花咲ガニ

花咲ガニがわかる!その魅力とは

茹でたカニが、咲いている花のように見えるから、その名がついた花咲ガニ。
足が太くて短い花咲ガニの魅力は、やはりその食べやすさではないでしょうか。
タラバガニまで大きくはないものの、花咲ガニの足は太いため、とても食べやすいのが特徴です。
さらに、花咲ガニはタラバガニや、ズワイガニにくらべて、安価で手に入る為、「ちょっとタラバや、ズワイには手が出せない」と言う方にもオススメです。
色鮮やかで、食べやすく、さらに価格もそこまで高くないとなれば、花咲ガニを食べない手は有りません。
しかし残念な事に、花咲ガニは、他のタラバガニやズワイガニ、毛ガニに比べて市場に出回っている数が少ないため、あまり一般のスーパーなどでは売られていないようです。

花咲ガニの栄養と効能

花咲ガニには、他のカニ同様に豊富な栄養分が含まれています。
まず、花咲ガニには豊富なカルシウムが含まれています。
カルシウムの効能は皆さんご存知の通り、骨や筋肉を作る事ですよね。
カルシウムは、骨や筋肉を強くするだけでなく、神経に作用してイライラを抑える効能が有ります。
さらに、花咲ガニに含まれているビタミンEは、ガン、動脈硬化、高血圧などを予防する作用が有ります。
とくに、花咲ガニのカニ味噌の部分には、栄養分がたっぷり含まれているので、沢山摂取する事がオススメです。
ちなみに、花咲ガニの殻を利用してダシを取ると、殻に含まれているカルシウムや旨味成分も沢山摂取出来るので、ぜひ捨てる前に利用しましょう。

おいしい花咲ガニの見分け方

北海道の根室で多く水揚げされる花咲ガニ。
本州に暮らしていると、ネットなどでお取り寄せしない限り食べる機会があまりない花咲ガニですが、おいしい花咲ガニを見分ける時には、どんな所をポイントに選んだら良いのでしょう。
花咲ガニを選ぶ時には、まず、重みをチェックします。
花咲ガニは、小さくてもずっしりと重みがあるものの方が身が詰まっていておいしいので、見た目の大きさにダマされないように注意しましょう。
さらに、殻の固い花咲ガニは、何回も脱皮を繰り返していた証拠で、堅い殻にはおいしいダシが出るエキスがたっぷり詰まっているので、これも大切なポイントです。
おいしい花咲ガニを選ぶときは、重さと、殻の固さをチェックしましょう。

花咲ガニの価格目安

花咲ガニは、北海道の根室地方でしか水揚げされない為、本州で販売される事はほとんど有りません。
多くの場合が、インターネットのサイトなどで、現地からお取り寄せする方法になります。
そんな花咲ガニの価格は一尾800g程度で、4000円~5000円が相場です。
カニ自体が安い食材ではありませんから、高く感じるかもしれませんが、やはり最低でも一尾4000円はするのが普通です。
800gというと、かなり重みが有りますので、決して高い値段では有りません。
もちろん北海道の根室地方で花咲ガニを購入すれば、もう少し安く手に入りますが、本州に住んでいると、花咲ガニを格安で購入する事は難しいようです。

花咲ガニの有名産地

花咲ガニの産地と言えば、北海道の根室地方です。
根室地方では、花咲ガニの他に、タラバガニや毛ガニなどのカニ各種、さんま、シャケ、ホタテなどなど、海の幸が沢山水揚げされる事で知られています。
特に、根室地方の南端・知床では、アラスカのような雄大な自然に育まれて、おいしく育ったカニ類が多く水揚げされるのです。
北海道の海は水温が低いため、花咲ガニが育つなかで自然と沢山の身を体内にたくわえているため、身がしまっていて美味しいのだそうです。
そんな花咲ガニは味が濃くて食べやすい分、北海道ではかなりポピュラーなカニの種類なのですが、水揚げされる地域が多くないため、本州にはあまり出回っていないそうです。

花咲ガニの種類

花咲ガニは数あるカニの種類の中でも、茹でた時に殻の赤色がかなり強くなる種類のカニです。
花咲ガニ自体に沢山の種類が有るわけでなく、水揚げされる地域によって、区分けされる事が多いようです。
国内では、北海道の根室地方でのみ水揚げされる花咲ガニですが、海外では、ロシアやアラスカなど、いずれも極寒の海で水揚げされる事が多いようです。
しかし、国内での花咲ガニ需要はあまり高くないため、海外からわざわざ輸入される事はほとんど無いのだとか。
ちなみに、タラバガニや、ズワイガニ、毛ガニに比べると、花咲ガニの風味は若干劣るという理由もあって、国内での花咲ガニ需要は低いのだそうです。

花咲ガニの保存方法

花咲ガニの保存方法をご存知ですか。
花咲ガニは、北海道で広く流通していて、本州になるとお取り寄せでの入手がほとんどになる貴重なカニです。
花咲ガニの水揚げ量が多い北海道の根室地方なら、活き花咲ガニを手に入れる事が出来ますが、多くの場合は一度茹でてから、冷凍された状態で販売されています。
冷凍されている花咲ガニは、食べるときまで解凍はせず、冷凍庫で保存しましょう。
ちなみに、花咲ガニ解凍してから、食べきれなかった分を再冷凍する方が居ますが、これはカニの鮮度が落ちてしまうためおすすめできません。
解凍した花咲ガニが食べきれなかった場合には、水で濡らしたペーパータオルで表面を覆って、冷蔵庫で保存しましょう。