ミーフォンクェ

ミーフォンクェがわかる!その魅力とは

ミーフォンクェの魅力とは何でしょうか。
ミーフォンクェの魅力は、お米で作られている麺なので、栄養分が高く、平べったいほうとうのような麺なので、日本人の口にも合いやすい事だと言われています。
まず、ミーフォンクェの原料は、お米で、炭水化物だけでなく、タンパク質やビタミンなども豊富に含んでいます。
そして、ミーフォンクェは、マレーシアの麺料理の中でも、麺が平たく、ほうとうのように煮込んで出される事も多い為、初めてミーフォンクェを食べる日本人旅行者にも、とても人気のある麺料理だと言われています。
ただ、ミーフォンクェは、日本国内では販売されていないので、マレーシア現地で食べるのが1番でしょう。

ミーフォンクェの栄養と効能

ミーフォンクェには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
ミーフォンクェは、お米を原料に作られている麺なので、タンパク質、炭水化物が豊富で、その他の栄養分の吸収を助ける効果が高いと言われています。
ミーフォンクェに乗せられる具材は、場所によっても異なりますが、多くの場合は、鶏ガラダシや、海鮮ダシに、鶏肉などが乗っているという物ですから、カロリーは低く、タンパク質や鉄分、ビタミンなどを沢山摂れる麺料理だと言えるでしょう。
ちなみに、ミーフォンクェは、麺自体がとても太い分、麺料理の中でも、お腹に溜まりやすいと言われています。

おいしいミーフォンクェの見分け方

ミーフォンクェには、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
ミーフォンクェは、マレーシアのローカルフードで、特にほうとうのような平たい麺が特徴的だと言われています。
そんなミーフォンクェは、やはりマレーシアの屋台や、ローカルレストランでよく目にするメニューの1つで、マレーシアには、麺料理がとても多いのですが、地元でも口コミで有名なお店に行くのが良いでしょう。
日本国内にも、マレーシア料理店がありますが、ミーフォンクェのようなローカルフードは扱っていない事の方が多いので、その点でも、地元で人気のお店でミーフォンクェを試してみるのが良いと言われています。

ミーフォンクェの価格の目安

ミーフォンクェの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
ミーフォンクェは、ほうとうのように平べったい麺料理の事ですが、マレーシアや中国では、ミーフォンクェの価格も比較的安いと言われています。
ローカルレストランなどで食べられるミーフォンクェの価格は、1人前300円~450円ほどで、マレーシアには、様々な麺料理がありますが、ローカルフードでは、特に人気が高いそうです。
そして、材料があれば、自宅でも作る事が出来るミーフォンクェですが、高級なレストランでは、ミーフォンクェを扱っていない事が多いため、地元の屋台や、ローカルレストランで食べるのが、1番だと言えるでしょう。

ミーフォンクェの有名産地

ミーフォンクェの産地はどこなのでしょうか。
ミーフォンクェの産地は、麺料理が多い事でも知られているマレーシアです。
マレーシアには、日本の麺にも似たような麺が多く、特にお米を原料に使っている麺が頻繁に食べられています。
ミーフォンクェもお米を原料にした、ほうとうのような平べったい麺料理で、現地では、ローカルレルトランや、屋台などで食べる事が出来るそうです。
また、ミーフォンクェは、手作りで作られている事がほとんどなので、麺の太さや長さなども若干異なりますが、それがお店によって、少しずつ違う味わいを出していると言われています。

ミーフォンクェの種類

ミーフォンクェには、どんな種類があるのでしょうか。
ミーフォンクェは、マレーシアのローカルフードの1つで、麺が平べったい事から、日本のほうとうのような麺料理と例えられる事も多いようです。
ミーフォンクェは、鶏ガラダシを使った物や、海鮮ダシを使ったものなどの種類があり、中には、豚肉などが入っている物もありますが、鶏肉を使った物と比べると価格が高めで、マレーシアでは、特に鶏ガラダシのミーフォンクェの方が一般的だと言われています。
ちなみに、ミーフォンクェは、マレーシアのB級フードという事もあって、日本国内では、マレーシア料理店でも注文出来ない、現地だけの調理だと言えるでしょう。

ミーフォンクェの保存方法

ミーフォンクェは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
ミーフォンクェは、お米で作られているほうとうのような平たい麺の料理で、麺をゆでる前なら、冷蔵庫で1週間ほどの保存が可能だと言われています。
ただ、ミーフォンクェを保存する時には、麺が乾燥しないように、水で少し湿気させたペーパータオルなどを麺の上にかけてから、タッパーなどで保存するのが良いでしょう。
そして、ミーフォンクェは、麺をゆでた後に保存しようとしても、麺がのびてしまい、ミーフォンクェ独特のコシもほとんど無くなってしまうので、調理後はその場で食べきる必要があると言われています。