ササクレヒトヨタケ

ササクレヒトヨタケがわかる!その魅力とは

ササクレヒトヨタケの魅力とはなんでしょうか。
ササクレヒトヨタケの魅力は、見た目が少し毒キノコのようなのですが、食べてみると、とてもおいしく、身が大きいため、茹でてサラダにするなど簡単な料理にも使いやすい事だと言われています。
ササクレヒトヨタケは、ハラタケ科ササクレヒトヨタケ属のきのこの一種で、高さは3センチから12センチにもなる大きなキノコです。
実際に、スーパーや八百屋さんなどで見かける機会は、ほとんどないのですが、味には定評があり、サラダにしても良いですし、デミグラスソースに加えると言う方もいるほど、その使い道が沢山あるのが、大きな魅力だと言えるでしょう。

ササクレヒトヨタケの栄養と効能

ササクレヒトヨタケには、どんな栄養があるのでしょうか。
ササクレヒトヨタケには、様々なアミノ酸が含まれていると言われています。
特に、エルゴチオネインというアミノ酸は、抗酸化作用があるため、若返りに大きな効果があると言えるでしょう。
また、具体的には、肌のたるみやシミの防止にも効果的だと言われています。
そして、ササクレヒトヨタケを食べると、コレステロール値を下げられるとも言われているため、お肉料理や、コレステロール値の高い料理にササクレヒトヨタケを少し入れるだけで、体が吸収するコレステロールの量が、大きく異なると言えるでしょう。

ササクレヒトヨタケのカロリー

ササクレヒトヨタケのカロリーは、どのくらい高いのでしょうか。
ササクレヒトヨタケのカロリーは、生の状態で100gあたり23カロリーほどです。
キノコは、そこまでカロリーが高い種類ではありませんから、その点では、ヘルシーな食材だと言えるでしょう。
しかし、ササクレヒトヨタケを乾燥させたタイプになると、100gあたり346カロリーと、大きく異なります。
乾燥させると栄養が凝縮され、100gと言ってもかなりの量が必要になりますから、全体量が増える分、カロリーの数値も高くなると言えるでしょう。
ただ、山でササクレヒトヨタケを採ってきて食べる分には、まったく問題ないと言われています。

おいしいササクレヒトヨタケの見分け方

ササクレヒトヨタケは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
ササクレヒトヨタケは、全国の山に生えているキノコの一種ですが、毒キノコと間違えないように注意が必要です。
このササクレヒトヨタケは、大きな物になると高さが12センチほどにもなる為、とても見つけやすく、縦長の傘は上が少し茶色っぽく、真ん中全体が白く、下のヒダの部分が黒くなっています。
ただ、ササクレヒトヨタケには、特徴的な香り葉ないため、表面の色や形で見分けられる事が多いと言われています。
ちなみに、ヨーロッパでは、キノコ採集の初心者が最初に覚えた方が良いキノコのリストの中にも、ササクレヒトヨタケが含まれているそうです。

ササクレヒトヨタケの価格の目安

ササクレヒトヨタケの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
ササクレヒトヨタケの価格は、1パック60g入りで、350円ほどだといわれています。
しかし、ササクレヒトヨタケ自体、あまり市場に出回っていない為、ネットなどを使わない限り、入手するのは困難だと言えるでしょう。
ササクレヒトヨタケは、野山でも生えているので、きのこに関する知識がある方なら、自分で採って食べる事も出来ますし、味もとても良いと言われていますが、見た目が馴染みのあるキノコでは無い為、一般にはあまり人気がないと言われています。
ちなみに、お店によっては、料理の材料にササクレヒトヨタケを使っているとこもあるそうです。

ササクレヒトヨタケの有名産地

ササクレヒトヨタケの産地では、どこが有名なのでしょうか。
基本的に、ササクレヒトヨタケは、極地でない限り、どこでも採取出来るキノコだと言われています。
日本は、毒キノコも合わせると、世界一きのこの種類が多い国と言われるほどですから、食用キノコとして、ササクレヒトヨタケは有名な方だと言えるでしょう。
そして、ササクレヒトヨタケは、一般には、あまり流通していないキノコなので、その点では、産地というのも、明らかになっていません。
しかし、ササクレヒトヨタケは、見た目が特徴的で、食べてもおいしい為、キノコ狩りの初心者でも、覚えやすい種類だと言われています。

