マギーミーがわかる!その魅力とは

マギーミーの魅力とは何でしょうか。
マギーミーの魅力は、なんと言っても、調理が簡単な事だと言われています。
まず、マギーミーは、マギー社が販売しているインスタントラーメンの事で、ゆでるだけで調理が済むため、ほとんど手間がいらないという魅力があります。
もちろん、マギーミーは、マレーシアのローカルレストランなどでも、食べる事が出来ますが、マギーミー自体はインスタント麺なので、その点では、自宅で作った方が経済的だと言えるでしょう。
ちなみに、マレーシアでは、5食入りのマギーミーパックが300円ほどで、ローカルレストランでは1食300円ほどだと言われています。

マギーミーの栄養と効能

マギーミーには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
マギーミーは、マレーシアで人気のあるインスタント食品ですが、マギーミー自体には具材などが含まれていないため、あまりたくさんの栄養素は含まれていません。
まず、マギーミーの麺には、タンパク質や炭水化物が含まれているため、お腹をいっぱいにするには、効果がありますが、チキン味、カリー味ともに、そこまで高い栄養素はありません。
しかし、インスタント食品であるマギーミーに、卵や野菜、きのこなどを添える事で、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養分を得る事が出来ますから、常に何かしらの具材を乗せる事が大切だと言えるでしょう。

おいしいマギーミーの見分け方

マギーミーのおいしさは、どんな風に見分けたら良いのでしょうか。
基本的に、マギーミーは、インスタントラーメンなので、「このレストランで食べれば、おいしい!」という事はありません。
マギーミーの人気が特に高いマレーシアでは、スーパーマーケットでも、インスタント食品として、マギーミーが販売されていますし、ローカルレストランでは、そのマギーミーに少し具が添えられている程度なので、大きな違いはないようです。
もちろん、マギーミーには、チキン風味と、カレー風味の2種類があるため、辛い食べ物が苦手な方は、チキン風味を選んだ方が妥当だと言えるでしょう。

マギーミーの価格の目安

マギーミーの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
マギーミーは、キューブのコンソメで有名なメーカー・マギーが作っているインスタントラーメンの事で、マレーシアでは、マギーミーの人気があり過ぎて、商品名であるマギーミーが、インスタントラーメンの総称として使われる事もあるようです。
そんなマギーミーの価格は、マレーシア現地で300円~420円ほどと比較的安いのですが、マギーミーは、インスタントラーメンに変わりないので、屋台やローカルな食堂で食べるなら、少し高めの設定になっていると言えるでしょう。
ちなみに、ローカルレストランなどで食べられるマギーミーには、卵やネギなどと野菜が入っているのが一般的です。

マギーミーの有名産地

マギーミーの産地は、どこが有名なのでしょうか。
マギーミーは、マレーシアで特に人気のあるインスタントラーメンですが、メーカー自体は、キューブのコンソメなどを、世界中で販売しているマギー社ですから、特定の産地というのはないようです。
ただ、マレーシア国内のマギーミーの人気は絶大で、「マギーミー=インスタントラーメンの総称」と考えている方も多いと言われています。
また、マギーミーは、現地のスーパーマーケットでも販売されていますが、ローカルレストランで、マギーミーを注文する場合も多く、マレーシアの食卓には欠かせない麺料理になっているそうです。

マギーミーの種類

マギーミーには、どんな種類があるのでしょうか。
マギーミーは、マレーシアで特に人気のあるインスタントラーメンですが、一般的に販売されているマギーミーは、チキン味か、カレー味に別れている事が多いようです。
チキン味は、普段私達が食べているインスタントラーメンのように、さっぱりとしているのが特徴で、どんな具材にも合うだけでなく、日本人にとっても食べやすいと言われています。
もう一方のカレー味は、日本のカレーというよりも、香辛料を使って、辛く味付けされたものと考える方が正しく、辛い味が好きな方には、特にオススメです。
また、マレーシアでは、カレー風のマギーミーだと、スープ麺タイプだけでなく、焼きそばタイプも選べるそうです。

マギーミーの保存方法

マギーミーは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
マギーミーは、マギー社が販売しているインスタント食品の一種なので、調理前なら、保存は非常に簡単です。
このマギーミーは、インスタントの乾麺として販売されており、袋を開けてない状態なら、常温で半年ほどの保存が可能なので、保存方法自体を気にする必要はないでしょう。
しかし、マギーミーを調理した場合には、早く食べきらないと麺がのびてしまうため、長期保存や、翌日に食べると言った保存は利きません。
また、マレーシアのスーパーマーケットでは、5食入りのパックでマギーミーが販売されている事も多い為、その時に食べきれる量だけを作るのが良いでしょう。