毛ガニ

毛ガニがわかる!その魅力とは

「ズワイガニが一番美味い」「いや、タラバガニの肉厚さが一番良い」と言う方はかなり多いのですが、真のカニ好きから言わせると、「カニの王様は毛ガニ」何だそうです。
一見すると、毛ガニって小さいし、毛がモジャモジャで食べづらいと言う事も事実です。
しかし、カニの種類の中でも、カニの身の味の濃さ、味噌のコクの深さを総合すると、毛ガニに勝るカニは居ない!と言って過言ではありません。
日常的に、カニを食べている北海道県民、いわゆる道産子に言わせると、やっぱりカニの中で一番人気が高いのは毛ガニなのだそうです。
解凍してそのまま生で食べるも良し、殻だけでダシをとって鍋にしても良しの、激ウマ毛ガニの人気は衰えません。

毛ガニの栄養と効能

独特のコクと美味しさがぎっしり詰まった毛ガニには、もちろん栄養もたっぷり含まれています。
まず、カニ全体に言える事ですが、毛ガニに含まれているタウリンと言う成分は、血圧や、コレステロールを下げる効果があります。
血圧が下がると、動脈の負担が軽くなるため、動脈硬化の予防にもタウリンが有効です。
そして、カニを茹でた時には、カニの甲羅が赤く変わりますよね。
ここで発生する赤色色素が身体に入る事で、老化防止、美肌効果もあるのだそうです。
毛ガニのカニ味噌にも、脂肪燃焼に効果的な成分であるグリコーゲンが沢山含まれているため、毛ガニは見た目以上に栄養満点でいて、ヘルシーな食材と言えるでしょう。

おいしい毛ガニの見分け方

毛ガニの見分け方って、素人にはかなり難しいんだそうです。
と言うのは、毛ガニ自体が、通販で購入される事が多く購入前に実物を見てたしかめられない上、実物を見た所で、毛に覆われていて、よく判断がつかないのが普通です。
しかし、もし毛ガニを購入前にチェック出来る直売所などに行く機会があれば、以下の事を注意しながら、おいしい毛ガニを見分けてみましょう。
まず、身がぎっしりと詰まっていて、重みのある毛ガニ。
せっかく買うなら、カニ味噌から足の先まで美味しい身が詰まっている毛ガニが一番ですよね。
さらに、毛ガニの甲羅を押した時に、甲羅がへこまないものを選びましょう。
脱皮を繰りかえした毛ガニは、ダシがいっぱい含まれているのでオススメです。

毛ガニの価格の目安

かに好きにはたまらない、美味を誇る「毛ガニ」
毛ガニというと、タラバガニやズワイガニと一緒にお正月に頂くものというのが定番ですが、カニそのものが高価な食材である為、なかなか日常的に食べる事は出来ませんよね。
そんな毛ガニの価格目安は、2尾セットで4000円~5000円程度です。
毛ガニ自体が小ぶりのカニですから、やはりこの値段はよっぽどおめでたいときでない限り手が出ませんね。
しかし、毛ガニの産地である北海道では、毛ガニも安く手に入る為、日常的に毛ガニを食べる事が出来るんだそうです。
本州の人にとっては羨ましい限りですが、この値段が合ってこそ、本当に質の良い毛ガニを頂けるのかもしれません。

毛ガニの有名産地

毛ガニの産地と言えば、やっぱり北国・北海道。
北海道では、毛ガニも安価で購入出来るため、子供達のおやつが毛ガニ、なんて文化も有るらしいのです。
しかし、毛ガニが水揚げされるのは、日本海だけでなく、太平洋や、アラスカまで、本当に幅広い範囲で、最近では朝鮮産の毛ガニも広く出回っています。
「毛ガニは水揚げされる国や、地域によって味が違う」と言いますが、実際のところ、年に1度くらいしか食べられない毛ガニの味の違いが分る素人は、ほとんど居ないので、あまり国内産にこだわる必要は無いかもしれません。
しかし、穫れたて新鮮の毛ガニが美味しいのは事実。
冬の北海道に立ち寄った際には、ぜひ本場の毛ガニをお試しください。

毛ガニの種類

毛ガニには、あまり沢山の種類が無いようです。
と言うよりも、毛ガニには近縁種である、クリガニとトゲクリガニが居るだけで、毛ガニそのものは、グレードで分けられるのが普通のようです。
クリガニは、北海道でも水揚げされますが、多くはアメリカのカリフォルニアや、朝鮮半島で水揚げされ、毛ガニよりも若干風味が弱いのが特徴です。
そして、もう1つのトゲクリガニの味は、毛ガニとほぼ同じと言われています。
トゲクリガニも北海道から、東京湾まで幅広い範囲で水揚げされるのが普通で、毛ガニそのものは、大きさや重さでグレード分けされるのが普通で、毛ガニの偽物が紛れ込むということは、あまり無いようです。

毛ガニの保存方法

活き毛ガニで無い限り、毛ガニは冷凍された状態で販売されています。
冷凍されたカニは、1度茹でられてから冷凍されているため、購入後もそのまま冷凍保存すれば、保存方法は完璧です。
食べる前には、凍った毛ガニを自然解凍させて、生のままカブリ!なんて言うのもたまりませんね。
では、解凍はしたけれど、食べきれなかった毛ガニの保存方法についてはどうでしょう。
解凍した毛ガニは、そのまま置いておくと、すぐに傷んでしまうため、もう一度冷凍保存するか、すぐに料理に使ってしまいましょう。
カニ鍋にしても良いですし、豪華なかに玉チャーハンというのもオススメです。
新鮮なカニの風味を活かす為にも、早めに食べきる事が大切です。