椎茸

椎茸がわかる!その魅力とは

椎茸の魅力とは何でしょうか。
椎茸の魅力は、生椎茸、乾燥椎茸、椎茸だしなど、料理の種類によって、様々な味わいを楽しめる事だと言われています。
まず、パック売りされている生椎茸は、そのままバーベキューで焼き、醤油をたらして食べてもおいしいですし、うどんやそばの具として、炒め物にしてもおいしく頂けます。
そして、乾燥椎茸は、生椎茸よりも香りとうま味が強い分、出しを出すのに使ったり、煮物などに入れても、煮物全体の味が濃くなると言えるでしょう。
さらに、椎茸だしを使ったうどんやそばも人気がありますから、椎茸の香りさえ苦手でなければ、様々な料理に使えるのが、椎茸の大きな魅力だと言われています。

椎茸の栄養と効能

椎茸には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
まず、椎茸には、カルシウムの吸収を助け、骨を作る役割をするビタミンDが含まれていますが、このビタミンDは、太陽に干す事で、生の状態よりも10倍以上増えると言われています。
そして、椎茸に含まれるエリタデニンという製粉は、血中コレステロールを下げる役割があるため、日常的に摂取する事で、心筋梗塞、動脈硬化、脳卒中などの重大病を予防する効果があるそうです。
このエリタデリンという栄養素も、生椎茸よりも、干し椎茸の方が断然多いため、干し椎茸を使った煮物などを食べるのが良いでしょう。
椎茸には、さまざまな栄養素が沢山含まれているのです。

椎茸のカロリー

椎茸のカロリーは、どれくらいあるのでしょうか。
椎茸には、100gあたり、18カロリーほどが含まれています。
椎茸の多くは水分で出来ていますから、資質はほとんどありませんし、18カロリーなら、キノコの平均的なカロリー数だと言えるでしょう。
ただ、干ししいたけの場合には、栄養素が凝縮している分、カロリーも高めだと言われています。
もちろん、カロリーが高めと言っても、栄養価が高い分、資質だけが以上に高い事もありませんし、ダイエット食材としても、十分使えるキノコだと言えるでしょう。
また、調理法によっても、カロリー数は大きく異なるので、注意しましょう。

おいしい椎茸の見分け方

おいしい椎茸は、どんな風に見分けたら良いのでしょうか。
これは、生の椎茸の場合ですが、おいしい椎茸に重要なのは大きさよりも重みだと言われています。
その為、手に持った時にずっしりと重い椎茸の方が、大きくてスカスカの椎茸よりもおいしいと言われています。
そして、椎茸のかさがしっかりと巻いている事も、おいしさを見極める大切なポイントで、かさがしっかりと巻いている物ほど、栄養が行き渡っていると言えるでしょう。
さらに、横から見た時に、肉厚な椎茸もおいしいと言われています。
中には椎茸独特の香りなどで見極める方も居るのですが、重みや肉厚感で選んだ方が、確実だと言えるでしょう。

椎茸の価格の目安

椎茸の価格はいくらぐらいが目安になるのでしょうか。
これは、椎茸の大きさによって異なります。
まず、椎茸は、パックで販売されている事が多いのですが、安いスーパーでも一パック700円~900円ほどしますし、ネットなどの取り寄せになると、量が増える分、価格も1500円~2000円(9個~12個入り)ほどになると言われています。
そして、乾燥椎茸の場合には、袋売りで500円~700円ほどで、量としては、生椎茸よりも多く、香りも強いという特徴があると言えるでしょう。
その為、調理法などによって、どんな種類の椎茸を使うかも重要だと言われています。

椎茸の有名産地

椎茸の産地は、どこが有名なのでしょうか。
椎茸は、日本国内でも各地で行われていますが、生椎茸の生産量なら徳島県、干し椎茸の生産量なら大分県が一番多いと言われています。
国内椎茸は、椎茸のかさが肉厚で、香りが強いという特徴があり、高級な椎茸になると、一パック2000円以上する事もあるそうです。
ただ、椎茸は、中国から輸入される物が多く、国内産に比べると香りが弱く、重みがないのですが、その分、価格が安いというメリットがあると言われています。
ただ、椎茸は、料理の方法によって、香りの強さなども異なる為、バーベキューなど、シンプルに食べたいなら国内産の生椎茸、だしに使うなら、中国産の干し椎茸と使い分けるのもひとつの方法です。

