うり

うりがわかる!その魅力とは

うりの魅力とは、なんでしょうか。
まず、うりには、メロンの品種群と、うり科の果菜の総称という意味が2つあります。
一般的にうりというと、きゅうりなど、水分量が多い野菜を想像する方も多いのですが、うりという名前自体は、メロンに重きを置いている事が多いと言われています。
メロンとしてのうりは、甘みが強く、デザートとしても有名だと言う事だけでなく、間引きした甘くないメロンも、漬け物などにして食べられる為、ムダが無いことが魅力です。
また、うり科の果菜には、カボチャ、ニガウリ、スイカ、ズッキーニなども含まれており、それも栄養分が豊富なのが、大きな魅力だと言われています。

うりの栄養と効能

うりには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
うりは、うり科の野菜の中でも、特にビタミンCが多い野菜として知られています。
ビタミンCは、美肌に効果があるだけでなく、抗酸化作用もあるため、アンチエイジングにも役立ちますし、うりのビタミンCの量は、きゅうりの10倍とも言われています。
そして、うりには、高血糖、高血圧などと予防するカロチンなども含まれているため、うり科の野菜の中では、栄養素も高い方だと言えるでしょう。
ちなみに、うり科の一種であるニガウリには、視力回復、夏バテ解消、血糖値を下げる効果もあるため、夏場に食べるのが、特に良いと言われています。

うりのカロリー

うりのカロリーは、どれくらい高いのでしょうか。
うりは、元々水分が強い野菜なので、カロリー自体も低めで、うりの塩漬けにした場合、100g16カロリーほどになると言われています。
もちろん、塩漬けなので、カロリーよりも塩分の方が多いのですが、夏バテ防止にも役立つので、オススメです。
また、同じうり科のニガウリも、100gで20カロリーほど、まくわうりも100g32カロリーほどなので、うり科の野菜は基本的に、低カロリーの野菜だと言えるでしょう。
うり科のような夏野菜は、カロリーよりも、水分量が多いのが特徴なので、沢山食べても、ヘルシーだと言われています。

おいしいうりの見分け方

うりのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
うりには、メロンの品種群という意味と、うり科の果菜類の総称と言う意味があります。
まず、メロンの中でも、うりという名前がついているまくわうりは、お取り寄せなどで購入する事が多いので、甘い香りがして、全体の模様にも、ムラが無いことだと言われています。
インターネットのお取り寄せの場合には、出荷前に、農家の方が、しっかりと品質をチェックしているため、失敗は無いと言われていますが、実が熟れる前から冷蔵庫に入れてしまうと、熟成が止まってしまうので、注意が必要だと言えるでしょう。

うりの価格目の安

うりの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは、うりの種類によっても異なりますが、うり科のきゅうりの場合には、1袋150円~200円ほどだと言われています。
メロンの代表格だったまくわうりの場合には、1キロ500円ほどなのですが、一般のスーパーでは、販売されていないため、5キロほどのお取り寄せになる事が多いと言えるでしょう。
ただ、うり科の野菜というと、メロンもそうですし、スイカや、カボチャなども含まれているため、うりの価格をはっきりと調べるのは難しいと言われています。
ちなみに、キュウリ以外では、手に入りにくいか、高価な食材になるので、自宅で育てる方も多いと言えるでしょう。

うりの有名産地

うりの産地ではどこが有名なのでしょうか。
うりの産地は、種類によっても異なります。
まず、うり科の中でも、甘みが強いまくわうりの産地は、中央アジアが多いのですが、国内では、岐阜県で古くから栽培されていたと言われています。
また、にがうりの産地は、沖縄県ですし、消費量も沖縄が一番多いと言われています。
キュウリの産地としては、山形県、宮城県、群馬県などが有名で、生産地によって、出荷の時期も若干異なると言えるでしょう。
このように、ひとことに「うり」といっても、その種類によって、産地や生産量、消費量などは、まったく違うと言われています。

うりの種類

うりと一言で言うと、キュウリやニガウリなどのうり科の野菜を思い浮かべる方が多いのですが、うりという言葉には、メロンの品種群という意味と、うり科の果菜類という意味があります。
うりという野菜もあるのですが、消費量で言えば、キュウリやニガウリの方が多いですから、スーパーでも、うりを見かけること自体少ないと言えるでしょう。
そして、メロンの品種群という意味もある為、メロンや、まくわうり等も、うりの種類としてあげられます。
もちろん、一般的には、うりとメロンは、違うものとして扱われているのですが、厳密には、同じ部類の果菜だと言えるでしょう。

うりの保存方法

うりは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
うりは、夏野菜のひとつなので、購入後は、冷蔵庫で保存するのが良いと言われています。
しかし、冷蔵庫の野菜室だと、野菜が冷え過ぎて、風味が落ちてしまう事もあるので、冷蔵庫に入れる前に、新聞紙で包んでおくのが良いでしょう。
また、新聞紙に包む事で、中身の酸化を防ぐ事が出来るので一石二鳥なのです。
ちなみに、悪くなってしまったうりを、他のうりと一緒にいれておくと、他のうりまで腐ってしまう事があるので、うりが変色したり、臭いがする場合には、すぐに取り除いて、別々に保管した方が良いと言われています。

うりの食べ方

うりは、生食の他に、良い調理法があるのでしょうか。
うりは、身が大きいため、調理法も迷ってしまう事がありますが、縦半分に切ってから、種をスプーンですくいとって、挽肉をつめ、ダシで煮るだけでも、おいしいおかずが出来ると言われています。
うりは、浅漬けなどにされる事も多いのですが、水分量が多すぎる場合には、少し調理した方が食べやすくなると言えるでしょう。
ちなみに、うりを炒め物などに使う場合には、皮が硬く感じる事もあるので、先にピーラーなどでむいておくのがオススメです。
また、変わった食べ方としては、お味噌汁の具材に使うという方法もあるそうです。

うりの簡単な定番レシピ

うりを使った簡単なレシピには、どんなものがあるのでしょうか。
うりは、夏野菜のひとつなので、さっぱりと食べられるレシピの方が合っていると言われています。
簡単な定番レシピと言えば、うりの浅漬けで、うり2本、塩小さじ2杯が材料です。
うりの表面をピーラーでシマシマにむいてから、うりを縦2等分に割って、種をスプーンで取り除きます。
そこに手で塩を刷り込んでから、塩を付けたまま、ビニール袋に入れて、半日ほど冷蔵庫に入れておきます。
食べる前には、水で軽く洗い流して、キッチンペーパーで拭いてから、切り分ければ、簡単に出来るうりの浅漬けの完成です。

うりの栽培

うりは、自宅でも育てやすい野菜だと言われています。
家庭菜園はブームになっていますが、うりも、種だけでなく、簡単に始められるような苗も販売されていると言われています。
初めてうりを栽培する場合には、苗がオススメで、植え付けをする10日~14日前に土を肥料と混ぜて良く耕し、柔らかくしておきます。
苗の植え付けの時期は、4月下旬から5月上旬で、つるが生えやすいように、添え木をしたり、ビニール袋をかぶせておくと良いそうです。
収穫の目安は、開花後35日~40日ほどで、葉っぱが枯れて、全体が黄色くなったら収穫に適している時期だと言われています。