たこ

たこがわかる!その魅力とは

たこの魅力とは何でしょうか。
たこの魅力は、独特の歯ごたえがあり、味がしつこくない事だと言われています。
ボイルしたタコは噛んだ時に弾力があるため、カルパッチョやマリネにしても、おいしく食べる事が出来ますし、サラダに加えるのもおいしいと言えるでしょう。
そして、たこは魚介類の臭みが無く、味もさっぱりとして食べやすいため、好き嫌いが分かれにくいと言われています。
海外では、生のたこの見た目から、たこを食べない国も多いのですが、日本国内では、代表的料理である、たこ焼きの人気は非常に高いですし、魚介類を使った料理には欠かせない食材だと言えるでしょう。

たこの栄養と効能

たこには、どんな栄養分があるのでしょうか。
たこには、豊富なタウリンが含まれています。
タウリンは、疲労回復や視力向上などの効果があるだけでなく、コレステロール値を下げる効果がある為、食べ過ぎるのはよくありませんが、日常的に少しずつ摂取するのがオススメです。
タウリンは、エネルギードリンクなどにも含まれている栄養成分ですから、その点でも、滋養強壮の効果が高いと言えるでしょう。
そして、たこには、タンパク質、ビタミンB2なども含まれており、粘膜や皮膚、髪を保護する効果が高いと言われています。
たこは、カロリーが低く、栄養素も多いヘルシーな料理だと言えるでしょう。

たこのカロリー

たこにはどのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
たこは魚介類の中でも、特に低カロリーなヘルシー食材だと言われています。
たこ100gには、99カロリーが含まれており、たこの刺身1バックは、重さが60gほどなので、1人前でも59カロリーで抑えられると言えるでしょう。
もちろん、たこだけで食事を済ませる事は出来ませんから、ご飯や他のおかずなどを合わせればカロリーも高くなりますが、たこ自体は高タンパクな割にカロリーが低いと言われています。
そして、たこには、豊富なタウリンが含まれており、疲労回復にはとても効果的なので、疲れ気味の方には、たこを使った料理がオススメです。

おいしいたこの見分け方

たこは、どんな風においしさを見分けたら良いのでしょうか。
スーパーなどで販売されているたこは、すでにボイルされて、カットしてあるものが多いのですが、皮の色が濃く、身の部分が白いものはおいしいと言われています。
基本的に、ボイルしたたこは一度火が通っている分、鮮度が落ちづらいですし、スーパーで販売されている状態で悪くなっている場合も少ないと言えるでしょう。
ただ、保存して時間が経つと、鮮度が落ちて表面にヌメリが出てきたり、臭いがしてくるため、そうなった場合には食べない方が良いと言われています。
ちなみに、生のたこの場合には、指で押してみて押された部分が変色すると鮮度が高いと言えるでしょう。

たこの価格の目安

たこの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
これは、その年の漁獲量によっても異なりますが、スーパーなどで販売されているボイルしたたこのパックは、1キロあたり1400円ほどだと言われています。
もちろん、1キロで購入する事は少なく、400gほどのパックでも、500円ほどする事が多いと言えるでしょう。
また、たこといえば、たこ焼きが人気ですが、たこ焼きの価格は1パック8個入りで400円~500円ほどの場合が多く、トッピングや、生地の種類によって料金が変わります。
ちなみに、たこの価格は、年々上がってきているそうです。

たこの有名産地

たこの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
国内のたこの産地としては、北海道や福島県、青森県が有名です。
特に、北海道では、いくつかの漁港で大量のたこが水揚げされるため、漁獲量が多いと言えるでしょう。
ただ、ここ数年では、国内産のたこよりも、モロッコ産のたこが多く輸入されており、現地ではたこがほとんど食べられていない分、日本への出荷量も多いと言われています。
実際に、世界のたこの消費量の約6割は日本と言われるほど、日本人にとっては人気の高いたこですが、海外ではたこを食べる国の方が少なく、生きている時の見た目だけで、たこを避けるという方も多いと言えるでしょう。

たこの種類

たこには、どんな種類があるのでしょうか。
普段私達が口にしているのは、たこの中でも、マダコという種類で、身に弾力があり、刺身、寿司、酢だこ、煮だこ、おでん、たこ焼きなどの具材に使われているほとんどがマダコだと言えるでしょう。
また、ミズダコも歯ごたえがあるため、一部では人気があり、味の面ではマダコの方が優れていますが、薄くスライスしてお刺身として食べるのは、おいしいと言われています。
そして、テナガダコという種類は、マダコよりも身が柔らかいのが特徴ですが、味が非常に長いため、生食よりも、煮物として使うのに合っていると言えるでしょう。

たこの保存方法

たこは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
スーパーで販売されているたこは、すでにボイル、カットされているので、冷蔵保存で3日ほど、冷凍保存なら1ヶ月ほど持つと言われています。
たこは冷凍しても味が変わりにくい魚介類なので、1ヶ月ほど冷凍したものでも、おいしく食べられると言えるでしょう。
生のたこの場合でも、ジップロックなどで真空パックにして冷凍保存すれば、半年経っても食べる事が出来ます。
ただ、生のたこを冷凍保存する場合には、釣ってきたたこを水道水で洗わずに、そのまま冷凍庫に入れる事で、味が落ちない状態を保てると言えるでしょう。

たこの食べ方

たこは、どんな食べ方がおいしいのでしょうか。
たこは、生のままお刺身として食べる事も出来ますが、ゆでだこの場合には、特に料理のレパートリーも多いと言われています。
たこの定番メニューと言えば、たこ焼きで、自宅にたこ焼き器を持っている家庭も多いですし、しっかりと生地の味付けが出来ていれば、失敗する事は少ないと言えるでしょう。
そして、ゆでだこをカットして、サラダに加えたり、カルパッチョにするのも人気があり、パンと合わせてもおいしいですし、ご飯との相性も良いと言われています。
また、たこを野菜と一緒に炒めてもおいしいのですが、火が通り過ぎると、たこの身が堅くなるので、調理時間はあまり長過ぎない方が良いでしょう。

たこの簡単な定番レシピ

たこを使った簡単なレシピと言えば、たこの唐揚げです。
用意するものは、たこ、塩こしょう、片栗粉、油だけで、細かい分量なども特にないと言えるでしょう。
まずは、生のたこを食べやすい大きさに切って、キッチンペーパーで水気を拭き取ってから、塩こしょうを振って味付けをします。
たこに片栗粉をまぶして、200度の高温の油でたこを揚げて、たこを包んでいる片栗粉がパリッと仕上がったら、たこの唐揚げの出来上がりです。
たこの唐揚げは、短時間で作る事が出来るため、ちょっとしたお酒のおつまみだけでなく、夕食のおかずとしてもオススメだと言えるでしょう。

たこの釣り

たこ釣りは、場所によって、初心者でも簡単に釣る事が出来ると言われています。
たこ釣りの時期は夏から秋にかけてで、防波堤などで釣れるそうです。
たこ釣りに必要なのは、竿とリール、たこ釣り用のタコテンヤの3種類で、釣りの専門店に行けば、たこ釣りの用具も整うと言えるでしょう。
エサに使うのは、小さなアジやさばの切り身で、テンヤにエサを針金で固定して、テンヤを防波堤の近くにセットします。
テンヤが海の底まで到達したら、竿を寝かしておき、時々テンヤを持ち上げて、竿をしゃくって待ちます。
竿に重みを感じたら、竿をしっかりと構えて、一気に糸を巻いて、テンヤを持ち上げ、たこを陸地まで引きずり出せると言えるでしょう。