スルメイカ

スルメイカがわかる!その魅力とは

スルメイカの魅力とは何でしょうか。

スルメイカと言えば、乾燥スルメイカに加工された物が有名で、噛めば噛むほど甘みが出て、おやつやおつまみとしても人気が高いと言われています。

そんなスルメイカは、よく噛んで食べる事で、脳を刺激して、脳を活性化する効果があり、豊富なタンパク質を含んでいるのも魅力の1つです。

そして、スルメイカに含まれるアミノ酸は、脂肪の消化・吸収にも効果があり、コレステロールの低下が期待出来ます。

お酒を飲む時には、脂っこい食材を食べる事も多いので、少しスルメイカを食べる事で、体への負担も軽くなると言えるでしょう。

スルメイカの栄養と効能

スルメイカには、どんな栄養が含まれているのでしょうか。

お酒のおつまみとしても人気が高い乾燥スルメイカには、豊富なアミノ酸、タンパク質、DHAなどが含まれています。

スルメイカの表面にある白っぽい粉は、タウリンという栄養成分で、脂肪の消化吸収を助ける効果があり、少し食べるだけでも、コレステロールを下げる効果、眼精疲労回復効果があるそうです。

また、豊富なコラーゲンも含んでいるため、お肌のケアにはオススメですし、DHAは頭の働きを良くするため、ゆっくりとよく噛んで食べる事で、脳を活性化させるのに高い効果を発揮すると言われています。

ちなみに、スルメイカはカロリーもそんなに高くないので、ダイエット中の方にもオススメです。

スルメイカのカロリー

スルメイカには、どれくらいのカロリーがあるのでしょうか。

スルメイカのカロリーは、干物になったもので100gあたり334カロリーほどだと言われています。

おつまみ用にカットされているスルメイカの場合には、大きめのパックでも200gほどですから、そこまで大量に食べる事は出来ませんから、お酒のカロリーを除けば、そこまで高カロリーな食材というわけではないでしょう。

そして、生のスルメイカのカロリーは、100gあたり88カロリーと、こちらも高カロリーではなく、ビタミン群、カリウム、亜鉛などを豊富に含んでいるヘルシーな食材だと言われています。

おいしいスルメイカの見分け方

スルメイカのおいしさはどこで見分けたら良いのでしょうか。

すでに乾燥加工がしてあるスルメイカの場合には、産地でおいしさを見分けるのが一般的です。

スルメイカの中で、特に人気と質が高いのが、北海道産のスルメイカで、身が柔らかく、味が濃いのが特徴だと言えるでしょう。

そして、加工されていない生のスルメイカの場合には、身が透き通っている物を選ぶのが良いそうです。

スルメイカは、水揚げする時には、透明、時間が経つにつれて、茶色、白と色が変わって行くため、スーパーなどで販売されているスルメイカの色は茶色い事が多く、色が白くなると風味も落ちてしまうと言えるでしょう。

スルメイカの価格の目安

スルメイカの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。

これは、産地によっても異なりますが、市販の乾燥スルメイカの価格は、一袋200gで1000円位が一般的です。

もちろん、人気の高い北海道産のスルメイカの場合には、同じ内容量でも、価格が、1200円~1500円になる事もありますが、その分、身が柔らかく、味が濃いので、少し高くても購入する価値はあると言えるでしょう。

