クェティヤオ

クェティヤオがわかる!その魅力とは

クェティヤオの魅力とは、何でしょうか。
クェティヤオの魅力は、安く、沢山の量が食べられるだけでなく、地域によって、味の違いを楽しめる事だと言われています。
まず、クェティヤオは、マレーシアなどで多く食べられているきしめん風の麺を使った焼きそばの事なのですが、現地では、1人前400円ほどで食べる事が出来、1食だけでも、かなりお腹に溜まるそうです。
そして、クェティヤオには、醤油と照り焼き風のタレ、オイスターソースなどが使われていますが、これも中華系のクェティヤオになると、タレの種類が異なり、具材も魚介類や鶏肉など様々で、お店によって、沢山の違いを楽しめるのが魅力だと言えるでしょう。

クェティヤオの栄養と効能

クェティヤオには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
クェティヤオの栄養素は、どんな具材を使って調理されているかによって異なります。
まず、クェティヤオには、きしめん風の麺が使われていますが、これはお米から作られた麺なので、炭水化物、タンパク質などを豊富に含んでいます。
そして、マレーシア現地のクェティヤオに使われる赤貝には、鉄分、ミネラル、亜鉛などが豊富に含まれており、赤貝でなく、鶏肉を使う場合にも、タンパク質やビタミン類を多く含んでいるそうです。
ただ、クェティヤオには、醤油やオイスターソース、ブラックソースなどが多く使われているので、若干塩分が強いと言えるでしょう。

おいしいクェティヤオの見分け方

クェティヤオのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
クェティヤオは、国内では食べる事が出来ないマレーシアのローカルフードで、現地で食べる場合には、レストランよりも、屋台の方がおいしいと言われています。
もちろん、あまりにも、汚い屋台は食事の衛生面も心配されますが、クェティヤオには、赤貝を使っている事が多く、沢山の量を短期間で消費出来る屋台が一番、鮮度の高い赤貝が使われている事が多いのです。
また、クェティヤオは、醤油ベースのソースや、鶏ガラ風のソースなど、どこのお店で食べるかによっても異なるので、実際に食べ比べてみるのもオススメだと言えるでしょう。

クェティヤオの価格の目安

クェティヤオの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
クェティヤオは、マレーシアや、インドネシアなどで、頻繁に食べられている、きしめん風の焼きそばの事です。
日本国内では、クェティヤオ自体が、あまりポピュラーではないため、インドネシア料理店などでも、目にする事が出来ませんが、マレーシアや、インドネシアの現地では、1人前400円ほどで食べられると言われています。
もちろん、ローカルな定食屋ではなく、ちゃんとしたレストランで食べる場合には、さらに値段が高くなりますが、現地では、屋台のクェティヤオも、とてもおいしく人気があるそうです。

クェティヤオの有名産地

クェティヤオの産地は、どこが有名なのでしょうか。
一般的に、クェティヤオは、マレーシアのめん料理だと言われています。
クェティヤオは、きしめん風の平たい麺を焼きそば風に仕上げた麺料理で、現地では、「クェティヤオ」、マレー系の屋台では「クェティヤオ・ゴレン」と呼ばれる事が多いそうです。
クェティヤオに使われる麺は、お米で作られており、コシ自体はないものの、お米独特のモチモチした食感と、ソースの味が馴染みやすいのが、麺の特徴だと言えるでしょう。
国内ではあまり食べられないクェティヤオですから、マレーシアやインドネシアに旅行した際には、ぜひ試してみるのがオススメです。

クェティヤオの種類

クェティヤオには、どんな種類があるのでしょうか。
クェティヤオは、きしめん風の麺を使ったマレーシア風の焼きそばの事で、具材としては、赤貝や、鶏肉などが使われる事が多いと言われています。
そんなクェティヤオは、醤油と、照り焼きのタレ風のブラックソース、オイスターソースを少しずつ加えて味付けをするのそうです。
しかし、マレーシアには中国系の屋台も沢山有り、中国系では、赤貝よりも鶏肉の切り身、オイスターソースよりも鶏ガラダシなどを使う事も多いので、同じマレーシアの屋台でも、どこで食べるかによって、クェティヤオの種類は、大きく異なるといいでしょう。

クェティヤオの保存方法

クェティヤオは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
クェティヤオは、きしめん風の麺を炒めたマレーシア風焼きそばと言われていますが、このクェティヤオは、国内でも、きしめんが代用出来るため、自宅でも調理する事が可能です。
ただ、クェティヤオを作り過ぎてしまった場合には、タッパーなど、空気に触れない容器に入れて、冷蔵庫で保存するのが良いと言われていますが、現地のクェティヤオのように、赤貝を使う場合には、調理当日か、翌日には、食べきった方が良いでしょう。
ちなみに、鶏肉を使ったクェティヤオは、調理から3日以内に食べきるのが良いそうです。