イーミー

イーミーがわかる!その魅力とは

イーミーの魅力とは何でしょうか。
イーミーの魅力は、細麺でありながらコシが強いため、お腹に溜まりやすく、スープとドライの2種類から、メニューを選べる事だと言われています。
まず、イーミーは、インドネシアや、マレーシアでよく食べられている麺料理で、イーミーには、コシが強い細麺が使われており、1杯食べるだけでも、かなりお腹に溜まるそうです。
そして、イーミーは、ラーメンのようなスープタイプのイーミーと、焼きそばのようなドライタイプのイーミーから選ぶ事が出来、現地では同じイーミーを日替わりで食べる方も多いと言われています。
シンプルな味が魅力のイーミーは、毎日食べても飽きない麺料理だと言えるでしょう。

イーミーの栄養と効能

イーミーには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
まず、イーミーの麺には、豊富な炭水化物とタンパク質が含まれています。
炭水化物は、ダイエットの大敵と言われる事もありますが、適度な炭水化物は、食べ物の腹持ちをよくさせるのに効果的ですし、筋肉や皮膚を作るのにも、かかせない栄養分だと言えるでしょう。
そして、イーミーには、豚肉や、ほうれん草などが具材として入っている事が多く、豚肉のビタミンB群や、カルシウム、タンパク質は、ほうれん草の鉄分と合わせて食べる事で、さらに栄養の吸収率を上げてくれると言われています。
イーミーは、麺だけでなく、具材も合わせる事で、十分な栄養素を摂取する事が出来るのです。

おいしいイーミーの見分け方

イーミーのおいしいお店は、どんな風に見分けたら良いのでしょうか。
イーミーは、インドネシアやマレーシアなどで、よく食べられている麺料理の1つで、国内ではイーミーをメニューに出している料理店が非常に少なく、海外に出掛けた時しか食べられない、現地の料理だと言われています。
現地でイーミーを食べる場合には、キレイなレストランよりも、屋台やローカルレストランの方が、値段も安く、庶民的なイーミーを楽しめるため、観光客向けのお店よりもおいしいそうです。
ちなみに、イーミーは、ラーメンタイプと焼きそばタイプが選べるので、どちらも試してみると良いでしょう。

イーミーの価格の目安

イーミーの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
イーミーは、インドネシアなどで幅広く食べられている麺料理の事で、日本料理で言うと、焼きそばに例えられる事が多いようです。
そんなイーミーの価格は、どこで食べるかによっても異なりますが、インドネシアのローカルレストランなどで注文する場合には、350円~450円ほどが相場だと言われています。
インドネシアやマレーシアでは、麺料理が多いため、どんな麺料理でも、それほど料金が違わない事が多く、イーミーの場合もスープ麺のイーミーと、焼きそば風のドライ麺のイーミーは、値段が同じの事が多いようです。

イーミーの有名産地

イーミーの産地はどこなのでしょうか。
イーミーは、アジアの多くの国で食べられている麺の一種ですが、特にマレーシアや、インドネシアでは、イーミーの消費量が多いと言われています。
イーミーは、焼きそばタイプと、ラーメンタイプから選べる事が多いのですが、基本的には焼きそばタイプの麺料理を指しており、マレーシアのローカルレストランには、かかせないメニューなのだそうです。
また、イーミーはコシがある細麺で、その点でも食べごたえがあるため、子供から大人まで幅広い世代に人気があり、1人前を食べただけでも、かなりお腹に溜まる麺料理だと言われています。

イーミーの種類

イーミーには、どんな種類があるのでしょうか。
イーミーには、大きくわけて2種類のタイプがあると言われています。
1つは、焼きそばタイプのイーミーで、比較的醤油やオイスターソースなどの味が濃いのが特徴だと言えるでしょう。
インドネシアや、マレーシアでは、「イーミー」と言えば、焼きそばのような形で出てくる事が多いと言われています。
また、イーミーには、汁の中に麺が入っているラーメンタイプのイーミーもあり、ローカルレストランなどでは、注文時に、焼きそばタイプか、ラーメンタイプかを選べるようになっているそうです。
ラーメンタイプは、スープのダシが特においしいので、それも魅力の1つだと言えるでしょう。

イーミーの保存方法

イーミーは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
イーミーは、インドネシアなどで食べられる事の多い、コシの強い麺を使ったラーメン、もしくは焼きそばの事ですが、保存方法は、調理の方法によって異なります。
まず、イーミーに使う麺は、ゆでる前であれば、冷凍保存か可能です。
ただ、冷凍保存する場合には、1ヶ月ほどの期間が最長で、それ以上になると、イーミー独特のコシが弱くなるので、やめた方が良いでしょう。
また、調理後のイーミーは、焼きそばタイプなら、タッパーに入れて温め直す事が出来ますが、ラーメンタイプは、すぐに麺がのびてしまうので、その場で食べきってしまうのがいいそうです。