や、米ぬか、おがくずなどで作られた培地で栽培される事が多いそうです。
培地での栽培になると、自然のタモギタケに比べて香りなどが弱くなるのですが、その分、タモギタケが傷みにくく、長持ちするのが特徴だと言われています。
ただ、タモギタケは、北方のきのこなので、日本国内で育てられるのは、東北までで、それ以上の南方になると、栽培が難しいと言えるでしょう。