肉じゃが

肉じゃががわかる!その魅力とは

肉じゃがの魅力とは何でしょうか。
肉じゃがの魅力は、肉じゃがを調理する人によって、若干味の違いが有り、特に、家庭料理としても人気が高い事だと言われています。
「肉じゃがは、おふくろの味」と言われる事も多く、作り方が簡単な上に、沢山の野菜を一緒に食べられ、肉じゃがに使うお肉も、価格が安い部位である事から、「簡単に、安く、美味しく、健康に」食べられるのが、肉じゃがの魅力だと言えるでしょう。
ちなみに、初めて料理をする方にも、肉じゃがは、失敗する事が少ない料理だと言われており、一人暮らしをし始めて、栄養が偏りがちな方にも、肉じゃがはオススメの料理だと言われています。

肉じゃがの栄養と効能

肉じゃがは、1皿で沢山の野菜を摂取出来る、栄養満点の食事として知られています。
まず、肉じゃがの具材には、牛の切り落とし肉、ジャガイモ、人参、グリーンピース、たまねぎなどが使われるのが一般的です。
牛肉には、タンパク質や鉄分が多く含まれており、ジャガイモもタンパク質が多い野菜の1つだと言われています。
人参には、ビタミン類が沢山含まれており、これは肉じゃがの煮汁に溶け出している事が多いので、煮汁までしっかり飲む事で、栄養分をムダ無く摂取出来ると言えるでしょう。
そして、グリーンピースや、たまねぎには、血液をサラサラにして、エネルギーを活発化される効果があると言われています。

おいしい肉じゃがの見分け方

肉じゃがには、おいしい見分け方法があるのでしょうか。
基本的に、肉じゃがは料理の名前なので、素材がよく、調理法を間違っていなければ、おいしい肉じゃがを作る事が出来ます。
しかし、肉じゃがを作る上で、肉じゃがに使う、切り落とし肉をしっかりと選ぶ事が重要だと言えるでしょう。
おいしい切り落とし肉は、脂身がかたまっている事が少ないため、購入する前にお肉の脂や筋が、キレイに省かれているものを選ぶのが良いでしょう。
そして、お肉は古くなると黒ずんでくる場合が多いため、肉じゃがに使う切り落とし肉も、お肉の色がピンクや赤の強いものを選んで、黒ずんでいるものは避けた方が良いそうです。

肉じゃがの価格の目安

肉じゃがの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
これは、肉じゃがをどこで食べるかによっても異なりますが、一般に販売されているインスタントの肉じゃがの場合、1人前230円~250円ほどが相場だと言われています。
そして、定食屋さんなどで、肉じゃが定食を食べる場合には、ご飯や、お味噌汁、お漬け物が付いて1000円~1300円ほどが一般的な値段だと言えるでしょう。
もちろん、自宅で肉じゃがを作る場合の予算は、家族4人分で1500円ほどと言われており、材料を購入するスーパーによっては、さらにお買い得に、美味しい肉じゃがを楽しめるそうです。

肉じゃがの有名産地

肉じゃがにも、有名な産地があるでしょうか。
肉じゃがは、昔の海軍の食事として作られた料理の1つなので、日本に特別な肉じゃがの産地があるわけではないようです。
肉じゃがに使われる切り落とし肉(地方によっては豚肉)や、ジャガイモ、人参、しらたき、たまねぎなどは、どんな地方や季節でも簡単に手に入る食材ですから、その点では、味付けの材料さえあれば、海外でも日本と全く同じ肉じゃがを作る事も可能なのです。
ただ、お肉がおいしい地域の肉じゃがには、普通の肉じゃがと違ってコクがあると言われていますし、採れたての野菜を使った肉じゃがも、味のしみ方が変わるので、その地方によって、また違った肉じゃがを楽しむ事も出来るでしょう。

肉じゃがの種類

肉じゃがには、どんな種類があるのでしょうか。
まず、肉じゃがには、牛肉の切り落としを使う事が多いのですが、地方によっては、肉じゃがに豚肉を使う地域もあると言われています。
牛肉を肉じゃがに使う事で、肉じゃがのコクが増すというメリットもありますが、豚肉なら、牛肉よりもヘルシーなお肉なので、コレステロールなどを気にしないで食べられるのが魅力でしょう。
ただ、肉じゃがは作る人によって、甘みが強かったり、塩気が強かったりする事が多く、「おふくろの味」と言われる事があるのも、それぞれの家庭に、若干肉じゃがの味の違いがあるからだと言われています。

肉じゃがの保存方法

肉じゃがというと、まとめて沢山作る事が多いのですが、肉じゃがは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
まず、肉じゃがは、どの具材にもしっかりと火が通っているので、そこまですぐに悪くなる事はありませんが、保存する際には、タッパーなど空気の入りにくい容器に入れて、冷蔵保存するのが良いそうです。
しかし、次にいつ肉じゃがを食べるか、まだわからない場合には、同じようにタッパーに入れて、冷凍保存するのが正解です。
そして、調理した肉じゃがをお弁当に入れる場合には、外気の熱が入りにくいように、アルミホイルなどで包むのが良いと言われています。