手羽先

手羽先がわかる!その魅力とは

手羽先の魅力って何なのでしょう。
「手羽先って、食べづらいから好きじゃない」という方が多いのは事実ですが、あの食べづらささえ無ければ、手羽先ファンはもっと沢山増えると思いませんか。
手羽先には、他の鶏肉の部位とは違った味わいが含まれていて、夕食のおかずや、お酒のおつまみにも、美味しく頂けますよね。
しかし、手羽先の魅力は味だけではなく、その栄養成分にも隠されています。
手羽先に多く含まれている成分は、コラーゲン。
お肌をツルツルにする成分として知られているコラーゲンは、女性だけでなく、男性にとっても嬉しい成分ですよね。
手羽先は食べ方さえマスターすれば、あなたも手羽先の魅力を存分に感じられるでしょう。

手羽先の栄養と効能

手羽先の栄養価は、とても高い事で知られています。
元々、鶏肉自体が、低脂肪、高タンパクのヘルシー食材で、特に手羽先には、多くのコラーゲンや、ビタミンA、Bなどが含まれています。
では、手羽先を食べると実際にどんな効能が有るかというと、まず第一に美肌効果です。
手羽先の皮部分に含まれる豊富なコラーゲンが、肌の新しい細胞を精製する役目をして、綺麗な肌を手に入れる事ができます。
それだけでなく、手羽先に含まれるビタミンAが、老化防止、がん予防の役割を果たすのだそうです。
このビタミンAも美肌を作る上では欠かせない栄養成分ですから、手羽先は、美肌にかなりの効果がある食材と言えるでしょう。

おいしい手羽先の見分け方

あなたは、どんな基準で手羽先を選んでいますか。
手羽先は、お肉よりも皮の部分が多いため、肉の厚みでおいしさを見分ける事が出来ません。
では、手羽先を選ぶ時に、どんな見分けをしたら良いかというと、ポイントになるのが色です。
おいしい手羽先は、皮の色がうすピンク色になっています。
ちょっと黒ずんでいたり、赤みが強すぎる手羽先もタブーです。
さらに、皮部分の多い手羽先でも、全体にふくらみがあり、柔らかいものを選ぶのが良いでしょう。
皮にツヤと弾力が有れば唐揚げにした時も、お肉の柔らかさが残り、さらに上質の手羽先といえます。
せっかくお家で調理するなら、おいしい手羽先を見分けたいものですね。

手羽先の価格の目安

食べにくいけど、味は抜群に美味しい手羽先。
そんな手羽先は、地元のスーパーマーケットでも、すぐに手に入ります。
価格は100g70円ほどで、手羽先1本に対して、100gほどの重さになります。
ただ、お取り寄せの手羽先には、特別な味が付いていたりして、もう少し値段が上がるようです。
手羽先は、唐揚げにして食べるのが一般的ですが、食べる時に手が汚れてしまったり、骨をしゃぶらないとお肉がうまくはがれなかったりして、食べずらいですよね。
いくら手羽先が大好きでも、「食事の席で手羽先を食べるのは、気が引ける」という女性も多いですから、そんな方にはぜひスーパーで買ってきた手羽先を自宅で調理するのが良いでしょう。

手羽先の有名産地

手羽先の産地で有名なのが、愛知県名古屋市。
手羽先の発祥地が名古屋市の鶏料理店と言う事もあって、元々、捨てられる事の多かった鶏の手羽先が、低価格で食べられる庶民のおつまみとして広まった名古屋では、現在も手羽先の年間消費率が、他の地方に比べると、名古屋はかなり多いのだとか。
名古屋には、手羽先の他にも、味噌田楽や、ういろうなど、ちょっとユニークな食材が多い事でも知られています。
名古屋市民に言わせれば、「上手いもんは、まず名古屋で生まれる」と言うほど、美食に溢れた町なんだそうです。
手羽先は、どこでも手に入りますが、名古屋コーチンなど有名な鶏の種類を扱っている名古屋の手羽先は一段とおいしそうですね。

手羽先の種類

手羽先とは、鶏の羽根先部分を指しています。
その為、鶏肉の種類に違いは有っても、手羽先そのものには種類が有りません。
そんな手羽先を使った料理は様々です。
手羽先の唐揚げが、お酒のおつまみや、ご飯のおかずとして有名ですが、その他にも、手羽先をタレにつけてから焼いたり、味噌をつけたりと、手羽先を使った料理の種類は地方によって変わるようです。
手羽先に味噌をつけるなんて、関東ではあまりない組み合わせかもしれませんが、手羽先の発祥地はあの味噌田楽で有名な名古屋。
有名な鶏の一種・名古屋コーチンの手羽先と、名古屋の味噌を合わせるなんて、とっても贅沢な組み合わせですよね。
あなたも、ちょっと変わった手羽先料理にハマってしまうかもしれません。

手羽先の保存方法

食べきれないほど手羽先を購入してしまった時には、冷蔵庫では無く、冷凍庫で保存しましょう。
と言うのは、鶏肉が冷蔵庫に入れておいても、すぐに腐ってしまう食品で、腐ってしまった鶏肉の強烈な臭いったらありません。
なので、冷凍保存をオススメするのですか、冷凍庫で保存する際には、二通りの保存方法が有ります。
1つは、生の手羽先をそのままラップに包んで、冷凍する事。
これは唐揚げ以外の調理方法で手羽先を食べる時にオススメです。
そしてもう1つが、下味をつけた状態で冷凍保存する方法です。
下味をつけておくと、から揚げにする際にも、味がしみている状態で、すぐに調理が可能なので、時間の短縮にもなるのです。