また、生のスルメイカの場合には、1キロ1000円ほどで販売されている事もあるので、料理に使ったり、自宅で乾燥スルメイカを作ってみるのもオススメです。

スルメイカの有名産地

スルメイカの産地は、どこが有名なのでしょうか。

スルメイカは、数あるイカの中でも、日本各地で獲れる種類で、特に、北海道や青森県などの東北地方で獲れるものがおいしいと言われています。

冷たい海水で育ったスルメイカは、身が大きくて柔らかいのが特徴で、干物にしたあたりめは、北海道産の人気が高いと言えるでしょう。

実際に、北海道と青森県で獲れるスルメイカが、日本全国の収穫量の約6割をしめていると言われています。

さらに、スルメイカは、1年中収穫する事が出来ますが、特に夏から秋にかけて収穫されたスルメイカは、身が大きくおいしいと言えるでしょう。

スルメイカの種類

スルメイカとは、どんな種類のイカなのでしょうか。

スルメイカは、国内で1番食べられているイカの一種で、地方によって、マイカ、ムギイカなど、呼び名が異なります。

スルメイカの大きな特徴は、日本各地に分布しているため取れやすく、お刺身、焼き物、炒め物、フライ、干物など、様々な加工方法がある事だと言えるでしょう。

また、スルメイカの身は柔らかく、毒もないため、お刺身にする場合には良く洗う必要がありますが、初めての人にも調理しやすい種類だと言われています。

ちなみに、スルメイカにも大きさの違いがありますが、これは獲れる季節や地方によって異なるようです。

スルメイカの保存方法

生のスルメイカは、どのように保存したら良いのでしょうか。

スルメイカは、鮮度が高いうちにお刺身などで食べるのが一番おいしいのですが、すぐに食べきれない場合には、ワタや軟骨、墨袋取ってから、早めに冷凍するのが良いそうです。

スルメイカは、早めに冷凍すれば、時間が経っても風味が落ちにくいのですが、一度冷凍されていたスルメイカを再度冷凍する場合には、風味がまったく違ってしまうので、一度解凍したら全て食べきるのが良いでしょう。

そして、解凍する時には、レンジではなく、水に浸した状態で自然解凍するのが、おいしさを損なわないポイントだと言われています。

スルメイカの食べ方

スルメイカには、どんな食べ方があるのでしょうか。

スルメイカというと、おつまみ用に干物にされているものを思い浮かべる方が多く、食べる前に軽く火であぶると、身が柔らかくなり食べやすくなると言われています。

ただ、スルメイカは、1年を通してたくさん収穫されるイカの種類なので、生の新鮮なスルメイカが手に入れば、お刺身にしてもおいしいですし、焼き物、炒め物、フライ、パスタの具材としても、幅広く応用できると言えるでしょう。

また、すぐに食べきれない場合には、鮮度が落ちないうちに、ワタとスジを取り除いてキレイに洗ってから冷凍してしまうのが一番で、冷凍から2週間以内に食べきるのが良いと言われています。

スルメイカの定番レシピ

一年通して手に入りやすいスルメイカは、調理も簡単にできるオススメの食材です。

おつまみにも、おかずにもなるレシピが、スルメイカのバター醤油炒めで、材料はスルメイカ1杯、バター大さじ1、醤油大さじ1、塩こしょう少々だけです。

生のスルメイカは内蔵とスジを取り除いてからキレイに水であたって3センチほどに切り、熱したフライパンにバターを入れて溶かしてから弱火でスルメイカを炒めます。

塩こしょうを加え、最後の仕上げに醤油を加えたら出来上がりで、早くて簡単にできるので、ちょっとしたおつまみとしてもオススメだと言えるでしょう。

ちなみに、スルメイカは炒めすぎると硬くなるので、時間をかけすぎない事が大切です。

スルメイカの釣り

スルメイカは、素人でも比較的釣りやすい種類だと言われています。

スルメイカが、特に多く収穫されるのが7月から9月にかけての東北の海で、直結仕掛けと言って、角が14cm、または18cm、幹糸は下から6、8、10、12号と徐々に太くなるように作るのがポイントです。

また、スルメイカの群れは動きが速いため、群れに近づいてから他の釣り師たちとタイミングを合わせて罠を手際良く行う投入する事が重要だと言われています。

スルメイカ釣りは、エサを使わずに小刻みなシャクリ動作で小魚と錯覚させる為、ある程度のテクニックが必要になりますが、スルメイカが罠にはまったら、仕掛けを緩めずに早めに巻き上げて船内に入れる事が大切だと言えるでしょう。