ラーメン

ラーメンがわかる!その魅力とは

ラーメンの魅力とは何でしょうか。
ラーメンの魅力は、その種類の多さと、お店によって、大きく味わいが異なる事だと言われています。
ラーメンと一言で言っても、醤油、塩、とんこつ、味噌など、好みは異なりますし、コーンバターなどを使ったラーメンもあれば、つけ麺など、ラーメンの一種として認められている物もあり、その種類は麺類の中でも、かなりの多さだと言えるでしょう。
特に、おいしいラーメン屋は、行列ができるほど人が集まりますし、お店によって沢山の味が楽しめるのも、ラーメンファンにとってはたまらないと言われています。
脂肪分の多いラーメンですが、それも忘れてしまうほど、魅力が多いのがラーメンなのです。

ラーメンの栄養と効能

ラーメンには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
ラーメンというと、一般的に「塩分も脂肪分も多く、不健康な料理」と言われる事が多いのですが、ラーメンには、タンパク質だけでなく、スープに染み出ているアミノ酸や、グルタミン酸なども含まれているため、そこまで不健康な料理ではありません。
もちろん、毎日の食事がラーメンでは、野菜不足や、塩分・脂肪分過多になってしまいますが、ラーメンのスープに含まれている豚足からは、上質なコラーゲンが出るとも言われているため、ラーメン独特の栄養分も含まれているのです。
ただ、ラーメンに塩分と脂肪分が多いのは確かなので、その他の食事は野菜や魚を多めにした方が良いでしょう。

おいしいラーメンの見分け方

おいしいラーメン屋は、どうやって見分けたら良いのでしょうか。
ラーメン屋は、立地や、味の種類によって、かなり人気の差がありますが、出来るなら、おいしいラーメンを確実に選びたい物です。
まず、一般に知られている行列のできるラーメン屋と言うのは、やはり人気メニューがあり、おいしい場合が多いのですが、「ラーメン1杯に数時間並びたくない」という方にとっては、あまり気が進まないと言われています。
一番良いのは、あまり有名でないラーメン屋でも、中から良い匂いがして、塩ラーメンがおいしい所を選ぶと良いそうです。
塩ラーメンは、他の味と違って、出汁のごまかしが効かないため、塩ラーメンがおいしいお店は、他のメニューも失敗しないと言われています。

ラーメンの価格の目安

ラーメンの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
これは、ラーメン屋によっても大きく異なります。
ラーメンのチェーン店では、ラーメン1杯500円~700円ほどですが、つけ麺の場合や、ラーメンの具材にこだわりがある場合になどには、1杯900円~1300円ほどになる事もあると言われています。
ただ、ラーメン屋ではなく、自宅で作る生麺のラーメンは、1人前100円ほどの予算になりますし、インスタントラーメンになれば、手間がかからない分、1人前150円~200円ほどだと言えるでしょう。
ラーメンも、どこで食べるか、何の種類かという事で、大きく価格が異なるのです。

ラーメンの有名産地

ラーメンの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
これは、ラーメンの種類によって異なります。
ラーメンには、醤油、塩、味噌、とんこつなどの味が別れていますが、その他にも、旭川ラーメンや博多ラーメンなど、地方の名前がついたラーメンも販売されています。
ラーメンの激戦区と言えば、東京の新宿区ですが、そこに集まるラーメン屋は、全国各地から進出して来た店が多く、ラーメンの産地を特定するのも、難しいそうです。
また、ラーメンは中華料理の1つだと思っている方も居るのですが、実際には、中華麺を使った日本の麺料理と言うのが正しいと言われています。

ラーメンの種類

ラーメンには、本当にたくさんの種類があると言われています。
代表的な物から言うと、醤油、塩、味噌、とんこつで、ラーメン屋によって、人気の味が別れている事もありますが、基本的には、同じ出汁を使っており、その味付けが異なるという場合が多いようです。
また、最近では、つけ麺を出すラーメン屋も増えて来ており、普通のラーメンと同じ位の人気を集めていると言われています。
そして、ラーメンの特徴は、同じ種類のラーメンでも、具材によって、味付けが変わる事で、醤油ベースのバターコーンラーメンや、塩ベースの海鮮ラーメンもあるので、その点でも沢山のバリエーションが楽しめるでしょう。

ラーメンの保存方法

自宅で作ったラーメンは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
まず、すでに完全に調理されたラーメンは、時間が経つと麺が伸びるので、保存は出来ませんが、麺やスープから自分で作った場合には、保存が可能です。
自家製のラーメンの麺は、卵を使っているため、出来るだけ冷蔵庫で乾燥しないように保存し、3日ほどで食べた方が良いのですが、小分けにして冷凍保存する事も出来るそうです。
また、ラーメンのスープも自分で作る場合には、具材によっても異なりますが、魚などのダシもとっている場合には、風味が落ちる前に食べきるのが基本で、調理から5日まで食べる事が出来ると言われています。