ユッケ

ユッケがわかる!その魅力とは

ユッケの魅力とは何でしょうか。
ユッケの魅力は、なんといっても、生肉のおいしさを存分に引き出して居る事だと言われています。
生肉というと、臭みがあると考えている方も居るのですが、実際には、お肉の質が高ければ高いほど、臭みはありませんし、生肉ならではの血が滴るような味がおいしいと言えるでしょう。
もちろん、ユッケの好みは分かれますが、質が悪いお肉は、火を通さないと食べられないのに比べて、ユッケは、お肉の質が問われる料理だと言われています。
ただ、質の悪いお肉を使ったユッケは、食中毒、最悪、死に至る事もありますから、その点では、あまり信用できない業者のものは食べない方が良いでしょう。

ユッケの栄養と効能

ユッケには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
ユッケは、生の牛肉を使った料理なので、タンパク質やカルシウムが豊富に含まれています。
タンパク質は、体の皮膚や筋肉を作るのに欠かせない栄養成分ですし、カルシウムは骨を強くするのに必要な栄養素だと言えるでしょう。
また、生のユッケの場合には、生卵の黄身が上に乗っている事が多いのですが、卵の黄身には、豊富なビタミン、ミネラルなどが含まれているため、一緒に食べる事で、総合的な栄養バランスが良くなると言われています。
ただ、生のユッケは鮮度が低いと体調を壊す原因になるので、注意が必要だと言えるでしょう。

ユッケのカロリー

ユッケには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
ユッケの1人前は60gほどで187カロリーだと言われています。
お肉料理にしては、カロリーが低く感じる方も居るのですが、ユッケの場合には、生肉を使った料理なので、ムダな油を使っていない分、カロリーも低めだと言えるでしょう。
ただ、ユッケは、生肉と野菜、卵の黄身も入っているため、栄養バランスは良いと言われています。
もちろん、スタミナも付ける事が出来、冷やして食べる料理なので、暑さで夏バテしている方でも食べやすいと言えるでしょう。
ちなみに、ダイエット中の方には、マグロや鶏肉を使ったユッケがオススメです。

おいしいユッケの見分け方

ユッケは、どんな風においしさを見分けたら良いのでしょうか。
まず、焼肉用のユッケは、普段、お肉屋さんでも見かける事が少ないですし、焼肉屋さんに行かないと食べられない事も多いと言われています。
しかし、おいしいユッケを提供しているお店は、ユッケの鮮度が高いため、お肉の色合いが良く、臭みがないと言えるでしょう。
また、生ユッケの場合には、生の牛肉を使用しているため、見た目だけでおいしさを見分けるのは難しいのですが、鮮度が低いと食中毒を起こす可能性もあるので、食べる前に、変な臭いがしないかどうかもチェックした方が良いと言われています。

ユッケの価格の目安

ユッケの価格はいくらぐらいなのでしょうか。
これは、ユッケの産地や、外食、自宅用などによって異なります。
まず、国産の自宅用のユッケは、120gあたり2000円~3000円と言われており、お肉屋さんだけでなく、ネットなどでも販売されています。
生卵の黄身を乗せて食べられるユッケは、最近、特に人気が上がってきており、1人前70g、900円ほどからで購入できると言われています。
ただ、外食の場合には、さらに価格も1.5倍~2倍ほどに高くなるので、どこで食べるかによっても、価格は大きく異なると言えるでしょう。
ちなみに、ネットでは、家族用のユッケのパックも販売されているそうです。

ユッケの有名産地

ユッケの産地と言えば、どこでしょうか。
ユッケは、元々、韓国料理の1つで、焼肉のメニューとしても、日本で馴染んでいる料理です。
韓国では、ユッケの種類も多く、地方によって味わいも異なる場合があり、日本国内でも、マグロや馬肉を使ったユッケを一部地域で食べられると言われています。
ただ、おいしいユッケを食べるなら、お肉の産地にこだわる事も大切です。
ユッケと言う料理の原産は韓国でも、鮮度やお肉の質なら、国内産の牛肉を使ったユッケの方が人気は高いですし、黒毛和牛や伊賀牛などを使ったユッケは、販売量も多いと言われています。
生肉の料理ですから、まずは鮮度が高く、そして質の良いお肉を選ぶ事が大切です。

