ミーソワ

ミーソワがわかる!その魅力とは

ミーソワの魅力とは、なんでしょうか。
ミーソワの魅力は、味わいがさっぱりしており、初めてミーソワを食べる方にも食べやすい事だと言われています。
まず、ミーソワは、日本のそうめんのように細くて白い麺で、暖かいスープに麺が入っているため、煮麺のような感覚で食べる事が出来ます。
そして、ミーソワは、鶏ガラダシにエビや、鶏肉のミンチなどが入っている事が多く、初めてマレーシアの麺料理を試す方でも、とても食べやすいそうです。
ちなみに、ミーソワは、すすって食べるのがマナー違反なので、マレーシアでミーソワを食べる際には注意した方が良いでしょう。

ミーソワの栄養と効能

ミーソワには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
ミーソワは、煮麺にも似ている麺料理の1つですが、ミーソワは、乗せる具材が多い分、栄養が多い料理だと言われています。
まず、一般的なミーソワは、鶏ガラダシにエビ、鶏肉ミンチ、青菜、小魚のフライなどが一緒に入っている事が多いそうです。
鶏ガラダシには、タンパク質や料理のうま味を強くする効果が高く、鶏肉のミンチにはビタミンも豊富に含まれています。
そして、小魚には、鉄分、亜鉛、ミネラルなどが含まれており、これらを少しずつ食べられるミーソワは、1食だけで本当にたくさんの栄養を得られる健康的な麺料理だと言えるでしょう。

おいしいミーソワの見分け方

おいしいミーソワは、どんな所で見分けたら良いのでしょうか。
ミーソワは、煮麺にも似ているマレーシアの麺料理の1つで、鶏ガラダシにエビや鶏肉のミンチ、青菜などが入っているのが特徴です。
ミーソワは、ローカルフードの1つなので、高級な料理店では出されていない事が多く、安いローカルレストランや、屋台でも、おいしいミーソワを食べる事が出来るそうです。
ただ、現地でどんなお店が人気かどうかは、現地の人に聞いてみないと分からないので、旅行や出張でマレーシアに行った時には、ホテルなどで、おいしいローカルレストランを探してみるのが良いでしょう。

ミーソワの価格の目安

ミーソワの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
ミーソワは、マレーシアで食べられている煮麺のような麺料理ですが、その価格は、どこで食べるかによっても異なります。
まず、マレーシアの屋台で食べるミーソワは、1食300円ほどで、メニューの数が少ない分、注文からすぐに料理が出てくるというメリットがあります。
ローカルレストランなどで食べるミーソワは、1食400円~450円ほどで、屋台よりも割高になりますが、その分、店内は屋台よりも清潔というのがポイントになるでしょう。
ちなみに、日本国内では、ミーソワを出しているお店が、ほとんど無いようです。

ミーソワの有名産地

ミーソワの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
ミーソワの産地は、中国の場合が多いのですが、特にミーソワが食べられているのはマレーシアで、麺料理が特に多いマレーシアでは、ミーソワもかなりポピュラーなメニューだと言われています。
このミーソワは、日本のそうめんと、ほとんど同じ細い麺で、長寿麺(チャンソンミー)と呼ばれる中華料理も、ミーソワと同じ麺が使われているそうです。
その為、ミーソワは、マレーシアだけでなく、中華料理にも幅広く使われており、煮麺のようなスープ麺だけでなく、あんかけ焼きそばのように調理する地域も多くあると言われています。

ミーソワの種類

ミーソワには、どんな種類があるのでしょうか。
ミーソワは、ソーメンのような細い麺を使った麺料理ですが、マレーシアの中でも、ミーソワの調理法は確立しており、たくさんの種類はないと言われています。
一般的なミーソワには、鶏ガラだしが使われており、具材としてはエビ、青菜、鶏肉のミンチ、小魚のフライなどが使われているそうです。
お店によっては、これらの具材が全て入っていない場合もあるのですが、野菜、お肉、魚介類も一緒に食べられるミーソワは、数ある麺料理の中でも、かなりの栄養分がある料理だと言えるでしょう。
ちなみに、ミーソワは、まれに豚肉が具材に使われている事もあるそうです。

ミーソワの保存方法

ミーソワは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
ミーソワは、日本のそうめんに似た麺の1つで、乾麺として保存されているため、ゆでる前であれば、長期の保存が可能です。
湿気さえ防げば、ミーソワの乾麺は1年以上保存する事が可能ですし、長期保存には向いている麺だと言われています。
しかし、ミーソワの具材には、エビや鶏肉のミンチなどが使われているため、調理済みの具材やスープは、保存するのが難しく、冷蔵保存でも調理から3日以内に食べるのが良いそうです。
ちなみに、ミーソワには、小魚のフライも入っている事があり、具材が多い分、出来るだけ早く食べきる事が大切だと言えるでしょう。