椎茸の種類

椎茸には、どんな種類があるのでしょうか。
国内で流通している椎茸だけでも、その種類は「どんこ」「こうしん」「こうこ」等が上げられます。
まず、どんこという種類の椎茸は、冬の時期に育つ種類で、肉厚なため焼いても煮てもおいしく頂けるそうです。
そして、こうしんという種類の椎茸は、かさが開いており、かさの厚さも薄めなので、干し椎茸の場合でも、水に戻すのが早く楽だと言われています。
さらに、こうこという種類の椎茸は、「どんこ」と「こうしん」の中間のようなタイプで、身にボリュームがあり、コクが強いのが特徴です。
また、干し椎茸の中には、すでにスライスされている物もあり、水戻しの時間が短くて済む為、重宝すると言われています。

椎茸の保存方法

椎茸を保存する場合には、どんな方法をとったら良いのでしょうか。
基本的に、椎茸は水に濡れたり、長い時間空気に触れる事で、劣化が早くなると言われています。
その為、パックで生椎茸を購入した場合には、調理する直前までパックを開けない方が良いでしょう。
ただ、椎茸は時間が経つと、かさの表面が乾燥してシワがよる事もあり、この時には、身も少し堅くなって来ているため、早く食べきってしまった方が良いと言われています。
そして、乾燥椎茸の場合には、そこまで保存に気を使わなくて良いのですが、乾燥椎茸の臭いが外に漏れない為にも、湿気を防ぐ為にも、出来るだけタッパーなどに入れて常温保存した方が良いでしょう。

椎茸の食べ方

椎茸を食べる時には、下準備が必要なのでしょうか。
基本的に、椎茸は、生色以外でなら食べられるため、調理に下準備は必要ないと言われていますが、椎茸の汚れを取る際には、水で洗うと、椎茸の栄養成分が水に流れてしまうと言われています。
その為、椎茸の汚れを取る時には、キッチンペーパーを少し濡らして、濡れている部分で、椎茸のカサを軽く叩くように、汚れを落とすのが良いと言えるでしょう。
ちなみに、椎茸は、冷凍しても問題なく食べられるため、スライスした状態、または軸を取った状態で、丸ごと冷凍する事も出来、調理する時には、火を通す段階で解凍すれば、十分だと言われています。

椎茸の簡単な定番レシピ

椎茸の定番レシピと言えば、なんでしょうか。
椎茸の超簡単料理と言えば、椎茸の網焼きで、カサを下にした状態で、水分が漏れないように焼きながら、最後に醤油を垂らして、食べるという方法は、すぐ出来ますし、オーソドックスだと言えるでしょう。
ただ、椎茸をスライスして、えのきやエリンギ、しめじなど、他のキノコと一緒にホイル焼きにすると言うのもオススメで、軽く塩とオレガノをかけるだけで、きのこの香りが存分に楽しめると言われています。
ちなみに、椎茸は、冷凍する事も出来るので、食べきれない場合には、先に冷凍してしまうのも良いでしょう。

椎茸の栽培

椎茸は、どんな風に栽培されているのでしょうか。
一般的な椎茸の栽培方法は、原木栽培と菌床栽培に別れています。
原木栽培は、ヌギやコナラの丸太を使って栽培するタイプで、椎茸菌を木に打ち込んで行われています。
そして、もう一方の菌床栽培は、おがくずにふすまや、米ぬかなどを加えて作った培地で栽培した物で、こちらの方が、香りなどが弱い分、日持ちするのが特徴だと言われています。
一般家庭で椎茸を栽培するのは、環境にもよって異なり、基本的に湿気が高く涼しい場所でしか、椎茸は大きく育たないので、その環境があれば、家庭でも椎茸栽培を始める事が可能になるでしょう。