タォフォン

タォフォンがわかる!その魅力とは

タォフォンの魅力とは何でしょうか。
タォフォンの魅力は、お腹に溜まりやすく、大豆で作られている麺なので、身体にも優しい事だと言われています。
まず、タォフォンは、日本語で緑豆ビーフンと呼ばれるコシの強いタイプのビーフンの事で、炒め物として調理される事が多く、少量でもかなりお腹に貯める為、経済的な料理なのだそうです。
また、タォフォンは、普通のビーフンと異なり、大豆を原料に使っているので、身体に優しくヘルシーなのも、タォフォンの魅力だと言われています。
最近では、細麺のビーフンだけでなく、太めのタォフォンも国内で手に入るようになって来ていますから、1度試してみると良いでしょう。

タォフォンの栄養と効能

タォフォンには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
タォフォンは、大豆を原料に作られる太めのビーフンの事で、日本語では、緑豆ビーフンと呼ばれている麺と同じです。
タォフォンに使われている大豆には、血液の流れを良くするイソフラボンや、タンパク質、カルシウムなどが豊富に含まれており、それだけでも、十分な栄養素があると言われています。
そして、タォフォンは、焼きビーフンのように、野菜やお肉と一緒に炒めて調理する事が多く、豚肉やたまねぎなどと合わせると、ビタミンや鉄分、タンパク質などの吸収を、さらに助けてくれる効果があるそうです。

おいしいタォフォンの見分け方

タォフォンには、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
タォフォンは、コシの強いビーフンの一種で、大豆で作られているのが特徴ですが、タォフォン自体は一種の麺なので、これだけでおいしさを見極めるのは難しいと言われています。
ただ、タォフォンは、台湾や中国、ベトナムなどで頻繁に食べられている麺で、これらの専門店であれば、おいしいタォフォンを食べられるチャンスが高いそうです。
特に、台湾の地元では、屋台街にタォフォンを出している所も多く、安価なだけでなく、かなりのボリュームを楽しめるのも、タォフォンの大きな魅力だと言えるでしょう。

タォフォンの価格の目安

タォフォンの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
タォフォンの価格は、どこで食べるかによっても異なりますが、ベトナム料理や、中国料理店では、1人前750円~1000円ほどで食べられると言われています。
タォフォンは、日本語で、緑豆ビーフンの事を指し、細いビーフンではなく、コシが強く、きしめんのようなビーフンの種類で、炒め物として食べる場合が多いそうです。
ちなみに、台湾では、タォフォンを食べる機会が多いため、地元の屋台などで食べても1食250円ほどと、かなり安い値段で食べられると言われています。
また、タォフォンは、麺が太い分、価格が安くても、お腹に溜まりやすいというメリットもあるそうです。

タォフォンの有名産地

タォフォンの産地は、どこなのでしょうか。
タォフォンは、中国原産の麺だと言われています。
日本名で「緑豆ビーフン」と呼ばれているタォフォンですが、中国本土はもちろん、台湾やインドネシア、ベトナム、タイなどでもよく食べられており、中国以外の産地から輸入される商品も多いようです。
また、タォフォンは、ビーフンの一種ですが、原料が大豆で、太さもコシもある事から、ビーフンよりもうどんやフォーのような感覚で、調理される事が多いと言われています。
最近では、タォフォンの健康効果も、徐々に知られて来ており、国内でもタォフォンの人気が上がって来ているそうです。

タォフォンの種類

タォフォンには、どんな種類があるのでしょうか。
タォフォンは、ビーフンの一種です。
一般のビーフンが細く、お米を原料に作られている事が多いのですが、タォフォンの場合には、きしめんのように、少し太さとコシがある上、大豆を原料に作られているという特徴があります。
タォフォンは、日本名で、緑豆ビーフンと呼ばれており、最近はスーパーなどでもよく販売されているのですが、タォフォン自体にたくさんの種類があると言うよりも、タォフォンが、ビーフンの仲間だと覚えておくと良いでしょう。
タォフォンは、大豆で作られている為、健康効果が高く、お肉や野菜と合わせる事で、1品だけでも十分な栄養を得られると言われています。

タォフォンの保存方法

タォフォンは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
基本的に、調理前のタォフォンは、乾燥麺として販売されているので、湿気さえ避ければ、かなりの期間保存が可能だと言われています。
タォフォンは、大豆を原料に作られているビーフンの一種で、日本名では、「緑豆ビーフン」と呼ばれる事が多く、少し太めでコシのある麺なので、特に炒めもの料理にはピッタリだと言えるでしょう。
ただ、タォフォンは、調理してから時間が経つと、麺が乾燥するだけでなく、独特のコシもなくなってしまうので、自宅で調理する場合には、調理したその日か、翌日には食べきった方が良いと言われています。