ビーフン

ビーフンがわかる!その魅力とは

ビーフンの魅力とは何でしょうか。
ビーフンの魅力は、麺が柔らかいため、どんな世代の方でも食べやすく、具材を変えれば、様々なバリエーションを楽しめる麺料理だと言う事です。
まず、ビーフンの麺はとても細くて柔らかい為、赤ちゃんからお年寄りまで、どんな方にも食べやすいと言われています。
特に、小さな赤ちゃんには、ビーフンに加える具材によって、沢山の栄養を与える事も出来るのが魅力だと言えるでしょう。
そして、ビーフンは、焼きビーフンとして調理される事が多いのですが、調理自体もとても簡単で、スープに入れれば、フォーや春雨のように食べる事が出来るのも、ビーフンの大きな魅力だと言われています。

ビーフンの栄養と効能

ビーフンには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
ビーフンは、お米の粉から作った麺の事で、原料はお米と言う事もあり、炭水化物やタンパク質などを、豊富に含んでいると言われています。
また、ビーフンは、豚肉や野菜類と一緒に炒め物にする、焼きビーフンとして食べられる事が多く、肉類と野菜を合わせる事で、さらに栄養のバランスが整うと言えるでしょう。
お肉はビタミンB群、タンパク質、カルシウムなどを豊富に含んでおり、特ににんじんや、たまねぎなどと一緒に摂取する事で、栄養の吸収率を上げると言われています。
ビーフンは、シンプルな麺なので、出来るだけ沢山の具材を使う事がポイントです。

おいしいビーフンの見分け方

ビーフンにも、おいしさを見分けるコツはあるのでしょうか。
基本的に、ビーフンは、炒め物などに使われる麺料理で、ビーフン自体には、あまり味の違いがないと言われています。
ビーフンは、とても細いお米の麺ですし、風味もそこまで強くないため、どこのメーカーで買っても、そこまで大きな変化がないようです。
しかし、本場のビーフンを味わいたいなら、やはり、中国の福建省で作られているビーフンを購入するのがオススメです。
中国産のビーフンは、国内産のビーフンに比べると価格が安く、お米の味も少し強めだと言われているため、ビーフン本来の味を楽しみたいなら、福建省のビーフンが良いでしょう。

ビーフンの価格の目安

ビーフンの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
ビーフンの価格は、お店によって異なります。
まず、焼きビーフンなど、1品料理の場合には、1500円~2500円ほどと、料金にも差があると言えるでしょう。
しかし、ビーフンの原価自体は、とても安く、調理も簡単なので、自宅でビーフンを作る場合には、家族4人分でも800円ほどで、十分まかなえると言われています。
また、最近では、インスタントのビーフンも販売されており、こちらの場合には、1食230円~280円というのが相場で、一人暮らしの方にとっては、オススメだと言えるでしょう。

ビーフンの有名産地

ビーフンの産地は、どこなのでしょうか。
ビーフンの産地は、中国の福建省で、台湾などの中国全土、ベトナム、シンガポール、タイなどでは、特に多くのビーフンが食べられているそうです。
ビーフンは、お米を原料にした麺類で、英語ではライスヌードルと呼ばれていますが、特にお米の文化が深いアジアでは、ビーフンの消費率も非常に高いと言われています。
また、日本国内では、炒め物の焼きビーフンとして食べられる事の多いビーフンですが、海外では、スープの具材にしたり、ビーフンのサラダにして食べられる事が多いそうです。
海外の調理方法を真似して、ビーフンの料理のバリエーションを増やしてみるのも良いでしょう。

ビーフンの種類

ビーフンには、どんな種類があるのでしょうか。
ビーフンは、元々、中華料理で使われる事の多いお米の麺で、特に他のお肉や野菜と一緒に炒め、焼きビーフンにする事が多いと言われています。
また、ビーフンは、スープの具材としていれるのもオススメで、鶏ガラスープなどに入れれば、春雨のように食べる事も出来るそうです。
そして、ベトナムでは、ビーフンをタレと和えながら食べる場合も多く、同じお米の麺で作るフォーも有名なベトナムでは、ビーフンもポピュラーな麺だといえるでしょう。
ちなみに、国内では、細い麺として食べられるビーフンですが、台湾では、平たいうどんのようになっているビーフンも、広く販売されているそうです。

ビーフンの保存方法

ビーフンは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
まず、調理前のビーフンは、乾燥した状態で販売されている為、湿気などがなければ1年以上保存が可能だと言われています。
しかし、ビーフンを水に戻した後や、焼きビーフンとして炒めた後だと、時間が経つに連れて、ビーフンが乾燥してしまうため、長期保存はオススメ出来ません。
ビーフンは、自宅だと作り過ぎてしまう事もありますが、調理から3日以内には食べきった方が良いでしょう。
また、スープの麺としてビーフンを使う場合には、スープの具材にもよりますが、肉類が入っている場合には、調理から3日以内に食べきるのが良いそうです。