ユッケの種類

ユッケには、種類があるのでしょうか。
ユッケは、生の牛肉をコマ切りにして、卵の黄身、ごま、ネギ、松の実などの薬味、醤油、ごま油、コチュジャンなどの調味料と一緒に良くまぜて食べる料理です。
ユッケは、韓国両輪一種なのですが、日本の焼肉店でも定番のメニューですし、牛肉以外でも、マグロ、鶏肉、馬肉などで作られる事もあると言われています。
また、ビビンバにユッケを乗せたユッケビビンバも、焼肉店などで出されるメニューで、人気も高いと言えるでしょう。
ただ、以前に焼肉店で食べたユッケで食中毒を起こして、死亡したケースもあるので、現在では、ユッケに関する基準も厳しくなっており、以前のように色々なユッケを楽しめるお店は限られています。

ユッケの保存方法

ユッケは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
市販されているユッケは、真空パックに入っているため、購入後は、5度以下の冷蔵保存をした方が良いと言われています。
5度以下の温度になると、お肉のバクテリアが増えなくなりますから、ユッケを食べて体調を崩す心配もなくなると言えるでしょう。
また、賞味期限としては、未開封の場合でも、購入から1週間ほどだと言われており、開封したらその火のうちに食べた方が良いでしょう。
ユッケは、時間が経つと臭みが出てくるので、自宅用に買った場合でも、出来るだけ早いうちに、食べきった方が良いと言われています。

ユッケの食べ方

ユッケと言えば、生肉と生卵の黄身、調味料などを混ぜて食べる韓国料理なのですが、実は、ユッケの食べ方を知らないと言う方も多いようです。
焼肉店では、ユッケは定番のメニューなのですが、初めてユッケを見ると、そのまま網で焼いてしまうという場合もあります。
ただ、ユッケは、醤油やごま油、コチュジャンなどをお好みでかけてから、生卵も一緒にグチャグチャに混ぜてから、そのまま食べるものなので、覚えておくと良いでしょう。
もちろん、ユッケを普段から食べないのであれば、問題ありませんが、最近では、ユッケの人気も上がってきている為、お食事の時に、ユッケを間違って焼いてしまうと、少し恥ずかしい思いをするかもしれません。

ユッケの簡単な定番レシピ

ユッケは、どうやって作るのでしょうか。
生の牛肉のユッケは、すでに真空パックになって販売されている事が多いのですが、自宅でユッケを作るなら、牛肉以外の材料を使うのが良いでしょう。
ダイエット中の方にもヘルシーで人気があるのが、マグロのユッケで、材料はマグロ100g、酒小さじ2、ごま油小さじ1、佐藤小さじ1、コチュジャン小さじ1、醤油大さじ1、生姜チューブ2センチ、にんにくチューブ2センチです。
マグロ以外の調味料をボールで混ぜ合わせて、大きくカットしたマグロを合わせ、冷蔵庫で15分ほど馴染ませたら、お皿に盛り、中央に卵の黄身を落としたら出来上がりです。

ユッケの作り方

ユッケは、自宅でも簡単に作る事が出来ます。
材料は和牛のモモ肉(高級なものの方がおいしい)200g、醤油小さじ2、白ごま小さじ1、ごま油大さじ1、コチュジャン小さじ1、砂糖小さじ2分の1、にんにく1片を用意して、生肉を扱うため、まな板や包丁などはお湯で殺菌消毒しておいた方が良いでしょう。
牛肉を細切りにして、調味料と牛肉を混ぜ合わせて、お皿に盛り、生卵の黄身を盛りつければ完成です。
特に、牛肉と調味料を混ぜ合わせる時には、素手だとばい菌が付く事があるため、スプーンなどを使って混ぜた方が良いと言われています。
ちなみに、牛肉は薄めに切った方が、柔らかいユッケになると言えるでしょう。