そうめん

そうめんがわかる!その魅力とは

そうめんの魅力とは何でしょうか。
そうめんの魅力は、夏バテで食欲が無くなりがちな季節にも、サラッと食べる事が出来、冬場には煮麺としても食べられる事だと言われています。
猛暑の季節には疲れがたまり、それだけで食欲が無くなってしまう方も多いのですが、そんな季節に、サラッと食べられるそうめんはうってつけですし、調理自体も早くて簡単というメリットがあります。
また、夏場に食べきれなかったそうめんも、冬場には暖かい煮麺にして食べる事も出来る為、一年通して食べられると言うのも、そうめんの魅力だと言えるでしょう。
さらに、そうめんにソースを加えて、パスタのように食べる事も出来るので、応用しやすいメニューだと言われています。

そうめんの栄養と効能

そうめんには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
そうめんの原料には、小麦が使われているため、タンパク質は沢山含まれていると言われています。
タンパク質は皮膚や筋肉、髪を作る上でかかせない栄養分ですから、いくら摂ってもムダではないでしょう。
ただ、そうめんは、うどんやそばと異なり、あまり具材が入らないという特徴があります。
煮麺であれば、うどんと同じような具材を入れる事が出来ますが、夏場のそうめんの具材というと、キュウリやトマトなどの生野菜、または具無しという場合も多いので、そうめんは、あまり栄養分が豊富な料理というわけではないようです。

おいしいそうめんの見分け方

そうめんのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
一般的に、おいしいそうめんのメーカーやブランドは広く知られていますが、ブランドでないそうめんでも、おいしい場合があると言われています。
まず、おいしいそうめんとは、色にムラがなく、食感が柔らかいという特徴があります。
手延べそうめんの場合には、さらにおいしさが増すと言われていますが、見た目で分かる特徴は、麺用中力粉が使われているため、色の変色がなく、そうめんの一本一本がしっかりと別れています。
その為、所々に黄色っぽい変色がある場合や、麺同士がくっついている場合には、購入をひかえた方が良いでしょう。

そうめんの価格の目安

夏場の食事には欠かせないそうめんですが、そうめんの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
そうめんは、2人前~3人前のパックになって販売されている事が多いのですが、価格も100円~300円と、メーカーなどによって差があります。
最近では、大きめのパックでも、100円ショップで販売されている事が多いですし、やはりおいしいそうめんを食べるなら、少し高級な「揖保乃糸」を選ぶ方も居ます。
また、そうめんはお中元の品物として貰う事も多く、普段はそうめんを買う事がほとんど無いという方も居るようです。
ちなみに、お中元では、1キロのそうめんセットが、1800円程から販売されていると言われています。

そうめんの有名産地

そうめんの産地は、どこなのでしょうか。
そうめんは、国内でも沢山の地域で作られていますが、特に、西日本ではそうめんの工場が多いと言われています。
特に兵庫県や奈良県、徳島県、富山県では、そうめん作りの歴史が長く、機械によるそうめん作りだけでなく、今でも、手延べそうめんが各地で作られているそうです。
国内のそうめんメーカーの中でも、一番の人気を誇る「揖保乃糸」も、兵庫県のメーカーで、このメーカーだけでも、15種類ほどのそうめんやひやむぎ、うどんを製造していると言われています。
また、秋田県や福島県、岩手県などの東北地方でも、そうめんは作られていますが、西日本の地域と比べると、製造方法が異なるようです。

そうめんの種類

そうめんにも、いくつかの種類があるのでしょうか。
そうめんの種類と言えば、ひやむぎのみだと思っている方も居るのですが、そうめんは、手延べか、機械か、小麦粉の種類によっても、大きく異なります。
まず、そうめんが作られる時期は、12月から3月ゴロなのですが、ひやむぎの場合は、5月と9月に作られる事が多いようです。
そして、そうめんは、手延べで作られた物の方が、手間がかかる分、麺の質が良くおいしいと言われています。
さらに、そうめんの中でも、国内産小麦だけを使った物や、麺自体が非常に細い物は、高級品として扱われる事が多いようです。
そうめんひとつ取っても、その世界は奥深いと言えるでしょう。

そうめんの保存方法

お中元などで、そうめんを貰う事は多々ありますが、早く食べきらないと、かなり溜まってしまうそうめん。
そんなそうめんの保存は、どうしたら良いのでしょうか。
一般に販売されているそうめんは、乾燥麺なので、すぐに麺自体が悪くなってしまう事はありませんが、保存する際には常温で、湿気の少ない場所で保存する必要があります。
特に、開封済みのそうめんには、湿気が入りやすくなっていますから、開封済みの物は、別のジップロックに入れて保存した方が良いでしょう。
もちろん、一般のそうめんの賞味期限は、製造から3年ほどありますから、そこまで焦って消費する必要はありませんが、たまには賞味期限のチェックをした方が良いそうです。