みかん

みかんがわかる!その魅力とは

みかんというと、そこまで特別な果物ではないかもしれませんが、実は、様々な魅力に溢れている果物なのです。
まず、みかんには、風邪予防や、美肌、疲労回復に効果的なビタミンCが沢山含まれており、みかんを日常的に摂取する事で、健康で美しい身体を作る事が出来るそうです。
特に、みかんの季節である冬場は、気候の変化で風邪をひきやすくなっていますし、こたつで何気なく食べているみかんが、実は身体に大きな影響を与えているのです。
そして、食べ終わった後のみかんの皮は、お風呂の浴槽に浮かべる事で、良い香りを楽しみながら、ビタミンCを肌から吸収出来るという魅力があると言われています。

みかんの栄養と効能

みかんには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
みかんの栄養素の中で、1番有名なものと言えば、ビタミンCです。
ビタミンCを沢山含んだみかんを日常的に摂取する事で、冬場の風邪予防には硬化が強いと言われています。
そして、ビタミンCには、美肌効果や、疲労回復の効果もある上、血管を強くしたり、善玉コレステロールを増加させる効果もあります。
特に、みかんの実を包んでいる薄皮や、白い皮の部分には、このビタミンCが沢山含まれていると言われています。
さらに、みかんには、腸をキレイに掃除して、便秘や下痢を改善してくれる食物繊維も沢山含まれているそうです。

おいしいみかんの見分け方

普段あまりこだわり無く選んでいる事が多いみかんですが、このみかんにも、おいしいみかんの見分け方法があるようです。
みかんと一言で言っても、大きさや味わいに、好みが別れるもので、甘みがとても強いみかんを食べるなら、小ぶりのみかんを選ぶのが良いと言われています。
そして、甘みよりもみかんのみずみずしさを求めるなら、Lサイズほどのみかんを選ぶのがオススメです。
さらに、みかんの皮は、オレンジ色が強いものが良いと言われているので、黄色みが強いものや、茶色がかっているみかんは甘くなかったり、すでに痛んでいる事が多いので、選ぶ時に注意が必要です。

みかんの価格の目安

みかんの価格目安は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは、販売先によって異なりますが、みかんの価格は、1キロ200円~300円ほどが相場だと言われています。
多くのスーパーでは、みかんを1キロ分のネットで販売しており、みかんの価格が上がっている場合には、同じ値段で、ネットの分量を少し減らしている場合が多いようです。
こたつに入っていれば、3つ~4つは、すぐに食べてしまうみかんですから、やはりこのくらいの相場が適切だと言えるでしょう。
ちなみに、ブランドもののみかんでも、傷有りみかんとして販売されているものは、一般のみかんの価格目安にかなり近いと言われています。

みかんの有名産地

国内みかんの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
みかんは、基本的に温暖な土地で甘く育つため、愛媛県や、和歌山県のみかんが有名です。
これらの地域では、温州みかんや、有田みかんなど、小ぶりで甘みが強いみかんの収穫がされており、三重県では、1年中みかんが収穫出来る産地もあると言われています。
さらに、富士山がある静岡県も、みかんの産地として有名で、日中は日差しが強く、夜間には冷え込む事が多い分、みかんの実に栄養がギュッと詰まっているそうです。
ちなみに、ポンカンや、伊予柑などのみかんの産地も、温暖な九州や四国の地域が多いと言われています。

みかんの種類

みかんには、どんな種類があるのでしょうか。
みかんは、柑橘系の果物の一種ですが、一般的に私達が「みかん」と呼んでいる品種は、「温州みかん」や「せとか」「清見」だと言われています。
これらのみかんの特徴は、外皮のオレンジ色が強いだけでなく、甘みと酸味が強い事ですが、「せとか」のみかんは、特に甘みが強く、種も無いという特徴があります。
そして、デコポンや、伊予柑、ポンカンなども、みかんの種類で、先に説明したみかんの品種と比べると、大振りのものが多く、甘さよりも酸味が強い品種も多いようです。
ちなみに、現在販売されている柑橘系の果物の多くは、ポンカンと清見などを交配して出来たものが多いと言われています。

みかんの保存方法

みかんというと、ネットや箱で売られている果物ですが、悪くなってしまったみかんと一緒に新しいみかんを一緒に保存しておくと、いつの間にか、新しいみかんまで悪くなってしまうものです。
その為、みかんを保存するとき、特に、箱で大量にみかんを購入した時には、みかんを保存している箱の換気を良くして、もんだり、転がしたりしないで保存する事が大切です。
冬場、暖房が効いている部屋でみかんを食べる場合には、箱に入っているみかんの3分の1程度だけを、暖房の部屋に移し、残りのみかんは、箱ごと暖房の効いていない部屋に、箱のふたを開けた状態で、おいておくのが良いそうです。