ササクレヒトヨタケの種類

ササクレヒトヨタケには、似たような種類があるのでしょうか。
ササクレヒトヨタケは、ササクレヒトヨタケ属のキノコなので、あまり種類はないと言われていますが、その中でも、よく知られているのが、「ヒトヨタケ」があります。
ササクレヒトヨタケには、黒いヒダがついているのですが、同じようにヒダに液化性を持つヒトヨタケは、ササクレヒトヨタケと似た種類として扱われる事が多いそうです。
しかし、ササクレヒトヨタケは毒性がないため、どんな食事とも合わせて大丈夫ですが、ヒトヨタケの場合には、アルコールと一緒に食べる事で、中毒症状を起こす事があるので、注意が必要だと言われています。

ササクレヒトヨタケの保存方法

ササクレヒトヨタケの収穫後、または購入後には、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
ササクレヒトヨタケは、サイズが大きく、見た目も少し変わっているキノコですが、保存方法自体は、他のキノコ類と同じように野菜室で保存するのが一番だと言われています。
ただ、ササクレヒトヨタケは、冷やしすぎると風味が落ちてしまうという特徴があるため、冷蔵庫の温度が低めの場合には、ササクレヒトヨタケを新聞紙に包んでから野菜室に入れると、適温になると言えるでしょう。
ちなみに、ササクレヒトヨタケは、茹でてサラダにしたり、煮込んでシチューや、ソースにするのもオススメです。

ササクレヒトヨタケの食べ方

ササクレヒトヨタケは、野生の物でも食べられるのでしょうか。
キノコ狩りは、かなり知識がないと難しい物ですが、ササクレヒトヨタケの場合には、見た目も特徴的で、沢山の山で見つける事が出来ますし、食用にしてもおいしいと言われています。
また、ササクレヒトヨタケには、毒素がないため、食べ合わせによって中毒症状が出る事もないので、安心して食べられるのも、大きな魅力だと言えるでしょう。
ササクレヒトヨタケは、香りも無い為、軽く洗ってから、炒め物や、煮込み料理に入れても良いですし、茹でてサラダなどに加えるのもおいしいと言われています。
調理法さえ分かれば、ササクレヒトヨタケの魅力が倍増するでしょう。

ササクレヒトヨタケの簡単な定番レシピ

ササクレヒトヨタケは、どうやって食べるのがおいしいのでしょうか。
ササクレヒトヨタケは、食用キノコとして、広く知られており、1本が大きいため、サラダにしてもおいしいと言われています。
ササクレヒトヨタケを軽く洗って、沸騰したお湯で柔らかくなるまで、3分ほど茹でます。
その後、レタスやトマト、イタリアンドレッシングなどを合わせれば、簡単に出来るササクレヒトヨタケのサラダの完成です。
ちなみに、ササクレヒトヨタケは、香りもほとんどないので、デミグラスソースの具材として加えたり、カレーに隠し味として入れても、おいしいと言われています。

ササクレヒトヨタケの栽培

ササクレヒトヨタケは、栽培も出来るのでしょうか。
ササクレヒトヨタケは、公園や道端にも発生するキノコですから、栽培もされていますが、国内での消費量が少ないため、あまり盛んには栽培されていません。
ササクレヒトヨタケを育てる為には、肥沃な土と湿気、ササクレヒトヨタケの菌が必要になるため、家庭菜園で簡単に育てられるものではありませんが、ハウスや湿林などがあれば、栽培も可能だと言われています。
ちなみに、栽培されたササクレヒトヨタケは、野生の種類よりも、かなり小さく、野生では最長で20センチほどになるものでも、栽培だと大きくて5センチほどになるのが一般的です。